« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/31

永坂更科総本家の年越し蕎麦

Rps20120107_0704371

今年もあとすこし。

 

今年は自宅で
ベートーベン第九→紅白歌合戦
を見ながら年越しです。

年越し蕎麦は永坂更科総本家のものを頂きました

パッケージの中には
初夢のおまじない「宝船」の絵が一緒に入っていました。

粋なお年玉です

1月2日の夜は、枕の下に宝船を描いた紙を敷くと
縁起の良い初夢が見られるという
昔からのおまじない。
今でも健在なのですね~

良い年になりますように。


 

|

2011/12/30

FIFTH AVENUE, 5 A.M.

51ub8xpsal__bo2204203200_pisitbstic

年末のお休みを使って読書をしました

今回読んだうちの1冊がこちら

「FIFTH AVENUE, 5 A.M.」

(邦題:オードリーヘップバーンとティファニーで朝食を)

です

 

表紙のこの写真は、かの有名な

NY5番街にあるティファニー本店のショーウインドーを

覗きながらデニッシュを食べるというシーン。

 

この映画の制作が1960年、公開が1961年ですので

ちょうど50年を迎えたことになります。

 

この本は、女優・オードリーヘップバーンを中心に

この映画のメイキング(裏話)をまとめたものです。

映画の構想から公開まで10年以上の月日が経っているのです。 

名曲「ムーンリバー」や

ジバンシィのリトルブラックドレス誕生秘話など、

50年も経つのに

当時の背景がしっかりと記されているのに驚きます。

 

オードリーヘップバーンがスクリーンに登場するまでの

映画が描く女性像についてを読むと

いかに彼女が時代を作り変えたのかが理解できます。

さらに、プライベートな部分にも着目しており、

オードリーの婚姻・出産にかかわる事柄や、

原作者・トルーマンカポーティについても興味深い記述がされています。

 

今年のニューヨークタイムスベストセラーにも選ばれた

この本、是非お読みになってみてくださいね

(英語版と、日本語版がございます)

 

本を読むと、映画が見たくなります

50周年記念エディションを発見。

 

カポーティが描いた

ホリー・ゴライトリー像にも興味津々になります

映画の原作本はこちらです

 

名曲「Moon River」はこちらに収録されています

|

2011/12/29

ニューピュアフコイダン

9fb61

カリスマエスティシャン、高橋ミカさんが

プロデュースしているスキンケア

「ニューピュアフコダイン」を使ってみました

 

ヘアメイクの濱田マサルさんを筆頭に

モデルの梨花さんやほしのあきさんなど

多数の芸能人が愛用していることで知られる

美容液&クリームです

 

フコダインとは、保湿はもちろん、

今話題の活性酸素から肌組織を守るといわれている

注目の成分。

 

この原液をたっぷり配合した美容液を使った後

クリームで閉じ込める、といった簡単スキンケア

 

美容液はかなりとろみがあり、

「原液感」がたっぷり。

その割に肌に伸びやすく、なじみもいいのです。

さらにその後クリームを乗せていくのですが

こちらも伸びが良くジェル状に近いタイプなので

たっぷり使ってもべたつかず、心地良いのもオススメ出来る点です

 

高橋ミカ公式サイト ミッシーリストファンサイト応援中

|

2011/12/28

Dining & Flower Coordinate Lesson

Dsc_0230s_2

本日は、今年最後の

テーブルコーディネートレッスンを行いました

 

テーマは「お正月のおもてなし」

 

まずはディスプレイテーブルを元に

テーブルコーディネートの基礎知識をお勉強

今回は、ベルベットのクロスで華やかさを出しました

 

後半は実習タイム

和紙や水引をつかって手作りのおもてなしアイテムを製作し

最後に花をあしらい、それぞれに

オリジナルのコーディネートを完成していただく

という内容でした

 

普段使っているシンプルなフラワーベースに

和紙や千代紙をプラスすると

それだけでお正月アイテムに早変わりしますよ

是非、おためしあれ~ 

 

皆様にも素敵なお正月が訪れますように・・・

|

2011/12/25

Le coup de couer!「チキンのトマトクリーム煮」

Dsc_0209s

MERRY CHRISTMAS

クリスマス・イブの昨夜は

家でシャンパンとディナーを楽しみました

 

