2017/07/24

Delvaux 'Les Miniatures Belgitude' Cocktail Party

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



ベルギー王国建国記念日🇧🇪に
行なわれました
デルヴォーの新作発売パーティに
お招きいただきました✨

新作コレクション
Les miniature Belgitude
とは、ユーモアあふれる
ミニチュアバッグたち。





ムール貝やフライドポテト、
シルクハットなどのモチーフが
そのまま小さくしたアイコンバッグに
あしらわれています。




この日のために来日した
アーティスティックディレクターの
クリスティーナ・ゼラーさんと。






シャンパーニュ
ルイナール ブランドブランと合わせて
ベルギー食材を使った
フィンガーフードが振舞われました。



お土産にいただいた
ピンクのバラ♡

#delvaux

|

2017/07/20

フード&テーブルコーディネート撮影

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------
本日は9月発売予定の
雑誌の撮影でした。

オリジナルレシピのご紹介と
フードスタイリング、
テーブルコーディネート、
さらには
シャンパンもオススメさせていただきました。

詳しくはまた
こちらのブログにて
お伝えいたしますね!

|

2017/07/19

Champagne Academy Diplome Lunch Party

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



先日
シャンパーニュアカデミーの
ディプロマ授与式と共に行なわれました
午餐会にお招きいただきました。




第1期生の私としては
もうこんなにも
後輩が生まれているのだと思うと
感激することしきり。

会場となりました
トゥールダルジャンにて
4種のシャンパーニュと
名物の鴨🦆を含む
マリアージュコースを頂きました。




10月からはまた新入生を迎え
新たな期が始まります。

ご興味のある方は是非!

|

2017/07/18

ブルゴーニュワインの騎士団 日本支部 晩餐会

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



先月、フランス
ボーヌにて叙任をいただきました
ブルゴーニュワインの騎士団
日本支部の総会が
グランドハイアット東京にて
行われました。

6月にフランスにて行なわれました
叙任式のご報告とともに
壇上より先輩会員の皆様に
改めてご挨拶をさせていただきました。

緊張が解けると同時に
グランドハイアット東京の
素晴らしいお食事と
ブルゴーニュワインの饗宴に
酔いしれた一夜でした。

|

2017/07/03

Maison Plisson Paris

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



パリのエピスリー
メゾンプリッソンへ。

ここは厳選された野菜や果物
シャルキュトリ、ワインなどの
いわば
食材のセレクトショップ。

地下にはワインカーブと
ハチミツなどの瓶詰類が
1階には生鮮とカフェがあります。

地下のワインカーブには
メゾンプリッソンレーベルのワインの他に
フランスをメインとした
良質で手頃な値段のワインが並んでいます。

食材は
旬の野菜や果物
チーズやシャルキュトリが。
地元の人は
隣のカフェを利用する人が
ほとんどでした。

私はちょうど欲しかった
リネンや
先日メゾンを訪れたばかりの
シャンパーニュ ロンバール
などを購入。

こんなお店が近くにあったら良いのに…
と思うばかりでした。
日本に入る日も近そうかもしれません。

パリに行ったら
是非行ってみてくださいね。

|

2017/07/02

ブルゴーニュワインの騎士団 叙任式 ①

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




今回の旅のメイン
ブルゴーニュ騎士団の
叙任式にお招きいただきました。

ブルゴーニュ騎士団の叙任には
日本でのパーティ参加の上
会員の方からの推薦が必要です。
日本支部を通じて承認を頂き
ブルゴーニュで年10回ほど行われる
叙任式に参加し、
叙任を受ける必要が有ります。

私もそのような流れを経て
このたびようやく
念願の叙任式に参加する運びとなりました。

私は
2017年6月18日の
Chapitre d'ete 夏の例会
に参加しました。

事前に日本から事務局を経由し
希望の例会を選択。
宿泊先のホテルから会場となる
クロドブージョ城まで
送迎バスが用意されるため
深夜〜明け方まで続く宴でも
心強いですね。

日本からの申請には
申請料、申請代行料、晩餐会会費の
それぞれが発生します。
私の場合トータルで
17万8千円かかりました。
その他個人手配で
フランス渡航にかかる費用や
ホテル代などが必要です。

