« HIKARIMIRAI WHITE SERUM | トップページ | ゴッホ展 上野の森美術館 内覧会 »

2019/10/08

新作映画「ベル・カント とらわれのアリア」

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式サイト>
ライフスタイルインフルエンサー&食空間プロデューサー 加東亜希子の
「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------

Img_1044

11月15日公開の
映画「ベル・カント とらわれのアリア」を観ました。

 

原作はAmazonベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーを
受賞した同名のベストセラー小説。
1996年ペルーで起きた
日本大使公邸占領事件からヒントを得て
綴られた物語です。

 

実業家のホソカワは、通訳のゲンとともに
彼の会社の工場誘致を目的とした
南米某国の副大統領公邸でのパーティに招かれる。
彼がファンという
オペラ歌手 ロクサーヌ・コスの
プライベートコンサートが開かれたのだ。
現地の名刺や各国大使も招かれたそのパーティで
突如テロリストらが押し寄せ
公邸を占拠する。

 

収監中の同志の開放を求める彼らに対し、
これに応じない政府。
長期間にわたり平行線が続き、
人質たちの拘束も長期間に。

 

そんな中、
不思議な友情が彼らの間に生まれ始めて・・・
というストーリー。

 

 

この国境を越えた人間ドラマを
ワールドワイドなキャスティングで映画化。

 

実業家ホソカワを渡辺謙、その通訳ゲン役に加瀬亮、
オペラ歌手 ロクサーヌ・コスを演じるのは
ジュリアン・ムーア。
フランス大使にクリストファー・ランバート
テロリストとの交渉にあたる赤十字のメスネル役に
セバスチャン・コッホ、
テロリストの指揮官を演じるのは
メキシコを代表する俳優 テノッチ・ウエルタ
等々・・・

 

映画の中では、通訳のゲンが
日本語、英語、スペイン語などを駆使し
彼らとのコミュニケーション役となるも
やがて言語に関係なく
公邸にいる人々同志の心の触れ合いが描かれていきます。

 

テロリストと人質が同じテーブルにつき
夕食を取るシーンは最高!

 

しかし、そんな生活は勿論長続きすることもなく
ある日突然、終わりの日が訪れます・・・。

 

驚愕のラストに
思わず息を呑んでしまいました。

 

呆然としたまま
ラストに流れるロクサーヌ・コスの
美しい歌声・・・。

 

歌声を担当しているのは
現役人気オペラ歌手のルネ・フレミング。
映画「シェイプ・オブ・ウオーター」での
あの切ない歌声はまだ記憶に新しい。
(♪You'll never know)

 

今回もまた
歌劇「ルサルカ」より「月に寄せる歌」を
心揺さぶる歌声で聞かせてくれます。

 

http://belcanto-movie.jp

 

#belcanto #ベルカント #とらわれのアリア #ジュリアンムーア #加瀬亮 #渡辺謙

 

 

 

 

|

« HIKARIMIRAI WHITE SERUM | トップページ | ゴッホ展 上野の森美術館 内覧会 »