« 極楽とんぼ 単独ライブ 全国ツアー 2016 東京公演 | トップページ | Vinexpo Lanson Seminar »

2016/11/20

Vinexpo Riedel Glass Seminar

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



世界的なワイン見本市
ヴィネクスポが
今年日本にて開催されました。

今回は
リーデル社にお招きいただきまして
ワイングラスの比較試飲セミナーに
伺いました。




白ワイン、赤ワインの
それぞれに適すると思われる
各3種のグラスを
比較しながら試飲するというもの。

ワインの形状により
飲みものを口に入れた時の
液体の舌への当たりかた、
口中での流れかた
を意識しながら
まずは水を飲みながら
その感覚をエクササイズ。

たしかに、
グラスの形状により
顔を大きく上に傾けなければ
液体を飲むことが出来ない
すると、
口中に液体が入り
最初に液体が当たる舌の場所
その後の流れる軌跡、
口中での広がりかた
が変わってくるのです。




エクササイズを終え
いよいよ本番。
白ワインで3種のグラスで試し、
その後グラスを変え
赤ワインでトライ。

舌への当たりかた
喉への流れかたで
味の印象がずいぶんとかわります。

その事により
より苦味が強調されてしまったり
香りを感じ取れないまま
飲んでしまう事に
なってしまうのです。

リーデル社では
こうしたテイスティングを
ワイナリーの方を交え
行っています。

ワインの進歩に伴い
世界中で多くの種類のワインが
飲めるようになった今
ワイングラスというツールを
効果的に使用する事により
誰でもより美味しくワインが
飲めるようになるのです。

その事実を知る
貴重な体験になりました。

リーデル社では
さまざまな
ワイングラスの
テイスティングセミナーを
行っているそうです。

これを機に
ワイングラスを
見直してみるのも
良いかもしれませんね!

|

« 極楽とんぼ 単独ライブ 全国ツアー 2016 東京公演 | トップページ | Vinexpo Lanson Seminar »