叙任式当日
17:30に私の宿泊したホテル
Le Cep ルセップ に
迎えのバスがやってきました。

いよいよ、叙任式に向かいます。

|

2017/07/01

Un jour de Paris13- Beaune Joseph Drouin

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




パリから
TGVで約2時間15分
ブルゴーニュ地方
ボーヌに到着しました。

ブルゴーニュワインの大手
ジョセフドルーアンの
ビジターツアーに参加しました。

ここでは、ボーヌにある
ジョセフドルーアンの
ワインづくりと
その歴史に触れることが出来ました。

街の地下にあるカーブには
占領から逃れるための
隠し扉があったりなど
いまなお残るその歴史の跡に
感銘を受けることしかり。

最後のテイスティングでは
白赤各3種の
個性の違うワインを味わいました。

フランス語と英語の両方を
話してくださるガイドの方のおかげで
細かいニュアンスも分かりやすく
非常に興味深い内容でした。

ウェブサイトから事前予約が可能です。
38€


|

2017/06/27

Un jour de Paris11- Epernay Bistro le7.

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




シャンパーニュ ペリエジュエでの
夢のような時間の後は
オススメ頂いた地元の
ビストロ Le 7. へ。
レ ベルソーホテル内の
同名のレストランは
ミシュラン1つ星を獲得しており
いわばそこのビストロバージョン。

エペルネにあるビストロとあって
シャンパンリストが
とにかく豊富。
シャンパン好きなら是非
黄色いメニューの他に
メインのワインメニューを
見せて頂いてください!

前菜、メイン、デザートの
3品コースで
それぞれを選ぶシステム。

私は
レモンリゾット マグロのミキュイ乗せ
仔羊のソテー
ラムのババをチョイスしました。






ペリエジュエのある
アベニュー ド シャンパーニュ は
まさにシャンパーニュ大通り。

その入口に
ツーリストインフォメーションがあります。
お宝探しの旅をされるのであれば
まずはここで情報収集することを
お勧めします。

ここに並んでいる
各メゾンのリーフレットを
ざっと見る限りでも、
日本では見たことのない
シャンパンばかりですよ!!

|

2017/06/26

Un jour de Paris 10-Epernay3 Champagne Perrier-Jouët

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



シャンパーニュの生産地
エペルネでの
最後の訪問は
シャンパーニュ ペリエジュエ。

100周年を迎えたのち
改装を終えたばかりの
ペリエジュエといえば、
プレステージュシャンパンの
ベルエポックで
あまりにも有名です。

エペルネ最大となる
ペリエジュエのカーブ。
入口は真っ暗。しかし、
セバスチャンさんがスイッチを入れると
そこには暗闇のカーブに浮かぶ
アメリカ人アーティストの作品
「灯台」が。



時折湿度の高い石灰石から
自然に落ちる水滴の音が
静けさの中に加わり
水深僅か5cmの水面は
何処までも続くこのカーブのように
果てしなく深いかのように思われました。



昔は蝋燭の火のなか
作業を行っており
その名残に
壁には蝋燭置きの窪みの跡が
たくさんありました。

今でもたった一人しかいない
ルミアージュ(動瓶)担当者が
毎日この広いカーブのなか
仕事を続けています。




カーブ見学の最後は
L'Eden de Perrier-Jouët。
ペリエジュエの持つ
歴史的なオールドヴィンテージの眠る部屋。
ここの鍵は
オーナーと8代目の現醸造最高責任者である
エルヴェ・ディシャン氏の
二人しか持つことを許されていないそう。
今回残念ながら出張中で
お会い出来ませんでしたので、
檻越しに中を見つめるだけ…

カーブを出ると
過去ベルエポックが
アーティストとコラボして作った
限定品の数々。
まるでギャラリーブティックのような
空間のなか
現行ヴィンテージの
ベルエポック2007を
テイスティングさせていただきながら
今観てきたばかりの
カーブについて語り合いました。



この後、オススメの
エペルネでのランチタイムです。
こちらの様子は
また後日。




|

2017/06/23

Un joue deParis 8 Canard&Champagne

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



パリを拠点にした
この旅行も折り返し地点。
ランチに伺ったのは
カナール&シャンパーニュ
というビストロ。

その名の通り
シャンパンと鴨料理で有名なお店。
ランチタイムは
平日にもかかわらず
テラス席は満席でした。

名物 鴨のコンフィと
お店のハウスシャンパンを
頂きました。

前菜のサラダと
メインの鴨のコンフィ+フライドポテト、
デザートのレモンタルト
コーヒーというランチメニュー。
メインやデザートは
それぞれ何種類の中から選ぶことが出来ます。



お店のある
パッサージュパノラマ
自体もパリらしい風景で素敵でした!

ランチタイムに他には
nogle というグルテンフリーのお店や
奥にあるインド料理店などが
テラス席満席の人気のお店のようでした。


|

より以前の記事一覧