トマトの酸味をクリームが程よく調和させてくれるため

ついつい食が進みます

鶏肉と相性の良いハーブ

ローズマリーの風味付けもポイントに

また、写真には写っていませんが

付け合せにはフェットチーネ(幅広のパスタ)がオススメ。

生パスタを使うとゆで時間が短くて済むので

すぐに準備ができ、オススメですよ

 

では、レシピスタート

 

[Ingrédients]

鶏もも肉 大1枚

たまねぎ 中1個

マッシュルーム 1パック

にんにく 1かけ

トマト 大2個 (トマトの水煮1/2缶で代用してもOK)

ローズマリー 小1枝

生クリーム 50cc

 

[Préparation]

1.鶏もも肉は一口大にカットし塩胡椒をふる。

2.厚手の鍋(がオススメ。ル・クルーゼなど)に

オリーブオイル、にんにくのみじん切り、たまねぎの薄切りを入れ

しんなりしてきたら1.を加え軽く焼き色がつくまで加熱します。

3.スライスしたマッシュルーム、ざく切りにしたトマトと

コンソメ1個、砂糖小1、ローズマリーを加え、蓋をして弱火で

15~20分ほど煮込みます。

4.ローズマリーを取り出し、塩胡椒で味を整えたら

火を止めて生クリームを加え、完成です!

 

トッピングにイタリアンパセリを添えると彩りアップ

 

前もって作っておく場合、3.の段階まで仕上げておいて

食べる直前に4.をしましょう

 

また、付け合せのフェットチーネは

ゆであがってすぐにオリーブオイルを絡めておくと

食べるときにくっつきにくくなりますよ

 

皆様も、楽しいクリスマスを~

|

2011/12/24

MOET et Chandon ブランドアンバサダーの証

Moet

シャンパンのモエ・エ・シャンドンが

現在、「MOET CELEBRATION TOWER」を実施中。

 

さらに、こちらを広めるアンバサダーキャンペーンを行っております。

MOET.JP会員になり、ブランドアンバサダーとして

このキャンペーンをツイッターやフェイスブックで紹介すると

もれなく全員に

MOETアンバサダーオリジナルミュズレチャームがいただけます

 

先日、私の手元にも届きましたが

ずっしりと重みがあり、とても素敵です

http://moet.jp/ambassador/

 

もちろん、このブログをお読みになり

MOET CELEBRATION TOWERに参加していただくことも可能です

華やかなページを見ているだけで気持ちが高まってきます

現在、メッセージの高さは富士山を超える高さにまでなっていて

その一つ一つの思いが伝わってきます。

 

普段言い表せない気持ちを、メッセージにして

思いを伝えてみませんか?

http://moet.jp/tower/top.php

|

2011/12/23

美味サライ2011冬号

E9801_2 

今日はとても寒い一日でした

予報通り、クリスマス寒波の到来です。

 

そんななか、ふらりと立ち寄った書店で見かけたのが

「サライ増刊 美味サライ 2011冬号」です。

「土鍋名人になる」という堂々としたタイトルに加え、

土鍋レシピはもちろん(土鍋でカレー作ってみたい)

土鍋そのものについての研究もあり

まさに本格的に土鍋に向き合う内容

 

じっくり読み込んでいるだけで、何故だか身体も温まります

 

他にも気になった特集は

「新年を寿ぐ日本の銘醸ワイン」

国産ブドウ100%を使ったスパークリングや

シャトーを訪れるほど大好きな

シャトー・メルシャン、サントリー「登美」など

お正月のおせち料理にピッタリなワインが

たくさん紹介されています

 

ワインはその土地で作られたお料理と合わせるのが

基本中の基本と聞きますが

日本のお節料理との相性が悪いはずがありませんね。

 

そして、一緒に紹介されていた

メイド・イン・ジャパンのワイングラスも素敵ですよ

 

もっともっと、土鍋を使って様々なレシピを試してみたくなりました

大人の選り抜き情報サロンファンサイト応援中

|

2011/12/21

Tony Bennett「Duets」

クリスマスも間近になり

そろそろ、クリスマスソングにも

飽きてきました・・・

 

そんな折、出会ったのが

このTony Bennettの「Duets」2連作。

第一弾は2006年のグラミー賞3冠に輝いており

その続編が彼自身の生誕85周年を記念して

今年発売になったそうです

 

全曲タイトルの通りデュエット曲なのですが

そのお相手が超豪華!

