« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/29

木村伊兵衛「僕とライカ」「NHK日曜美術館」

51nkgwszhkl__sl500_aa300_

 

パリから帰国した際

タイミングよくNHK教育テレビで放映されていた

日曜美術館にて

木村伊兵衛 天然色でパリを撮る

というテーマの放送がありました。

 

木村伊兵衛さんというと、

私も大好きな写真家。

時折、こちらのブログにも展覧会の様子をアップしています。

--

2006.11.8

HERMES GINZA

「木村伊兵衛のパリ」展

http://seasonflowers.way-nifty.com/blog/2006/11/post_0bab.html

--

2009.12.22

東京都写真美術館

「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」展

http://seasonflowers.way-nifty.com/blog/2009/12/post-be14.html

--

木村伊兵衛×パリというと目が離せなくなる私にとって、

訪れたばかりのパリの風景と約60年近く前に撮影された

木村伊兵衛さんのパリは頭の中で常にリンク

 

このパリを写した写真集は既に絶版となっており

残念ながら、現在は手に入れることはできませんが

木村伊兵衛さんの傑作選+エッセイ集

「僕とライカ」を発見

 

なかには、

当時訪れたパリでのアンリ・カルチエ=ブレッソンさんや

ロバート・キャパ等との交友録が記されています。

 

さらに、カメラに詳しい方にはきっと興味深いであろう

ライカとの出会いやその熟成の過程等々も

読むことが出来、イメージとは違う

「おしゃべり」な木村さんを垣間見ることが出来る

エッセイになっています

 

こうして再び写真を見ると

また見えるところが変わってくるから

不思議です・・・。

 

こちらが見るたびに見え方が変わってくることが、

写真の魅力のひとつなのかもしれませんね。

 

|

2012/01/28

Un jour à Paris ~Charles-Henry Bainville~

Charleshenrybainville

~Charles-Henry Bainville~

 

パリで最後に立ち寄ったブラッスリー

「VAUDEVILLE」で偶然隣になり

意気投合したのが

Charles-Henry Bainvilleさん。

 

NY生まれのフランス育ちのアーティスト。

写真を加工したアートやイベントなどで活躍されています。

 

ハーレーダビッドソンとのコラボや、

パリでエクスポジションを行ったりして

(当日の様子がこちら You Tube

こうみえて御年軽く60 OVERにもかかわらず

軽やかに活躍中。

 

牡蠣を優雅に食べる暇もないほど

猛烈なアタックを受け、

ゲンズブールと一緒に写っている

幼少のころの写真をみせてくださったり・・・

 

彼のマネージャーが

一緒に写真を撮ってくださったのですが、

後日、上にある写真を送ってくださいました

 

ゆっくりお話しできなかったのが残念でしたが

最後の青空とともに

良い思い出が出来ました

|

2012/01/27

Un jour à Paris ~ at VAUDEVILLE ~

Dsc_0343s

~ at VAUDEVILLE ~

 

パリでの最後の食事は宿近くのブラッスリー、

VAUDEVILLE(ボードビル)」にて

最後の最後に青空に恵まれました

 

こちらは牡蠣が有名。

以前、パリへ行った際、大風邪を引いてしまい

目前の牡蠣を食べることが出来なかったという苦い経験があり

今回はそのリベンジ

8年越しの思いが通じました

 

Img_0231s

日曜日のランチタイムは

スタンディングバーにまで人があふれており、さすが人気のお店。

一旦伺うも、満席の為、ウエイティングリストに名を連ね、再度出直すことに。

 

空港へのお迎えが来るまでわずか残り1時間、

すこし慌てながらのランチでしたが

お望みのフランス産カキとサンセールを味わったのでした

Dsc_0346s  

そして、ここで偶然隣席になった

とあるアーティストとの出会いがありました

 

こちらについては、また明日

|

2012/01/21

Un jour à Paris ~AIRPORT LOUNGE~

Img_9268s

~AIRPORT LOUNGE~

 

本日より数日間に分けて

1月18日~23日まで訪れていました

PARISでの様子をお伝えします

 

パリに行くと決めたのは今年に入ってから。

出発の約10日前でした。

そして、時差ボケになる暇がないほど

忙しく過ごしたひとり旅でした

 

