« おもてなしレシピ Le coup de couer! 「ミルフィーユとんかつ」 | トップページ | [entrer a l'hopital] 診察、そして大学病院へ直行 »

2013/09/23

映画「ARGO」

--------------------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

花&食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

-------------------------------------------------------------

91nvyx5kgql__aa1500_


ワインを片手に

秋の夜長の映画鑑賞maple

今夜は、以前から見たかった

第85回アカデミー賞作品賞受賞作

「ARGO(アルゴ)」を見ましたshine

 

Argo_photo01


舞台は1979年。

イランの過激派から逃れカナダ大使高手に身を隠す6人を

アメリカに連れ戻すための作戦

それが映画「アルゴ」撮影という

ハリウッド仕込みの大ウソを仕掛けることだった・・・。

 

歴史上本当にあった出来事

(1987年まで機密事項とされ公表されていなかった)

のため、歴史的背景は重く暗いものなのだが、

そこはハリウッド映画らしく

手に汗握るサスペンス?とカテゴリーされています。

2時間越えの作品ですが、

オープニングのアメリカンコミック風の絵コンテから

ぐいぐい引き込まれてしまう構成力に脱帽です。

Img_431724_10504675_7


(ジョージ・クルーニーもベンと共に

この映画のプロデューサーなのです)

そういえば、この作品

アカデミー賞生中継を見ていた際、

ベン・アフレック受賞してほしいなあ、と思い応援していましたが

受賞、しかも作品賞というところに

かなりぐっと来てしまったことを思い出しました~

|

« おもてなしレシピ Le coup de couer! 「ミルフィーユとんかつ」 | トップページ | [entrer a l'hopital] 診察、そして大学病院へ直行 »