2019/03/19

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

2ebc4090d91a4402a44ae9a5844c1d7d
国立新美術館にて開催の
トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美
初日前日に行われました
内覧会にお招きを頂きました✨
今年は日本におけるトルコ文化年ということで
イスタンブルにありますトプカプ宮殿博物館より
16~18世紀の
貴重な宝飾品や美術工芸品が来日しました。
しかもそのほとんどが日本初公開ということもあり
かなり多くの関係者が集っていました。
083000bce7d848258ae9c3c7d666d237thumb183f4de97837c413fb1c0e0d04c1e746c
タイトルにもありますチューリップの花は
現地の人々にとって古来より大切にされてきました。
というのも、チューリップの単語を並べ替えると
「神」となるのです。また、一つの球根から一つの花しか咲かないことからも
唯一無二の存在である神との共通点を感じたのです。
そのため、常に身に着ける装飾品や衣服の文様
専用の首長花瓶が作られるほど
身近な存在として今でも愛されている花なのです。
244a060062574bc9a5ca55c524b95443
今回の展示を通じ、感じたのは
オスマン帝国の文化に育まれた美意識やその
細やかな技術の高さ。
宝飾が施されたこちらの手鏡や食事用の食器の装飾、
儀式用の服カフタンやお祈り用の敷物といった織物など。
間近で見ても、美しい!の一言に尽きます。
さらには、日本との交流を示す品々も。
有田焼や日本刀、鎧など
里帰りしての公開となります。
265b761715ba4fa884d852f9519ab1a9
オスマン帝国 イスタンブルの美意識の高さに
心も磨かれる素敵な展示でした!
トルコ至宝展は5月20日まで
東京・新国立美術館にて開催ののち
京都での展示も予定されています。
#トルコ至宝展
#トプカプ宮殿博物館
#イスタンブル
#チューリップ
#有田焼
#日本刀
#鎧
#木村文乃

|

2019/03/18

CHANEL NEXUS HALL : Pierre Sernet&SHUNGA

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



銀座 シャネル
ネクサスホールにて開催中の
「ピエール セルネ&春画」展に
伺いました。

この展覧会は
フランスの
パフォーマンス アーティストである
ピエール セルネ氏の
写真シリーズ Synonyms(同意語)と、
近年、世界的に注目を集めている
日本の春画との
コラボレーションを図った
展示となっています。

日本の春画は
葛飾北斎、喜多川歌麿を始め
鳥居清長、鳥文斎栄之、鈴木春信の
作品が並びます。

幻想的なライティングの中
並ぶ春画たちは
それとない濃厚さを
醸し出しています。

その一方で
フォーカスを極めたかのような
セルネの作品が
一種の潔さを表すかのように
象徴的存在として
展示されているように
思えました。

これまでにない
ユニークなコラボレーションが
実現したこの展覧会
前期の展示は27日まで
行われています。


#CHANELNEXUSHALL
#pierresernet
#shunga
#ピエールセルネ
#春画
#アート
#写真
#葛飾北斎
#喜多川歌麿






|

2019/03/15

華ひらく皇室文化 -明治宮廷を彩る技と美-」展 内覧会

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------




六本木一丁目駅すぐの
泉屋博古館分館にて
開催されます
「華ひらく皇室文化
-明治宮廷を彩る技と美-」展
内覧会にお招きいただきました。

天皇即位30周年記念と併せ
新天皇が御即位されることもあり
今年は特に
天皇家に注目が集まっています。

今展覧会では
明治150年記念として
明治宮廷を彩った
皇室ゆかりの
美術工芸品の数々を一堂に展示している
貴重な機会です。

特筆すべきは
ボンボニエールのコレクション。

皇室でのお祝いごとに欠かせない
ボンボニエール。(金平糖入れ)

現在は陶器で作られていることが
多いのですが
日本初のボンボニエールは
銀製の鶴と亀をあしらったもの。

他にも漆器で出来た
小さな玉手箱のようなものもあり
当時のデザイン力と
工芸技術の高さには
目を見張ります。

食空間プロデューサーという
仕事柄見逃せないのは
皇室のテーブルセッティング。

銀器はクリストフル、
グラスはバカラ…
正統派の美しさが
ここにはありました。
このスタイルは是非
後世まで引き継ぎたいですね。

そして、
外国人をゲストにお招きするときに
大切になってくるのが
国際マナー プロトコル。
テーブルセッティングにも
正しいプロトコルに則った
方式があるのをご存知でしたか?