写真は

出国後、出発までの時間を過ごした

KORIAN AIRのラウンジです

オシャレで清潔な空間。

パリまでの道程はANA

Img_9273s

PARISまでの12時間。

映画をたくさんみながら

ほぼ眠ることなく過ごしました

(機内で見た映画のレビューも後日お伝えしますね

 

Img_9283s

そして、シャルルドゴール空港に到着。

いよいよパリでの6日間が始まります

|

2012/01/20

[掲載情報] WEB「52人に聞く52人のワイン」

Kato_img

このたび「52人に聞く52人のワイン」というWEBサイトに

登場させていただきました

 

実はこのお話、だいぶ以前(昨年の夏)より

頂いていたのですが

他のお仕事との兼ね合い等々で

伸びに伸び・・・

やっと52人のうちの51番目として

登場することが出来ました

 

美しい色のワインにうっとり・・。

バレンタインのスイーツと

合わせてみてくださいね

 

是非ごらんくださいませ

http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/52wine/people/1203-51.html

|

2012/01/19

[掲載情報] 集英社「marisol」4月号

速報です!

 

3月7日発売予定の

集英社の月刊誌「marisol」4月号に

出演の予定です

 

詳しいことはまだ申し上げられませんが・・・

 

おたのしみに 

|

2012/01/18

「グレイス」の参鶏湯

120113_3

毎日寒い日が続きますね~

 

あまりの寒さに日夜手足が冷え

風邪を引きそう・・・と思っていたところ

思いつきました

 

今まで一度の食べたことのない

しかしながら

一度は食べてみたい

と思っていた参鶏湯を食べに行きました

 

場所は、麻布十番にある

「グレイス」

モデルのヨンアさんや知花くららさんも御用達という名店。

それだけで期待が高まります

 

お店の案内によると、

参鶏湯は、

疲労回復・胃腸の弱い人・冷え性の人・便秘がちな人・風邪の人

に良く効くとされているそうです。

鶏を丸ごと骨ごと煮込むので

ゼラチン・コラーゲンがそのままたっぷり入っていて

さらにスープには朝鮮ニンジンやナツメなど

漢方のエキスも入っているのです

よって、美顔・つや・発汗作用も期待でき、

韓国では美容食・妊婦食として人気があります。

 

・・・とここまで読んだら頂かないわけにはいきません

 

半身分の「半参鶏湯」ランチセットは1890円。

参鶏湯の他にもこんなにたくさんお野菜が付くのも嬉しいですね

120113_1  

是非おためしあれ~!

|

2012/01/17

味噌煮込みうどん「山本屋本店」

120108_4a

名古屋駅で新幹線までの時間まで

小1時間ありましたので

駅地下にある「山本屋本店」で

名古屋名物

味噌煮込みうどんを頂いてまいりました

 

こちらのうどんは、

君島十和子さんお気に入りの

お取り寄せグルメとしても紹介されていたそうで

私も、これまではお店の近くの売店で

テイクアウトすることが多かったのです。。

 

120108_1a

というのも、注文を受けてから煮込むため

出てくるまでに時間がかかるのです

それまでの間、無料で供給&おかわり自由の

白菜・大根・キュウリの浅漬けを頂いて待つのです・・。

 

120108_2a

120108_3a

食べるときは、蓋を取り皿代わりにして頂くのがポイント

また、私は生卵があまり得意ではないのですが

お鍋ごとぐつぐつ煮えた状態で席に届くので

すぐに上にうどんをかぶせてしまえば大丈夫

いずれにしても、直ぐに崩してしまわないのがコツですよ。

 

熱さと闘いながらも

あっという間に平らげてしまいます。

 

麺がかなり固めなので

良~く噛まないといけないことは分かっているのですが

・・・ついついね

|

2012/01/16

香りつづくトップ plus Sweet Harmony

1


今回、ライオンの新しい洗濯用洗剤
香りつづくトップplus Sweet Harmony」
いち早くモニターとしてお試しさせていただきました


本体部分は片手で持つことが出来るくらい
コンパクトなボトル。
蓋を開けるとふんわりと

まるで春のお花畑のような香りが・・・
気持ちいい~
水の容量がそのまま目盛りになっていて、
細かな気配りでとても使いやすいというのも魅力的です。

ほんのすこ~しの洗剤しか入れていないのに
お洗濯をしているときから気持ち良くて
洗濯中も香りでリラックス
さらに、干すとき畳むときだけではなく、 
お洋服を着たときも香りを感じることができるのも
嬉しい点ですね
 

