« 京都 木乃婦 シャンパーニュ委員会ディナー① | トップページ | 極健青汁 »

2014/07/17

京都 木乃婦 シャンパーニュ委員会ディナー②

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------

Img_6684s


京都 木乃婦にて開催された
シャンパーニュ委員会 公式ディナー。

供された5種類のシャンパーニュは
旬の鮎とのマリアージュを楽しむのに
充分なバラエティに富んでいました。

<シャンパーニュリスト>

1.ジョセフ・ペリエ キュベロワイヤルブリュット ブランドブラン 

シャルドネ100%で作られるジョセフペリエのNV。
蒸し暑い京都の夕暮れ、最初の一口に最適なウエルカム!
時間と共に温度が上がり、繊細な白い花の香りが
立ち上っていくのも印象的でした。

2.ドゥ ソーサ ブリュットトラディション
こちらもNVですが、3種の葡萄がバランス良く配合され
蛸の焼霜仕立てやお造りとのマリアージュも良好。

3.ビルカールサルモン ブリュット ロゼ
2.と同じセパージュですが、こちらはロゼ。
醸しから得られた自然な美しい色合いにうっとり。

4.エグリィウーリエ プルミエクリュ
ムニエ100%という珍しい葡萄から作られたシャンパーニュ。
クセが少ないので、日本人に好まれているというコメント有。

5.アムール ドゥ ドーツ 2005
本日の大本命シャンパーニュ!
シャルドネ100%から作られるエレガントなゴールド色と香りと味わい。
静かに溶け込む泡もすべてがパーフェクトなシャンパーニュ。

|

« 京都 木乃婦 シャンパーニュ委員会ディナー① | トップページ | 極健青汁 »