セリーヌディオン、スティング、U2のボノ、ビリージョエル

エルトンジョン、ポールマッカートニー、スティービーワンダー

レディーガガ、マライアキャリー、ノラジョーンズ、ナタリーコールetc...

 

すべてにおいて、トニー・ベネットの包容力を感じさせ

ほっこりと温かい気持ちになります

さらに、この時期に聴いていると

クリスマスソングに聞こえてくるから不思議ですね

 

是非、聞いてみてくださいね

|

2011/12/20

Le coup de couer!「ジャガイモのローズマリー風味」

Dsc_1219s

先日伺ったお店で

ローズマリーとニンニクで風味づけをしたフライドポテトを

頂き、とっても美味しかったので

家庭用にアレンジして作ってみました

もうすぐクリスマス

ローストチキンのサイドディッシュにもぴったりな一品です

 

[Ingrédients]

じゃがいも 大2個

にんにく 1/2個

ローズマリー 1~2枝

 

[Préparation]

1.じゃがいもは大きめの乱切りにカット。

にんにくは皮がついたまま洗い、底の固い部分をカットしておく。

2.ストウブ鍋など厚手の鍋に

多めのオリーブオイル(大さじ3位)とにんにくを入れ

弱火で加熱し始める。

3.すこし音が出てきて香りがしてきたらじゃがいもとローズマリーを加え

全体にオイルを絡ませたら、蓋をして15分加熱、

余熱が取れるまでそのままにしておく。

(↓蓋をする前の状態)

Dsc_0233s

4.鍋全体をざっくり混ぜ合わせて、完成です。

ポイントは、3.で蓋をする前に

ニンニクを鍋底の方に集めておくと色よく仕上がります。

じゃがいもは、焦げている部分とそうでない部分が

むらになって仕上がったほうがGOOD。

このほうが、見た目に美味しそうに見えますよ

 

是非、おためしあれ

|

2011/12/19

cafe nest

Img_9053s

麻布十番の小さなビルのワンフロアにある

「cafe nest」へ行ってまいりました

 

まさに小さなビストロ暗めの照明といい

落ち着けるゆったりとしたゆるい良い雰囲気。

111219_1s

焼野菜のサラダはバーニャカウダ風ソースと

味噌風味のソースの2種で。

Img_9052s

今しか食べられない期間限定メニュー

ホワイトアスパラのソテー。

卵の黄身を崩してソースと一緒にからめて頂きます。

Img_9050s

とりあえずのポテトフライや

一味違うポテトサラダ、オリーブのマリネもオススメ。

細部にシェフのこだわりのあるメニューの数々を楽しみました

 

|

2011/12/17

le 6eme sens d'Oenon

Cafebar_photo02

銀座コリドー通りに面するフレンチレストラン

「le 6eme sens(ルシエズムサンス)」へ

行ってまいりました

 

こちらのカフェバーでは

終日、コースが1500円で頂けるとあって大人気。

今回も、以前にこちらに来たことのある

お友達に誘われてのランチです

 

コースはスープ、メイン、デザート&ドリンクの3品。

Img_8898s_2

ビーフの入った具沢山のスープ。

Img_8899s

真鯛のポワレ赤ワインソース。

添えられているのは、じゃがいものリヨン風

Img_8902s

デザートはブラウニーとコーヒー味のアイスクリーム

 

3品だけでも、それぞれのプレートにボリュームがあるため

結構お腹がいっぱいになります。

特にデザートが美味しかったです

  

時間帯によっては

お店の外まで並んでいることがありますので

事前にチェックしておくといいと思いますよ

|

2011/12/16

クリスマスパーティ@ツヴィーゼルブティック

Img_8905s

今年の4月に開催されました

Caffe Michelangelo for ZWIESEL】イベントを通じて

ますます私のお気に入りとなったツヴィーゼル様より

クリスマスパーティーにお招きいただきました 

 