Img_9228_2
 
香りつづくトップplus Sweet Harmony」で洗った
ふかふか&お花の香りの
愛用のバスローブ
お風呂上がりのボディケアタイムが
もっと楽しくなりました

|

2012/01/15

Vie de Luxe Body&Soul

Dsc_0298

丸ノ内線新宿三丁目駅直結

三越アルコットにあります

「Vie de Luxe Body&Soul」で

ドイツのオーガニックコスメ

「PHARMOS NATUR(ファーモス・ナトゥーア)」を使用した

日本初のサロンで

ボディエステを行ってまいりました

 

駅に直結のデパート内にあり

雨の日も安心&迷う心配なしの

安心立地です。

 

今回は60分の下半身スリミングコース。

こちらのコースでは、その昔

スリランカの王族しか使うことが許されなかった

秘密のオイルを忠実に再現したという

特別なオイルを使用しています。

(写真に写っているのがそのオイル)

39種類・35kgのハーブを4週間煮込んで

作られるのはわずか1Lという貴重なものなのです。

(50ml\8925で販売されています)

 

エステコースでは、まずはフットバスから。

死海の塩を使ったバスソルトを

3種の香りからチョイスします。

そののち、キングスオイルを使ってセルライトに効く

揉み出しマッサージ。

足先から腰までしっかりと両面行いますので

かなりの充足感。

アーユルヴェーダのような香りに包まれ

最後は蒸しハーブのベッドで

蒸気に包まれながらヘッドマッサージをして頂き

少々お休みしてちょうど一時間のコースが終了です。

 

盛りだくさんの内容でしたが

その割にきちんと着替時間込みで

1時間で終わるというのも嬉しいですね。

 

保温効果もあるようで、暫く身体が温かかったです

と同時にオイルもしっかり浸透して

効き目がありそうな感じがしました

 

会社帰りにも、是非、おすすめです♪

Vie de Luxeファンサイト応援中

|

2012/01/14

Château l’Arrosée 1994

Rps20120107_0702241

年末年始に頂くシャンパーニュを
購入した際、
丸の内エノテカにて出会ってしまった
「Château l’Arrosée 1994」


 

ヴィンテージ・チャートを見ると
「Ready to drink」とあります、

お店の方からも
今が飲み頃。買ってすぐ美味しく頂ける状態です。
というオススメコメントを伺って購入を決意しました。

デキャンタージュをしてワインをいただくのはひさしぶりだったので
とても緊張しました

しかし、飲み始めてしまうと、そこからは至福の時間。

一緒に食べようと購入したチーズもドライフルーツも忘れ
ひたすらグラスを傾けて
あっという間に頂いてしまいました

じつは、私が入籍した年がこの1994年。
思い出深いヴィンテージでもあるのです


 

|

2012/01/13

Haagen-Dazs「Opera」

Dsc_02521

たまに
と~~~っても甘いものが食べたくなる時があります。

今日もそんな気分。

ハーゲンダッツのオペラをゲット。

パッケージにあるイラストが
オペラとよばれるケーキです。

 

蓋を開けると
金粉の乗った濃厚なチョコレート
なかはバニラアイスとココアパウダーと・・
ほろ苦く大人のショコラアイスデザート
といった感じです。

お供は、NESPRESSOの「リストレット」をストレートで。
濃い味のエスプレッソです
食べ終わる頃には
もう充分にスイーツ心は満たされていました~

|

2012/01/12

ダイアモンドのフェイスパウダー

83178

叶恭子さんが愛用しているとして

話題になっている宝石コスメ

宝石コスメ Difstory ディフストーリー シャイニーパウダー

 

こちらのフェイスパウダーには

ダイアモンドとパールが配合されており

きめ細やかでいながら華やかな

輝きが肌を美しく見せてくれます。

 

この宝石コスメ、他にも

ルビーのチークもあると知ってビックリ。

 

贅沢な気持ちでメイクできると

なんだか、気持ちが豊かになるような気がします

 

極上の輝きを放つ宝石パウダー Difstory シャイニーパウダーモニター募集 ←参加中

|

2012/01/11

酸素水 Oxy

Rps20120107_0701341_2

最近、「酸素水美容」というキーワードをよく耳にします

これは、特殊な加工で酸素を水の中に

酸素水 Oxy は長野県・安曇野の原水を冷却させ
酸素分子をクラスター(水の分子集団)を溶解させた水。

この酸素水を飲むことによって
たとえば
脂肪燃焼酵素(リパーゼ)を活性化させたり
免疫力や自己治癒力を高めたりするので
風邪の予防や運動後の筋肉痛の予防にもなるため
主にアスリートの人に使用されていたのだそうです。

