« CHANEL NEXUS HALL : Pierre Sernet&SHUNGA | トップページ | ポントクック »

2019/03/19

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

2ebc4090d91a4402a44ae9a5844c1d7d
国立新美術館にて開催の
トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美
初日前日に行われました
内覧会にお招きを頂きました✨
今年は日本におけるトルコ文化年ということで
イスタンブルにありますトプカプ宮殿博物館より
16~18世紀の
貴重な宝飾品や美術工芸品が来日しました。
しかもそのほとんどが日本初公開ということもあり
かなり多くの関係者が集っていました。
083000bce7d848258ae9c3c7d666d237thumb183f4de97837c413fb1c0e0d04c1e746c
タイトルにもありますチューリップの花は
現地の人々にとって古来より大切にされてきました。
というのも、チューリップの単語を並べ替えると
「神」となるのです。また、一つの球根から一つの花しか咲かないことからも
唯一無二の存在である神との共通点を感じたのです。
そのため、常に身に着ける装飾品や衣服の文様
専用の首長花瓶が作られるほど
身近な存在として今でも愛されている花なのです。
244a060062574bc9a5ca55c524b95443
今回の展示を通じ、感じたのは
オスマン帝国の文化に育まれた美意識やその
細やかな技術の高さ。
宝飾が施されたこちらの手鏡や食事用の食器の装飾、
儀式用の服カフタンやお祈り用の敷物といった織物など。
間近で見ても、美しい!の一言に尽きます。
さらには、日本との交流を示す品々も。
有田焼や日本刀、鎧など
里帰りしての公開となります。
265b761715ba4fa884d852f9519ab1a9
オスマン帝国 イスタンブルの美意識の高さに
心も磨かれる素敵な展示でした!
トルコ至宝展は5月20日まで
東京・新国立美術館にて開催ののち
京都での展示も予定されています。
#トルコ至宝展
#トプカプ宮殿博物館
#イスタンブル
#チューリップ
#有田焼
#日本刀
#鎧
#木村文乃

|

« CHANEL NEXUS HALL : Pierre Sernet&SHUNGA | トップページ | ポントクック »