普段見慣れている代官山のブティックが

今日はパーティー会場に早変わり

 

お出迎えはスプマンテ「ROTARI」のジェオボアム。

通常のワインの4本分の量が入った大きなボトルです

Img_8904s_2  

お食事は、半蔵門にあるイタリアン

Elio's(エリオロカンダイタリアーナ)」のケータリング。

眼には美しく、舌に美味しい

イタリアン人社長ならではのチョイスです

パルミジャーノ・レッジャーノ、美味しい~

 

Img_8920s

また、このパーティで

「Drop Protect(液だれしないデキャンタ)」が発表されました

これ、ホントに垂れないのですビックリ!

デザインも素敵なので、思わず購入したくなりました

クリスマスプレゼントのWish Listの仲間入りです

Merry Christmasな夜でした! 

|

2011/12/15

ラ ヴィエイユ フランスのタルトタタン

P_2_4

今年のクリスマスケーキはもうお決まりですか?

どれにしようかと見ているだけで

ワクワクしてしまいます

 

先日伺ったDEAN&DELUCAで

こちらのラ ヴィエイユ フランスの

Tarte Tatin(タルトタタン)を

ご紹介していただきました

 

私は今年のひそかなマイブーム・デザートが

このタルト・タタンで、

デザートにこれがあるとついついオーダーしてしまうのです。

 

Img_8895s

こんな風に、軽くホイップした

クリームを添えるのがオススメですが、

タルトタタンをすこし温めて、

バニラアイスクリームを乗せると

極上のデザートに

 

ほのかな甘さで、とても優しい気持ちになれるお味です。

紅玉でなく富士りんごを使っているという点もこだわりのひとつ

香り高いアールグレーとセットで食後のひと時をお楽しみください

 

*DEAN&DELUCAでの購入は

事前の予約が必要ですのでご注意くださいね。

|

2011/12/13

日本橋三越でお呈茶

Img_8780

本日は着物姿で

お稽古に通っているお茶の先生から

光栄にもお声をかけて頂き、

日本橋三越特選画廊で開催されました

「作陶30年記念 萬福堂 吉村楽入 茶陶展」

でのお呈茶のお手伝いをさせて頂きました

 

私はまだお点前が出来ないので

お運びの係。

とはいえ、それだけでも大緊張でした。

 

素敵なお着物も、先生にお見立てしていただいて

この日のために誂えたもの

紅葉した銀杏の葉が全身に舞っている様子は、

手書きの職人の手によって描かれたものです。

 

帯も手刺繍の豪華なもの。

着なれていないせいか、

完全に着物に負けちゃってます・・・

 

それでも、今日のことはとても大切な

勉強になりました。

ありがとうございます

 

これからゆっくりと

(一生モノのお稽古だと思っています)

お茶とお着物の世界に

もっともっと親しんでいきたいと

心新たに思った私なのでした

|

2011/12/12

川上庵@麻布十番

Kawakami2

寒い季節、突然お蕎麦が食べたくなりました

 

普段、お蕎麦というと冷たいもの

(いわゆる「せいろ」系)を頂くことが多いのですが

流石の寒さに、何か温かいものを・・

と思い、鴨せいろを頂きました。

寒くなってくると、濃いめの味が食べたくなるとは

まさにこのこと。

しっかりとした濃いめのお出しと鴨の歯ごたえの利いた

つけ汁は、蕎麦湯と共にしっかり全部頂きました

Kawakami1  

麻布の川上庵は、オーダーからおそばが茹で上がるまでの間

「揚げ蕎麦」を持ってきてくださいます

おそばのかりんとうのようなもので、お茶と共に

こちらも止まらなくなる美味しさです

 

軽井沢の川上庵が、恋しくなりました

|

2011/12/11

Le coup de couer!「Carotte Rapees」

Carotterapees

今回もフレンチビストロレシピをお届け

ひたすら野菜が食べた~い!

