« MISAKI PLACENTA EXTRACT | トップページ | 極健青汁 »

2014/07/12

Jacques Selosse INITIAL

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。
----------------------------------------------------





本日頂いた
シャンパーニュ ジャック・セロスとは
コート・デ・ブラン地区のシャンパーニュで
近年、特に注目を集めている
つくり手のひとりです。

樹齢40年弱という、
ワインを作るためのぶどうとしては
かなり若い木ですが
それでも引けを取らない位の
クオリティのシャンパーニュを
市場に出しています。

創業者である父の他界後、後を継いだ
ブルゴーニュでワイン作りを学んた現主は
それまでされていなかった
木樽につめて醸造するという方法を
シャンパーニュで積極的に行います。

その後、この醸造方法で
ジャック・セロスは大成功を収め、
現在でも、シャンパーニュラバー憧れの
ドメーヌなのです。

味や香りに偏りの出ないよう
数種類の産地や種類の木材を用いた
木樽で熟成されているだけあって、
シャルドネ100%にも関わらず
ブリオッシュの酵母香と
ブロンズ掛かった金色が印象的。

色や香りに対して
白ぶどうならではの軽やかさや
繊細さといった特有の魅力も
しっかりと表現されていて
まさに、他にないシャンパーニュ。

シャンパンラバーだけでなく
じつはマニアックなワインラバーにも愛されている
理由は、ここに有るのですね。

スイーツとの相性も抜群!

「シャンパーニュとスイーツは、別腹認定!」
これが今日の私の、プラス+マイライフスタイル。

|

« MISAKI PLACENTA EXTRACT | トップページ | 極健青汁 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。