« ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち | トップページ | 映画「芳華」本日公開 »

2019/04/11

映画「さよなら、退屈なレオニー」マスコミ試写

----------------------------------------------------

 

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>
ライフスタイルインフルエンサー&食空間プロデューサー 加東亜希子の
「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

 

----------------------------------------------------

Img_7079

 

6月15日公開の映画「さよなら、退屈なレオニー」

マスコミ試写にお招きいただきました。

 

トロント国際映画祭 最優秀カナダ長編映画賞、

東京国際映画祭では

輝きを放つ若手キャストに贈られるジェムストーン賞に

主演女優のカレン・トレンブレイが受賞しました。

 

カナダの小さな街に住む17歳のレオニー。

自分のやりたいこともなく、将来も未定。

母の新しい恋人にも馴染まず

3ヶ月に一度帰ってくる別れた父が唯一の心の拠り所。

自立したいがバイトも続かず、

友達はいるがべったりでもない。

毎日何かにいらだっている自分に疲れている。

 

17歳ってそんなもの。でも

それが永遠に続く感じがするのも17歳ならでは。

 

突然来たバスに飛び乗ってみたり

ギターを始めてみたり。

「ジュノ」や「レディバード」でも描かれた17歳の、

また別の女の子の物語。

 

自分探しをしている人には共感が、
親の世代には子供の気持ちが、
同じ年頃の男子には女子の気まぐれな行動の理由が、
わかるきっかけになるかもしれません。

 

17歳。楽しみにしていながらも

いざ迎えてみると何も変わらない。

でも、過ぎてしまえば懐かしく思える日々。

そんなレオニーの人生の一コマを是非ご覧くださいませ。

 

http://sayonara-leonie.com

 

#さよなら退屈なレオニー
#thefirefliesaregone

 

 

|

« ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち | トップページ | 映画「芳華」本日公開 »