« 映画「ベン・イズ・バック」マスコミ試写 | トップページ | 映画「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」マスコミ試写 »

2019/04/28

バリューボルドー2019 記者発表会

----------------------------------------------------
<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

 

ライフスタイルインフルエンサー&食空間プロデューサー 加東亜希子の

 

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

 

----------------------------------------------------

 Img_7487

ボルドーワイン委員会 バリューボルドー2019
プレス発表会にお招きいただきました。

 

ボルドーワイン委員会が行っている
2007年から続く日本におけるボルドーワインプロモーション。
490本の中から日本人ナビゲーター4名による
ブラインドテイスティングにて選出された
今年の100本を発表いたしました。

 

対象となるのは日本に流通している
小売価格1000〜3999円(税込)のボルドーワイン。

 

赤ワインだけでなく、白ワインの辛口と甘口、ロゼ、スパークリングワインと
バランス良く選出されたボルドーワイン。
家飲みやアウトドアでも楽しめる
バラエティ豊かなボルドーワインが出揃いました。

 

また、記者発表会では
来日したフランスのボルドーワイン委員会会長による
ボルドーワインについての最新情報プレゼンテーションが
行われました。

 

ボルドーでは、20年以上にわたり
持続可能なワイン造りに注力しており、
2017年度ボルドーの葡萄畑のじつに
60%が環境に優しい農法の認定※を受けており、
100%を目標に現在進行中。
※HVE認証(フランス農業食糧省による高環境価値認定)、BIO、ビオディナミック

 

また、バリューボルドー100は
世界中で行なっているのですが、
近年の傾向として
全体にロゼ、クレマン比率が上がっているという
所見も語られていらっしゃいました。

 

ボルドーワインというと
高級で手が届かない、日常的でないというイメージが
まだまだ根強いのだとか。
しかし、このバリューボルドー100では
その概念を覆す
高品質でデイリーに楽しめるワインばかりです。

 

GWのお休み中、アウトドアや家飲みといった
シチュエーションで楽しんでみたいと思います♪

 

#バリューボルドー #ボルドーワイン #ワイン #バリューボルドー2019 #家飲み #おうちワイン

|

« 映画「ベン・イズ・バック」マスコミ試写 | トップページ | 映画「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」マスコミ試写 »