« 新作映画「MY FOOLISH HEART マイ・フーリッシュ・ハート」 | トップページ | Cartier, Crystallization of Time  企画展 カルティエ、時の結晶 »

2019/10/03

新作映画「LORO ローロ 欲望のイタリア」

----------------------------------------------------

 

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式サイト>
ライフスタイルインフルエンサー&食空間プロデューサー 加東亜希子の
「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

 

----------------------------------------------------

Img_1043

11月15日公開の
映画「LORO ローロ 欲望のイタリア」
マスコミ試写にお招きいただきました。

 

映像の魔術師 パオロ・ソレンティーノ監督の最新作は、
イタリア元首相ベルルスコーニをモデルにした物語。

 

不動産王にしてメディア王の
シルヴィオ・ベルルスコーニが
初めて政権を握ったのが1994年。
翌年政権崩壊するも、再び返り咲き、
結果9年もの間政権を担当。

 

スキャンダルや失言だらけの破天荒な彼が、
一体何故こんなにも長い間政権を握ることができたのか、
彼の不思議な魅力に迫ります。
(しかも今年5月、
ふたたび政治の世界に返り咲いているのです!)

 

まるで「華麗なるギャツビー」のような
バブルの時代を思わせる
とことん豪華な別荘、
底抜けに華やかなパーティシーン。

 

ストーリーだけを追うと
正直、かなり下世話な内容なのに、
なぜかそういった後味を感じさせないのは
画面に映るすべてのものに
こだわりの感じられるハイセンスさがあるから。

 

どの画面で一時停止しても
完璧な美しさを保ち続ける
映像の魔術師と呼ばれる
監督の手腕が存分に発揮されています。

 

冒頭の意味深なメッセージの入りかたから、
エンドロールに続くBGMまで、
そのアーティスティックさは
完璧の域。

 

ベルルスコーニを演じる
イタリアの名優 トニ・セルヴィッロの怪演にも
注目が集まっています。

 

細部にまでパオロ・ソレンティーノ監督の
美意識が詰まった映画です。

 

 

 

#LORO #Them #ローロ #欲望のイタリア
#20191115 #bunkamuraルシネマ #ヒューマントラストシネマ

 

 

|

« 新作映画「MY FOOLISH HEART マイ・フーリッシュ・ハート」 | トップページ | Cartier, Crystallization of Time  企画展 カルティエ、時の結晶 »