« てんぷら山の上 | トップページ | 集英社「Marisol」11月号撮影 »

2012/08/20

Domaine de LONG PECH 2009

-----------------------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

花&食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

------------------------------------------------------------------

Dsc_1327

普段あまりお目にかかったことのない

めずしいスパークリングワインを

おすすめいただきました

 

フランス南西地方の小さなドメーヌで、

ぶどうは減農薬栽培で作られています。

ハチミツを思わせるような

美しい黄金色とその香りはとてもリッチ

エチケットの下の方に書かれている

「Methode Ancestrale」という文字は

発泡性ワインの作りかたの製法を表しています。

 

通常、シャンパーニュなどは

「Methode Traditionalle(伝統的製法)」と呼ばれる

つくりかたが代表的です。

 

しかし、この製法で作られたスパークリングワインは

あまりお目にかかることが少なく

一般的に「甘口」を作ることが多いので

辛口派の私にはこれまでご縁がありませんでした。

 

しかし、このワインはこの製法にしては

めずらしく「辛口」仕立て。

 

実際にいただいてみた感想としては

やはりとろりとした濃度と甘さを感じますが

たまにはこういうのもいいかしら?

と思いました。

 

以前とあるかたに言われ、

心に残っていることばに

「シャンパーニュは甘口の美味しさがわかってこそ上級者」

というものがあります。

このワインに出会い、

その最初の一歩を踏み出せたような感じがしました

|

« てんぷら山の上 | トップページ | 集英社「Marisol」11月号撮影 »