3/20〜は同時に
学習院大学内にて
同名の展覧会が入場無料で
開催されます。
こちらには泉屋博古館とは
違う美術品が公開されています。

#華ひらく皇室文化
#明治宮廷を彩る技と美
#泉屋博古館
#学習院大学
#明治150年
#皇室
#ボンボニエール
#バカラ
#クリストフル
#テーブルセッティング

|

2019/03/12

三斎流茶道お稽古覚書 弥生

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------





今月のお稽古は
お雛様。
京都では
お雛祭りを旧暦に行うそうで
今年は3月31日です。




主菓子は
ひちきり 引千切
菱餅のお下がりを
引きちぎって食べた事に由来している
雛祭りのお菓子です。
桃色と緑色のお餅に餡が入っています。
引きちぎったように
なっているのが特徴です。

お菓子の御銘は指定で
そのまま
ひきちりと言います。




色紙もお雛様。
椿は白玉。枝はキフジです。
まさに黄色い藤の花のよう。




お干菓子は
ばいこう堂と
三斎流の紋が入った
加勢以多 かせいたです。



春気分いっぱいのお稽古。
御銘には朧月を使わせていただきました。

|

2019/03/02

L’ECOLE SCHOOL OF JEUWELRY ARTS Supported by Van Cleef and Arpels 2: THE COURSE

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------



パリにあります
ヴァンクリーフ アンド アーペル
による宝飾芸術の学校が
6年ぶりに来日。

職人自らが講師となり
高度な技術を体験する講座
「フランスのジュエリーから
日本の漆芸まで」に
参加してまいりました。



講義前にチェックイン。
2階の受付でパスを受け取ります。

ラウンジでドリンクと
ピエールエルメのマカロンなどの
フィンガーフードをいただきながら
ジュエリーに関する書籍に
目を通しつつ、
授業開始のハンドベルに呼ばれ、
白衣に着替えて教室へ。

まずは今日実習をする
漆芸についてのレクチャーのあと、
定員8名の少人数クラスを
さらに半分に分け
ワークショップの開始です。



漆芸職人のフランク先生指導の元、
螺鈿、彩色、蒔絵
全ての技法を用いて
パピヨン(バタフライ)形のベースに
漆芸を施していきます。



休憩を挟み、
後半はこの職20年以上の
ベテランジュエリー職人でもある
トンゴウ先生のもと
金型からとったベースを使い
石を形成し、仕上げまでを
行います。


実際に職人の方々が
使用されている道具を使い
すっかり職人気分で
作業に没頭。

途中休憩を挟みたっぷり
4時間の授業でしたが
あっという間でした。



最後は修了証までいただき
無事、講座終了です!



職人の手技の素晴らしさはもとより
やさしくも的確なアドバイスに
そのお人柄を感じ、
ますます
ヴァンクリーフアンドアーペルの
ファンになってしまいました!

この貴重な体験を、是非この機会に!

#LECOLEJapan
#ジュエリーと宝飾芸術の学校
#ヴァンクリーフアンドアーペル
#vancleefandarpel


|

2019/02/27

L’ECOLE SCHOOL OF JEUWELRY ARTS Supported by Van Cleef and Arpels 1:EXHIBITIONS

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



前回より6年ぶりとなる
レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校
supported by ヴァンクリーフ アンド アーペル

今回は外苑にあります
京都造形芸術大学 外苑キャンバス
にて3月8日まで
開催されています。

期間中は
パリ中心部にあります
レコール同様に
ヴァンクリーフ アンド アーペルの
熟練の職人たちが来日し
宝飾芸術に関する
講義を受けることが出来ます。
(事前予約制)



また、3つの異なる
エキシビションを
同時に開催しており
こちらは
入場無料、予約無しで
観ることが出来ます。



1つ目のエキシビション
「タヴェルニエのダイヤモンドを巡る冒険
〜ムガル帝国から太陽王へ〜」
は、
冒険王かつ商人のタヴェルニエが
かつてルイ14世に献上した
最も美しい20石のダイヤモンド。

現在では
わずか1つだけを残しているのみ
なのですが、
当時の資料を基に
レプリカを作成することに成功。
今回の展示となったのです。

ルイ14世が見た
色も形も大きさも
すべて違いながらどれもが
美しいダイヤモンドたち。
その並ぶ姿は壮観です!




