2017/09/24

LINARI 10th in Japan Anniversary Event

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



私も日頃より
愛用しております
リナーリのルームディフューザー。

CEO兼ディレクター
レイナー ディエシェ氏を迎え、
日本上陸10周年を記念した
イベントが行われました。





会場には新作の
ルームフレグランス3種を始め
今後発売予定の
アメニティもお披露目されました。







会場では
麻布十番のレストラン
エレネスクの
美しいフィンガーフードや
シャンパン、プレミアムティーなどが
振舞われました。

#linari #リナーリ

|

2017/08/15

First Singapore 4 Marina Bay Sands

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------

Img_7788

いまやシンガポールの代名詞的ホテル

マリーナ・ベイ・サンズに宿泊。

 

有名なインフィニティプールは

宿泊者のみ入場可能。

ホテルのカードキー(一人一枚必要)を持って

屋上エントランスのゲートで入場します。

 

営業時間は

AM6時~PM11時。

このように夜景を楽しみながらのプールも可能なのです。

 

プールエリアには

バーやレストラン、フレッシュジューススタンドもあり

ずっといられるほどの快適さ。

もちろん、バスタオルやデッキチェアーも完備です。

水着をお持ちでなければ

こちらも購入することが出来ます。

(ビーチサンダル、UVカット乳液など

必要なものはほぼ販売しております)

 

夜には、噴水ショーが行われ

(一時期お休みしていたようですが、タイトルを変えて復活しました)

向かいの植物園のライトショーも

時間をずらして行われますので

1泊でも十分楽しめます。

 

私は2泊しましたが

まだまだ物足りなくて、ずっとホテルから出たくなかったほど!

初めてのシンガポールでも

二度目のシンガポールでも

おススメのホテルです♪

|

2017/08/02

ブルゴーニュワインの騎士団 叙任式②

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




ブルゴーニュ騎士団
叙任式会場へ。

18:30から叙任式が始まりました。
一人ずつ名前を呼ばれ
壇上に上がり
叙任の儀式を受け
タストヴァンを胸にかけていただき
台帳にサインをします。

今回も私を含め世界中から
約20数名が新たに叙任を受けました。
日本人は4名でした。

叙任式が終わると
中庭でアペリティフの時間となり
その後
晩餐会会場の手前で
招待状と引き換えに
席札をいただき会場の中へ。
20:30頃から晩餐会が始まりました。




前菜からデザートまでに合わせた
白2赤3種、マールドブルゴーニュが
マリアージュされサーブされます。

ブルゴーニュ名物
ウフブルギニヨン
(ゆで卵の赤ワインカカオソース添え)、
エポワスチーズももちろんコースに含まれ
それぞれに違う赤ワインとの
マリアージュを堪能いたしました。



オリジナルプレートは
リモージュ焼で著名な
フランス レイノー製。
裏には789/1800とナンバリングされていました。

食事の最中も
ステージではイベントがひっきりなしに
行われます。

参加者の
97歳を迎えられた方のお祝いや、
本日のゲスト
パレロワイヤルの
ユニークな円柱を手掛けた
建築家のブトン氏のスピーチ、
(これまでのゲストには
俳優トムクルーズや
フランスの柔道チャンピオンなども
いらしたとか)
昇格を果たした方の叙任式。

新しいワインが供されるときには
ファンファーレの生演奏で
華々しく紹介されます。

そして皆の大合唱!
会が進むにつれ
その盛り上がりは増すばかり。

そんなパーティがお開きになったのは
夜中の0時半を過ぎてから。

会場外に待っていた
帰りのバスに乗り込み
ホテルへと戻ります。
(行きに乗るときに必ず
バスの番号を覚えておいてくださいね!)

ホテルに戻ったのは
深夜2時近くのこと。
長くもあっという間の
一日でした。




|

2017/07/31

un jour de Paris 6→Meunil sur oger Salon & Delamotte 2

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




それでは、聖地の中へ
ご案内いたしましょう。

門の奥の建物の
地下にカーブがあり
このカーブに現存する
サロンの在庫の全てが眠っています!




いままで写真でしか
見たことのなかった最古のサロン。
本当に、本当に
この2本しかないのです。



カーブの中はこんな光景です。
ここにあるのは
全てのサロン。





セラーにお別れを告げ
地上に戻り
テイスティングタイム。

ドゥラモットの
ブリュット
ブランドブラン
2007
ロゼ
そして
サロン2007。

それぞれに違った
魅力を持っていました。

こうして一度に
並べて頂いてみると
ドゥラモットとサロンは
統一した哲学を持っていることを
改めて実感出来ました。

メルセデスベンツの
革張りの帰りのタクシーの中で
私達が
サロンの事を語り続けたのは
言うまでもありません。

お土産に頂いたのは
聖地巡礼の証の
御朱印ならぬ
iPhoneカバー✨

ありがとうございました!

余談ですが、
こちらでは売店などの設備は一切無く
シャンパンなどの購入は出来ません。
ご参考まで。

|

2017/07/30

La Rôtisserie d'argent PARIS

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



パリ最終日のランチに伺ったのがこちら。

平日にもかかわらず
大混雑のビストロ
ラ ロティスリー ダルジャン
に伺いました。

このビストロ、実は
あのトゥールダルジャンの
カジュアルブランド。
味はお墨付きです。

ここ数日のパリは
連日30°越えの日々で
とにかく暑い!!

