« 三斎流茶道お稽古 如月覚書 | トップページ | 映画 「 ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ 」 本日公開 »

2018/02/22

映画「 15時17分、パリ行き 」マスコミ試写

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



3月1日公開の映画
「15時17分、パリ行き 」
マスコミ試写に
お招きいただきました。

クリント・イーストウッド監督が
この実話を映画化するにあたり
描きたかったのは
‘日常に潜む恐怖’

毎日同じ時間に運行する
同じ列車。

2015年に起きた
パリ行きの特急列車に乗っていた
554人の乗客をターゲットにした
無差別テロ襲撃事件。

武装した犯人に立ち向かったのは
ごく普通の
3人のアメリカ人。

思いがけず遭遇してしまった
極限の恐怖と緊張の中
彼らがとった行動とは…?

この映画を見ながら
自分はこのシチュエーションのとき
どういう行動をするだろうか??
と自問自答の繰り返し。

きっとこの
自問自答を通じ
シミュレーションをする事を
監督はこの映画を通じて
求めているのかもしれません。

この時代の中
いつ、どこで、なにが起こるか
わからないからこそ
疑似体験の経験値を
日頃から上げておく事も
一つの対策であると思うのです。

クリント・イーストウッド監督が
この映画の主演に抜擢したのは
なんとこの事件の
当事者の3人。
他の乗客も参加して
事件現場での撮影決行し
究極のリアリティーを追求した
これまでにない意欲作。

音楽を手掛ける
クリスチャン・ジェイコブ・トリオによる
美しいエンディングテーマにも
心洗われました。

「この映画は
ごく普通の人に捧げた物語である」
という
クリント・イーストウッドの
メッセージを受信せよ!

http://wwws.warnerbros.co.jp/1517toparis/

#15時17分パリ行き
#クリントイーストウッド
#the1517toparis


|

« 三斎流茶道お稽古 如月覚書 | トップページ | 映画 「 ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ 」 本日公開 »