« 映画「SPOTLIGHT」 | トップページ | 映画「 The MARTIAN (オデッセイ)」 »

2017/05/16

映画「Bridge of Spies (ブリッジ・オブ・スパイ)」

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------

81lbghb1xll__sl1378_

トム・ハンクス主演

スティーブン・スピルバーグ監督

コーエン兄弟脚本の

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を

見ました。

2016年のアカデミー賞では

助演男優賞、脚色賞など

全6部門にノミネートされていた作品です。

 

映画は

NYで保険担当弁護士をしている

トム・ハンクス演ずるドノヴァンに

ある日、ロシアのスパイの弁護を担当するよう命じられる。

しかし、その裁判とは実は有罪と決まっており

形式的に行わなれるだけのものだったのだが

彼は、一人の弁護士としてきちんと任務をおこなった。

その結果、思いがけない展開になっていき

ロシアとアメリカの非公式交渉人として

彼の人権を守るために

ひとり交渉に向かうのだが・・・。

というストーリー。

 

どんな状況にあっても

しっかりと自分の仕事を全うする

主人公とスパイたち。

彼らには信念があり、どんな状況でもそれを曲げず

自分を欺かないという強さを持っているのです。

 

この演技でアカデミー賞主演男優賞を受賞した

ロシアのスパイを演じた

マーク・ライアンス。

飄々としており決して言葉や感情表現は多くないけれども

意志の強さや人間らしさが伝わるのです。

 

自分の仕事と信念、家族への愛情

大切にしていきたい

人生のピースを再確認できる映画です。

|

« 映画「SPOTLIGHT」 | トップページ | 映画「 The MARTIAN (オデッセイ)」 »