2つ目のエキシビションは
ハルミ・クロフソフスカ・ド・ローラ氏の
「自然の痕跡 VESTIGIA NATURAE」展。

自然をモチーフにした
ダイナミックでありながら
繊細なジュエリーや作品が並びます。
中には
ヴァレンティノの
オートクチュールコレクション
のために作られた
ヘアアクセサリーも。

暗闇の世界に浮き立つ作品たちは
まるで
水に浸かっているかのような
錯覚を起こさせる空間です。




3つ目は
「ある愛好家の目線」展
有川一三氏による
アールヌーボー時代の
ジュエリーコレクション。

ラリックを中心とした
ブローチやペンダント、
ヘアアクセサリーやコサージュなど
1900年前後の作品が並びます。

繊細な細工のジュエリーは
どれも奇跡的と言えるほど
状態が良く、
時代を超えて今なお美しさを
放っています。

エキシビションにつきまして
詳しくは以下公式サイトを
ご参照くださいませ。

https://www.lecolevancleefarpels.com

講座につきましては
後日改めてお伝えいたしますね。

#LECOLEJapan











|

2019/02/17

とことわの書-自然のことば展

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------




とらや赤坂店内
虎屋 赤坂ギャラリーにて
開催中の
とことわの書-自然のことば
Calligraphy of Eternity :Natural Inspiration
展に伺いました。

虎屋のパッケージを手掛ける
書家 古郡達郎氏による
書の作品展。

「とことわ」とは
永久に変わらないものを意味し
今の漢字の元となっている
篆書体 てんしょたい
などの作品を展示。

四季を表す
「華 風 月 雪」の
大型連作や
五感で感じることのできる
映像作品 「水」。

もちろん
これまで氏が手掛けた
虎屋商品の主なパッケージなども
展示されています。



同じ方の手から
これだけの作品が生まれている事に
驚くばかりです。

書の世界の深さに
すっかり魅了されました!

#虎屋
#とらや
#虎屋赤坂ギャラリー
#とらや赤坂店
#toraya
#tokyo

|

2019/01/31

CHANEL NEXUS HALL : INSULA LUX Antoni TAULÈ

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



銀座 シャネル
ネクサスホールにて
開催中の
「光の島 アントニ・タウレ」展に
伺いました。

スペイン生まれの画家
アントニ・タウレの
日本初の個展。

絵画のみならず
写真や舞台芸術などで
世界中で活躍している
アーティストです。



スペイン フォルメンテーラ島を
写した写真、
さらに絵を施し
彼ならではの手法で
描かれた絵画たち。

モノクロームの世界までも
さらに奥深く
広がりを感じられました。



#シャネルネクサスホール
#chanelnexeshall

|

2018/12/19

In Goude we trust! ジャン=ポール グード展

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------




銀座
シャネルネクサスホールにて
開催中の
In Goude we trust!
ジャン・ポール=グード展に
お伺いいたしました。

イラストレーターとして
キャリアを積む一方で
独創的な
シャネルのCM作品を手掛ける
クリエイターとしても
活躍している
フランス人アーティスト。



これまでに彼が手掛けた
シャネルの映像作品や
その直筆絵コンテを展示。




さらに会場内では
リアルタイムに行われる
パフォーマンスも。

真っ白いドレスの女性が
会場内を動き回ったり
鏡の前でオペラを独唱したりと
幻想的な世界観を
体感出来ます。



#シャネルネクサスホール
#CHANELNEXUSHALL
#jeanpoulgoude

|

2018/12/16

眠らない手:エルメスのアーティスト・レジデンシー展

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------

銀座メゾンエルメス
フォーラムにて開催中の
「眠らない手:
エルメスのアーティスト・レジデンシー展」
に伺いました。

9〜11月に開催された
vol.1に続き今回の展示は
vol.2と合わせて
9名のアーティスト作品を
展示しております。

主にフランスに拠点を置く
エルメスの工房に
アーティストが滞在して
作品を制作するという
プログラム。
2014〜2018年に参加した
アーティストたちの作品です。

「眠らない手」と題し
職人やアーティストの
動きやしぐさに着目。

職人の使う専門道具や
それを使いこなす姿に
インスパイアされ
生まれた作品たちは
どれも自由でありながら
生き生きとした
躍動感にあふれています。

ルーシー・ピカンデの
革を巧みに使った作品は
まさにエルメスの
技術や素材との出会いが
生みだしたのでしょう。

是非近くで
アーティストと職人たちの
手を感じてみてきてください。


2017年パリでの公開を経て
東京で1月13日まで
開催されます。

|

より以前の記事一覧