と思った時に食べたくなるのがこの

キャロット・ラペ

いわゆる人参のマリネみたいなもの。

素材の味がシンプルに伝わる料理です。

フレンチレストランなどでは

そのままサラダとしてだけでなく

付け合せやサラダニソワーズの中に入っていたり

しています。

 

今日は、畑から直送

葉のついたままの人参を頂いたので

先日DEAN&DELUCAで習ったレシピを参考に

さっそく作ってみました

 

[Ingrédents]

人参 1本

グラニュー糖 大さじ1

白ワインビネガー 大さじ5

塩 適量

[Préparation]

1.人参は千切りにする。塩を振って揉み込む

2.水気が出てきたらしっかりと絞り、

グラニュー糖と白ワインビネガーを加え混ぜ合わせる。

3.そのまま数時間~1晩置いておくと味がなじみ、

しっとりとして美味しくなります

 

これに、レーズンを加えたり

ゆで卵の刻んだものを加えてミモザ風にしても良いですよ

 

1本分まるまるの量をぺろりと平らげてしまいますよ!

|

2011/12/10

Laduree The Earl Gray

Dsc_0231_2

最近のお気に入りが

マカロンで有名なラデュレの

アールグレイ・ティー

 

お土産で頂いたのがきっかけなのですが

スイーツが無くとも

スイーツを頂いているような

甘く芳しい香りは

幸せなティータイムを呼び寄せます。

 

もちろん、スイーツと一緒に頂いても美味しくいただけます

こちらは布製のティーバッグに入っているので

とても簡単に頂けるのも嬉しい限り。

 

是非、おためしあれ

|

2011/12/09

クリスマスコーディネートレッスン♪

111208_3

クリスマスをテーマにした

テーブルコーディネートのレッスンを

開催いたしました

 

レッスンでは

テーブルコーディネートの基礎知識と

クリスマスを演出するためのアイディアを

ディスプレイテーブルを使用してお伝えしたのち

実際に、参加した皆様にも

ウエルカムプレートの演習をしていただきました

 

残念ながら、テーブルは公開できないのですが

私が今日着ているDiane von Fantenbergの

トップスの色がテーマカラーです。

このようにして、お迎えする側自身も

卓上に合わせた装いをすると

よりトータルコーディネートになり

効果的な演出になりますよ

 

|

2011/12/08

Diana Krall 「Christmas Songs」

51wea3wgtl__sl500_aa300__3

12月に入り、クリスマス気分が高まってくる今日この頃

この季節をより楽しむために

クリスマスソングのCDを聞いています

 

2005年に発表された

ダイアナ・クラールのクリスマスソング集は

私のお気に入りクリスマスアルバム

BEST3に入るほどのお気に入り

 

ソフトヴォイスの女性ボーカル&

JAZZの雰囲気の味わいで楽しめる

クリスマスソングの定番が

たっぷり詰まっています

聞きなれたはずの曲なのに、なんだか新鮮

 

今年のクリスマスにオススメの1枚です

是非、聞いてみてくださいね

 

|

2011/12/06

Le coup de couer!「Pomme a la Lyonnaise(じゃがいものリヨン風)」

Dsc_0173s

先日

「DEAN&DELUCA」のお料理教室で習ったレシピをもとに作ってみました

レッスンでは

メインディッシュ鴨のコンフィの付け合せとして紹介されました。

 

私は、週末の夜

ボルドーの白ワインと合わせ頂きました

美味しいパンとアペタイザー(おつまみ程度の軽食)を

数品用意して、メインとしてこのお料理を出しましたので

習ったものより分量や時間をすこし調整しています。

なんといっても、作りっぱなしでいいので

ゲストと一緒にゆっくりとお食事を楽しめますし

STAUB(ストウブ)鍋を使っているため

写真のように食卓に出し

皆で取り分けながら頂けるのも嬉しい点です

 

[Ingrédients]

じゃがいも(メークイン) 5個

たまねぎ 小1個

ベーコン(ブロック) 100g

ローズマリー 1本

塩・こしょう・オリーブオイル

 

[Préparation]

①メークインは3センチくらいの厚みにスライスします。

②オリーブオイルを敷いたストウブ鍋で

短冊切りにしたベーコンを炒め、火が通ったらスライスしたたまねぎを加え

しんなりするまで炒めたら鍋から取り出します。

③②の鍋にオイルを足し、ジャガイモとローズマリーを入れ軽く炒めたら

塩こしょうを加え、②を上に乗せて蓋をします。

④そのまま極弱火にかけて約20分ほど蒸し焼きする。

(または160℃のオーブンで約30分)

⑤出来上がったら鍋の底から全体をかきまぜ、完成!

