« 映画「ボヘミアン・ラプソディ」 | トップページ | 映画「ゴッホとヘレーネの森 クレラー=ミュラー美術館の至宝」本日公開 »

2019/10/24

新作映画 「映画で旅する自然派ワイン」 ①ジョージア、ワインが生まれたところ Our blood is Wine

  ----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式サイト>
ライフスタイルインフルエンサー&食空間プロデューサー 加東亜希子の
「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------

  Img_1452

11月1日より
「映画で旅する自然派ワイン」と題し、
近年特に注目を集めている
自然派ワインにまつわる
2本のドキュメンタリー映画が
同時上映されます。

 

1本目にご紹介するのは
「ジョージア、ワインが生まれたところ」

 

この映画の案内人 ジェレミー・クインは
アメリカ・シカゴでソムリエとして
20年以上ものキャリアを持ちながらも
ワインの起源について知識を深めたいと一念発起。
ジョージアへ渡る。

 

2013年に世界最古のワイン醸造として
ユネスコ世界無形文化遺産に登録された
ジョージアのワイン製法 クヴェッリ。

 

紀元前6千年以上前から各家庭で
この製法で自家製ワインが作られていたが、
500種類以上あった地元品種のブドウとともに
ソ連による占領時代に
そのほとんどが失われてしまう。

 

しかし、今、自然派ワインの世界的ブームによって
このクヴェッリ製法によるジョージアワインが見直され、
現地では、その原点である
地元の野生種品種のブドウを使い
クヴェッリ製法で作られたワインを
取り戻そうと奮起している。

 

 

監督・撮影・編集を手掛けるのは
エミリー・レイルズバックは
パートナーでもあるジェレミー・クインから
この話を聞いて、映画化しようと決意。

 

撮影には全編iPhone6を使用。

 

5か月間で撮影したのは170時間以上、
その編集には実に1年半を費やし
この秀逸なドキュメンタリーが完成している。

 

ワインは人生であり、家族であり、愛である
と出会う人々皆が口を揃えて語っている。
タイトルとの深い関係にも
センスの良さしか感じられない。

 

新作の予定に
2018年に山梨に続き日本で2番目に地理的表示として認められた
北海道でのワインづくりを追ったドキュメンタリーがあるという。

 

既に撮影を終えているとのことで、
次回作が今から楽しみでなりません。

 

ジョージアワインは意外にも
日本が主たる輸出国だとか。

 

映画館を出たら
ジョージアワインを探しに
ワインショップの扉を開いてみましょう!

 

 

映画で楽しむワイン・フェスは
まだまだ続きます。

 

#映画で旅する自然派ワイン #ジョージアワインが生まれたところ #ワインコーリング #シネスイッチ銀座
#OurBloodisWine #EmilyRailsback #JeremyQuinn #GeogiaWine #GeorgianQvevriWine #Qvevri

|

« 映画「ボヘミアン・ラプソディ」 | トップページ | 映画「ゴッホとヘレーネの森 クレラー=ミュラー美術館の至宝」本日公開 »