« 抹茶姫の初恋ビュッフェ プレスプレビュー | トップページ | Cuisinart Vegetable Slicer Recipe2 Orange Carrot Râpé »

2018/05/30

映画「 女と男の観覧車 」マスコミ試写

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



6月23日公開の
映画「 女と男の観覧車 」
マスコミ試写にお招きいただきました。

ウディ・アレン監督
最新作は
ヒロインに
ケイト・ウィンスレットを迎え
1950年代の
ニューヨーク
コニーアイランドを舞台とした
ヒューマンドラマ。

実力派オスカー女優
ケイト・ウィンスレットの
新たな扉を開く
今作品。

イギリスのイメージの強い
ケイト・ウィンスレットが
まさかのNY、
まさかのウディ・アレン作品、
という意外性を感じましたが、

じつは
現在ロンドン在住の
ウディ・アレン曰く
「キャスティングを始めると
すぐに、
ケイト・ウィンスレットの
名が挙がった。」のだとか。

その理由は
彼女の揺るぎない演技力。

その一方で
オファーを受けた彼女も
手放しで喜んで
というわけにはいかず
撮影中も
監督の要望に応えようと
全身全霊で
この役を務めたのだとか。
恋をした女性の姿を
見事に演じきっています。

少ない登場人物を演じた俳優陣
完璧な仕事をこなすスタッフ陣のもと
今作も無事
新作映画となって
世の中に発表された事を
ただただ感慨深く思う限りですが

やっぱり、ならでは、の
ウィットに富みすぎる(笑)ストーリーと
細部にまで拘った
ハイセンスな映像は
これぞウディ・アレン印!

マスコミ試写に集まる方々も
よりハイセンスな方が多いと
感じました。


次回作の
「A Rainy Day in New York」
というタイトルだけでも
トキメキますが
出演者に
エル・ファニング
セレーナ・ゴメス
ティモシー・シャラメ
など
旬の若手キャストが
集結している点でも
はやくも楽しみでなりません!


巨匠 ウディ・アレンが
これでもかと
女心の核心を描いた意欲作。
(同じ女性としては
目を逸らしたくなるほど)

終映後の女子トークが
止まらなくなる…
そんな映画です!!

是非スクリーンにて
ご覧くださいませ!

http://longride.jp/kanransya-movie/


#ウディアレン
#女と男の観覧車
#WonderWheel
#ケイトウィンスレット
#ジャスティンティンバーレイク
#ジュノーテンプル
#ジムベルーシ

|

« 抹茶姫の初恋ビュッフェ プレスプレビュー | トップページ | Cuisinart Vegetable Slicer Recipe2 Orange Carrot Râpé »