« 映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」 | トップページ | 映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」試写 »

2019/03/15

華ひらく皇室文化 -明治宮廷を彩る技と美-」展 内覧会

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------




六本木一丁目駅すぐの
泉屋博古館分館にて
開催されます
「華ひらく皇室文化
-明治宮廷を彩る技と美-」展
内覧会にお招きいただきました。

天皇即位30周年記念と併せ
新天皇が御即位されることもあり
今年は特に
天皇家に注目が集まっています。

今展覧会では
明治150年記念として
明治宮廷を彩った
皇室ゆかりの
美術工芸品の数々を一堂に展示している
貴重な機会です。

特筆すべきは
ボンボニエールのコレクション。

皇室でのお祝いごとに欠かせない
ボンボニエール。(金平糖入れ)

現在は陶器で作られていることが
多いのですが
日本初のボンボニエールは
銀製の鶴と亀をあしらったもの。

他にも漆器で出来た
小さな玉手箱のようなものもあり
当時のデザイン力と
工芸技術の高さには
目を見張ります。

食空間プロデューサーという
仕事柄見逃せないのは
皇室のテーブルセッティング。

銀器はクリストフル、
グラスはバカラ…
正統派の美しさが
ここにはありました。
このスタイルは是非
後世まで引き継ぎたいですね。

そして、
外国人をゲストにお招きするときに
大切になってくるのが
国際マナー プロトコル。
テーブルセッティングにも
正しいプロトコルに則った
方式があるのをご存知でしたか?

3/20〜は同時に
学習院大学内にて
同名の展覧会が入場無料で
開催されます。
こちらには泉屋博古館とは
違う美術品が公開されています。

#華ひらく皇室文化
#明治宮廷を彩る技と美
#泉屋博古館
#学習院大学
#明治150年
#皇室
#ボンボニエール
#バカラ
#クリストフル
#テーブルセッティング

|

« 映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」 | トップページ | 映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」試写 »