« 映画「Things you can tell just by looking at her(彼女を見ればわかること)」 | トップページ | Cherry Blossam 2015 »

2015/03/30

映画「SIDE EFFECTS」

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------

91m5yiumosl_sl1500_

スティーブン・ソダーバーグ監督が手掛ける

最後の映画監督作品と

言われている

「SIDE RFFECTS(サイド・エフェクト)」

 

注:以下、ややネタバレのストーリーです。

 

ジュード・ロウ演じる精神科医のバンクス。

ある日、自ら車で壁にブレーキなしで突っ込み

入院してきた患者・エミリーに出会う。

彼女の担当医となったバンクスは

新薬を投入し、症状が改善してきた矢先

彼女が最愛の夫を殺してしまう

事件を起こしてしまう。

新薬には副作用があると知りながらも

与えてしまった彼は責任を問われ、

仕事も家族も失いかけてしまう羽目に。

そこで、彼は独自の調査をしていくうちに

ついにその奥にある罠の存在に気づき・・・

 

というストーリー。

ちょっと多く語り過ぎてしまいました。

 

キャサリン・ゼタ・ジョーンズは

彼女の元・担当医役を演じます。

前半と後半とで

まったく視点が変わってしまい

見ている方も騙されます。

 

サイド・エフェクトとは「副作用」の意味。

見ているうちに深くハマってしまう、

そんな映画です。


|

« 映画「Things you can tell just by looking at her(彼女を見ればわかること)」 | トップページ | Cherry Blossam 2015 »