« Haagen-Dazs Japonism | トップページ | Bollanger R.D 2002 Launch Party »

2014/07/01

Champagne Ruinart Blanc de blanc

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。
----------------------------------------------------




先日伺ったパーティにて頂いた
シャンパーニュ
「ルイナール ブランドブラン」

ネックが短く安定感のある
特徴的なボトルシェイプと
美しいゴールド色のシャンパーニュが輝く
クリアガラスのボトル。
ビジュアル的にも魅力的なのですが、
そのお味も格別。

ブランドブランとは、
シャンパーニュで唯一使うことの出来る
白ぶどう シャルドネ種だけを使用した
単一品種のシャンパーニュ。

シャンパーニュ地方の
石灰石の土壌のなかつくられた
シャルドネ種は
シャンパーニュの繊細さや軽やかさを
表現するもの。

他の一般的なシャンパーニュが
3種類のぶどうをブレンドして作られるのに対し
1種類だけのブランドブランで
味わいや香りを完成させることは、
じつはとても難しいことなのです。

ですから
何処でも作られているわけでもはありませんし、

何年ものシャルドネ種の原酒を保存し、
醸造責任者が
毎年そのブランドの味になるよう
ブレンドをして、ノンヴィンテージの
ブランドブランが完成するのです。

ルイナールのブランドブランは、
見た目通りのエレガントな印象。

個人的には、女性的なイメージを強く感じ、
年上のエレガントな女性への贈りものに選びたい
常にリスト上位にいる
一流のシャンパーニュです。

こんなシャンパーニュを贈られる女性になりたいと
憧れのブランドでもあります。

「理想の女性像を、シャンパーニュ ルイナールに見習う。」
これが今日の私の、プラス+マイライフスタイル。

|

« Haagen-Dazs Japonism | トップページ | Bollanger R.D 2002 Launch Party »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。