もちろんこんな暑い日には
トゥールダルジャンの
ハウスシャンパンを。
(ちなみにルグラ社製)



前菜はパスして
お店のスペシャリテの
ローストチキンを。

ハーフサイズなので
おひとり様でも食べられます。

付け合わせの
マッシュポテトは
トロトロの舌ざわり。
チキンのジュで頂き、さらに美味!!



もれなく卓上にくる
バスケット入りの
パンも3,4種類と盛りだくさん。
もちろん
どれも美味しいです!

隣には同じく
トゥールダルジャンの
パン屋さんがあり
こちらもオススメです。

英語はほとんど通じませんが
サービスの方がとても感じがよく
問題ありませんでした。

朝から夜まで開いているので
いつでも来られるのも
良いですね。

|

2017/07/03

Maison Plisson Paris

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



パリのエピスリー
メゾンプリッソンへ。

ここは厳選された野菜や果物
シャルキュトリ、ワインなどの
いわば
食材のセレクトショップ。

地下にはワインカーブと
ハチミツなどの瓶詰類が
1階には生鮮とカフェがあります。

地下のワインカーブには
メゾンプリッソンレーベルのワインの他に
フランスをメインとした
良質で手頃な値段のワインが並んでいます。

食材は
旬の野菜や果物
チーズやシャルキュトリが。
地元の人は
隣のカフェを利用する人が
ほとんどでした。

私はちょうど欲しかった
リネンや
先日メゾンを訪れたばかりの
シャンパーニュ ロンバール
などを購入。

こんなお店が近くにあったら良いのに…
と思うばかりでした。
日本に入る日も近そうかもしれません。

パリに行ったら
是非行ってみてくださいね。

|

2017/07/02

ブルゴーニュワインの騎士団 叙任式 ①

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




今回の旅のメイン
ブルゴーニュ騎士団の
叙任式にお招きいただきました。

ブルゴーニュ騎士団の叙任には
日本でのパーティ参加の上
会員の方からの推薦が必要です。
日本支部を通じて承認を頂き
ブルゴーニュで年10回ほど行われる
叙任式に参加し、
叙任を受ける必要が有ります。

私もそのような流れを経て
このたびようやく
念願の叙任式に参加する運びとなりました。

私は
2017年6月18日の
Chapitre d'ete 夏の例会
に参加しました。

事前に日本から事務局を経由し
希望の例会を選択。
宿泊先のホテルから会場となる
クロドブージョ城まで
送迎バスが用意されるため
深夜〜明け方まで続く宴でも
心強いですね。

日本からの申請には
申請料、申請代行料、晩餐会会費の
それぞれが発生します。
私の場合トータルで
17万8千円かかりました。
その他個人手配で
フランス渡航にかかる費用や
ホテル代などが必要です。

叙任式当日
17:30に私の宿泊したホテル
Le Cep ルセップ に
迎えのバスがやってきました。

いよいよ、叙任式に向かいます。

|

2017/07/01

Un jour de Paris13- Beaune Joseph Drouin

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




パリから
TGVで約2時間15分
ブルゴーニュ地方
ボーヌに到着しました。

ブルゴーニュワインの大手
ジョセフドルーアンの
ビジターツアーに参加しました。

ここでは、ボーヌにある
ジョセフドルーアンの
ワインづくりと
その歴史に触れることが出来ました。

街の地下にあるカーブには
占領から逃れるための
隠し扉があったりなど
いまなお残るその歴史の跡に
感銘を受けることしかり。

最後のテイスティングでは
白赤各3種の
個性の違うワインを味わいました。

フランス語と英語の両方を
話してくださるガイドの方のおかげで
細かいニュアンスも分かりやすく
非常に興味深い内容でした。

ウェブサイトから事前予約が可能です。
38€


|

2017/06/28

Un jour de Paris12- Musée Picasso Paris

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



今回のパリ滞在中に
行きたかったのが
市内にある
ピカソ美術館。

私が見たかったピカソは
あの幾何学的な作品でなく
妻や生物を描いた
ピカソの実力を感じられる
初期の作品や
ドローイング、切り絵など。

基本があるからこそ
応用に生かすことができるという
まさにピカソはそのお手本です。


美術館内のショップとは別に
向かいの建物にある
コンセプトショップも
合わせてお立ち寄り頂きたいところ。

ピカソのある生活を
イメージさせてくれる
セレクトアイテムの数々は、
センスに溢れ
ほんとうに素敵でした。


|

2017/06/27

Un jour de Paris11- Epernay Bistro le7.

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




シャンパーニュ ペリエジュエでの
夢のような時間の後は
オススメ頂いた地元の
ビストロ Le 7. へ。
レ ベルソーホテル内の
同名のレストランは
ミシュラン1つ星を獲得しており
いわばそこのビストロバージョン。

エペルネにあるビストロとあって
シャンパンリストが
とにかく豊富。
シャンパン好きなら是非
黄色いメニューの他に
メインのワインメニューを
見せて頂いてください!

前菜、メイン、デザートの
3品コースで
それぞれを選ぶシステム。

私は
レモンリゾット マグロのミキュイ乗せ
仔羊のソテー
ラムのババをチョイスしました。






ペリエジュエのある
アベニュー ド シャンパーニュ は
まさにシャンパーニュ大通り。

その入口に
ツーリストインフォメーションがあります。
お宝探しの旅をされるのであれば
まずはここで情報収集することを
お勧めします。

ここに並んでいる
各メゾンのリーフレットを
ざっと見る限りでも、
日本では見たことのない
シャンパンばかりですよ!!

|

より以前の記事一覧