« 二十四節気 寒露 | トップページ | 映画「不都合な真実2」マスコミ試写 »

2017/10/09

映画「否定と肯定 」マスコミ試写

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



映画「否定と肯定」
マスコミ試写にお招きいただきました。

これは、
約5年にも渡ったイギリスでの裁判
'アーヴィング対ペンギン・ブックス・リップシュタット事件'を題材にした
実話に基づいたストーリー。

原作者であり
この映画の主人公
デボラ・E・リップシュタットを
堂々と演じている
レイチェル・ワイズの
演技に圧巻!

見ている側も固唾を呑むような
長く、緊迫した裁判シーンが続くなか
沈黙を守りながらも
小さなアクションで
見事に喜怒哀楽を現しています。

こんな事実があったなんて
全く知らなかったのですが
彼女の素晴らしい演技魂と
過酷であっただろう当事者達の事を思い
もっとこの事実を知ってほしいと願いたい
そんな気持ちにさせられました。

映画「否定と肯定」は
12/8より公開です。

http://hitei-koutei.com/

#否定と肯定

|

« 二十四節気 寒露 | トップページ | 映画「不都合な真実2」マスコミ試写 »