« 映画「LINCOLN」 | トップページ | APPS+E(TPNA)フラーレンジェル »

2014/03/12

映画「Les femmes du 6eme etage」

---------------------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

花&食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

------------------------------------------------------------

91lvhkoshl__aa1500_

映画「Les femmes du 6eme etage

(邦題:屋根裏部屋のマリアたち)」を

観ました。

 

フランスでおととし公開となり、

大ヒットとなった作品。

 

写真の下に移っている二人は、夫婦。

彼らが雇い主であるメイドの住まいは

同じアパルトメントの6階

つまり、屋根裏部屋と呼ばれる

トイレもお風呂も共有の小さな部屋をあてがわれています。

(フランスでは、メイドが住み込みで働きますが

その住まいは、屋根裏部屋と呼ばれる

天井が斜めになっているような

狭く、小さな部屋なのです)

 

叔母の紹介でスペインからメイドの仕事を探しにやってきた

主人公マリアがこの夫婦の家のメイドとして働き始めるところから

この物語は始まります。

 

裕福で何不自由ない毎日を過ごしている

夫のジャン=ルイ。

あることをきっかけに、同じ屋根の下で暮らしている

メイドたちの生活に触れたことから、

自分の視点が変わり、ついには

彼の人生そのものが激動的に変化していきます。

 

それまで退屈で同じことの繰り返しだった人生が

同じ屋根の下に暮らす他人の人生に触れた途端

彼らのために、いてもたってもいられなくなってしまう姿が

なんともかわいらしくも見えてくるのです。

 

とてもハートウォーミングな映画。

フランス映画ではちょっと珍しい感じかもしれません。

(結末も含めて)

 

休日の午後、ほっとしながら気楽に観られる映画です。

1960年代の生活スタイルやファッションも

見ものですよ。 

こちらは日本語版。

フランス語版はこちらです。

|

« 映画「LINCOLN」 | トップページ | APPS+E(TPNA)フラーレンジェル »