« 愛妻の日 | トップページ | テーブルウェアフェスティバル2014 »

2014/02/01

映画「Wolf of Wall Street」

--------------------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

花&食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

------------------------------------------------------------
346630view001_2

マーティン・スコセッシ監督×
レオナルド・ディカプリオ主演の映画
「WOLF OF WALL STREET(ウルフ・オブ・ウォールストリート)」を
観に行って参りました。

実在の人物、ジョーダン・ベルフォート。
若かりし頃、入社した一流証券会社が倒産。
その後、無一文から億万長者になり
有頂天もつかの間、FBIに逮捕され・・・という
まさにジェットコースターのような人生。
原作の小説をそのまま映画にした
嘘のような本当の話、なのです。

346630view011_2

(余談ですが・・・
ヒールが美しいこのシーン、一度演じてみたい!boutique

「金dollar」と「女kissmark」と「ドラッグbomb」と
まさに「男」の欲望をすべて満たしただけでは
満足できなかった彼の生き様が
マーティン・スコセッシ監督らしい
完全な「男」目線で描かれています。

約3時間の長い映画ですが
逮捕シーンですら派手なBGMで綴られていたり
細部にわたってこだわった演出がされています。

 

レオナルド・ディカプリオといえば、
昨年「華麗なるギャツビー」でも裕福な男性を演じましたが
今回、それとはまったく正反対leftrightの人格。

しかし、映画の中の彼は
こんなに欲にまみれているのに、どこか憎めないのです。
彼の誠実さを逃さず描いているからなのでしょうねconfident
それにしても、本当に、はちゃめちゃなんですけどねsign03

原作本book

原作本(日本語版)book


サウンドトラックcd

|

« 愛妻の日 | トップページ | テーブルウェアフェスティバル2014 »