 

完成の写真にもあるように

じゃがいもの焦げ目のある部分とそうでない部分が

混ぜ合わさり、さまざまな風味や味わいが楽しめるのが

このメニューの魅力です

 

フランス・リヨンではごくポピュラーな「つけあわせ」として

使われるメニューだそうですよ

 

とても簡単で美味しいので、是非おためしあれ

|

2011/12/05

Commanderie de Bordeaux a Tokyo@Four Seasons Hotel

Dsc_0158 

去る11月30日

ロビーのクリスマス装飾が美しい

フォーシーズンズホテルにて

コマンドリー・ド・ボルドー東京のパーティーが催されました

 

Img_8562s

Img_8563s

数々のボルドーワイン

見た目も美しく、中身は上品で

もちろん美味しい

Img_8586s

さまざまな最上のボルドーワインと

フォーシーズンズホテルのディナーを

フルコースで味わいました

最高に贅沢な夜でした   

 

 

|

2011/12/04

DEAN&DELUCA Cooking Class

Img_8533s

お友達にお誘いいただいて

今回が約1年ぶりの参加となりました

「DEAN&DELUCA Cooking Class」

へ行ってまいりました

 

今回のテーマは「BISTRO AT HOME」

フランスのビストロメニューをイメージした

前菜5品、メイン、デザートのレシピを

教わってまいりました

 

こちらのお料理教室は、ホームパーティーを想定し

前菜、メイン、デザートなどを含むコースメニューを

ディーン&デルーカの総料理長自ら

デモンストレーションをしてくださいます。

ので、実際の調理はありません

私たちは、その間何をするかというと

デモを見ながら、レシピにポイントを書きこんでいくのです

 

75分ほどですべてのデモが終わると、

厨房で作られた実際にそのメニューを頂きます。

1人前ずつの量がきちんと出るので

フルコースのディナーを頂いているのと同じです。

 

レシピは、本格的なものから、簡単にできるものまで

様々です。

総料理長はじめ、DEAN&DELUCAのスタッフの皆様の

温かい雰囲気に包まれたおもてなしのなか

今回もいくつか作ってみようと思うレシピに出会えました

 

作った様子は、また後日お伝えしますね

 

|

2011/12/03

[掲載情報] コラム「プラス+ライフスタイル」

C_life

シンプルでいて華やかな
大人のクリスマス

今年のクリスマスは3連休という人も多いはず。

そのうち1日は「大人のクリスマス」をイメージしたテーブルで食事を楽しみませんか? 

欠かせないのは、なんといっても華やかなアルコール! 

シャンパンをはじめとした、世界各国で作られたスパークリングワインはいかが? 

この季節にピッタリなのはもちろん、

種類が豊富で、ラベルがカワイイものもたくさんあります。

大人っぽい食卓を演出するには、色の数をなるべく少なくするのがポイント。

スパークリングワインのラベルを引き立たせるにも効果的です。

テーブルクロスにブラックやロイヤルブルーなどダークな色合いをチョイスし、

オーナメントはゴールドやシルバーなどで統一すると、

雰囲気のあるテーブルになります。

 

(ニューファミリー新聞 12月2日発行号より)

こちらからもお読みいただけます

http://www.new-family.co.jp/readers/numbers/20111202/event/column/index.html

|

2011/12/02

[掲載情報] ニューファミリー新聞巻頭記事

千葉県内で発行されております

「ニューファミリー新聞」

本日発行号1面の特集

「1年間頑張った私のご褒美 この年末は私にプレゼント」に

掲載されております

 

自分にプレゼントするグルメとして

「シャンパン」を挙げています。

 

是非、ご覧くださいませ

http://www.new-family.co.jp/readers/numbers/20111202/event/front/index.html

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »