« Weekend petit trip① | トップページ | bottle green »

2016/03/15

三斎流お稽古 弥生 覚書

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




季節はずれの暖かさのなか
今月も京都教室での
お稽古に参加させて頂きました。

花は
月の輪と雲竜柳。

本日は
盆出前のお稽古をつけていただきました。

常に基本に戻る事は
大事なことであると
先代が話しておられていたとのこと。
今回そのような機会に恵まれ
改めて見直しをすることが出来ました。

前回行った入れ子だての
茶筅飾りの一手の復習もしました。



主菓子は笹屋守栄。
つくね芋から作られた粉なしです。

とても柔らかく崩れやすいため
菓子器に乗せる際は
箸を使わず
清潔な手で扱います。



干菓子は3種。
四国 梅光堂の桜型の和三盆
京都 笹屋守栄の有平糖(ありへいとう)
姫路 甘音屋の甘納豆
でした。

次回の予習に
初段七点前のひとつ
重ね茶碗を見学いたしました。

重ね茶碗とは
お急ぎの客人に対し行う手前。
茶碗を重ねて出すため
お道具の拝見は有りません。
行う機会は少ないものの
手数の多い手前です。
お湯もたくさん使うため
二つ目の茶碗の湯通しのお湯を
減らして入れる、
大きめの建水を使うといった
工夫も必要です。

|

« Weekend petit trip① | トップページ | bottle green »