ミストなどで直接お肌につけても美肌効果があるとか

普通のミネラルウオーターに比べ
少々お高いのですが・・
毎日飲むお水だからこそ
ちょっとしたこだわりを持って
見直してみたいな、と思いました

|

2012/01/10

@新幹線

Rps20120107_0704591

新幹線に乗って、移動中のひとこまです

どこまで泡まみれになるのでしょうか・・・

 

|

2012/01/09

DELAMOTTE NV

Rps20120107_0703431

今年の初泡
DELAMOTTE2000の味が忘れられず
NVも続けて購入してしまいました

プレステージ・シャンパーニュ「SALON」を
手掛けているだけあって
白ブドウだけで作る
ブラン・ド・ブランNVは
繊細な中にもゆるぎない芯がある
といった印象です。

季節やお食事を問わず
気軽に飲みやすい、シャンパーニュです

|

2012/01/08

Le Clarence de Haut-Brion 2008

Rps20120107_0704101

年末にシャンパーニュと一緒に買った
ワイン♪
「Le Clarence de Haut-Brion 2008」を
頂きました

リーデルのボルドーグラスに注いだワインは、
明るく高貴な輝きを放っています。

ボルドー5大シャトーと呼ばれる
「シャトー・オーブリオン」のセカンドワインです。

2007年から
それまでの「Château Bahans Haut-Brion」から
この名に変わりました。

優雅な気分になれるグレートな赤ワイン

ボルドー騎士団コマンドールとして、
今年もボルドーワインも愛しますよ~

|

2012/01/07

Lohan Rosset Rose

Dsc_02631

エチケットのストライプがかわいい
シャンパーニュ「Lohan Rosset Rose(ロハン・ロセ ロゼ」を
「ジャケ買い」してしまいました

 

セパージュは
シャルドネ85% ピノノワール10% ピノムニエ5%
さっぱりとした後味のロゼシャンパーニュ

明るいロゼの色が見た目にも美しく
華やかな気分になれるシャンパーニュです。

軽めの味わいなので、アペリティフから楽しめます。
私は、食後のフルーツ(イチゴ)と共に頂きましたよ

やっぱり、Champagneって良いですね~


|

2012/01/06

芦屋Roggen Meyerメープルメロンパン

Dsc_02661

パン好きな私に
お土産にと頂いたのが
こちらのメープルメロンパン

芦屋ローゲンマイヤーというお店の名物らしく
「ダウンタウンDX」や「はなまるマーケット」でも
紹介されたそうです

きめの細かいふんわり生地のなかには
程よい甘さのカスタードクリームが入っています。
皮の部分からメープルシロップの香りがして
表面にまぶしてあるグラニュー糖のバランスは絶妙です

久しぶりにメロンパンを食べたら、思い出した
新宿高野のメロンパンも食べたくなりました。

ごちそうさまでした~

|

2012/01/04

Dsc_02711
午後のひとときはJASMINE TEAにて♪

元は球状になっているのですが
お湯を注ぐと、じわりじわりと花が開くように
中の紅巧梅花(コウコウメイカ)が現れます

ジャスミンと花を木綿糸で縛ってあるので
このように広がるのです

ジャスミンの香りと見た目の美しさに
心なごみます



|

2012/01/03

鶴屋吉信「辰」

Dsc_02391

 

お正月を迎え、今年最初のお抹茶を

一服

たててみました。

一緒に頂いた干菓子は
鶴屋吉信の「辰」

今年の干支のデザインに

金粉があしらわれています

 

今年も日々の暮らしに

自然にわきでる

和の心を取り入れてきたいと思います

|

2012/01/02

Delamotte 2000

Rps20120107_0702011

2012年、今年最初のシャンパーニュ(初泡)は
「DELAMOTTE 2000」を頂きました

10年以上の時を経て
溶け込んだ泡は
優しく、滑らか

今年も素敵なシャンパーニュとの出会いが
たくさんありますように

|

2012/01/01

A HAPPY NEW YEAR!( BONNE ANNÉE!)

Img_8780

皆様にとって良い一年となりますように。

今年もよろしくお願いいたします。

 

加東 亜希子

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »