« 鰤門 | トップページ | スペイン料理「tortuga」① »

2011/08/18

CHANEL no19 poudre

Chanel19poudre_2
8月19日はココ・シャネルの誕生日

香水「no19」は
彼女の誕生日である19日にちなんで
その名前が付けられたのだそうです

その「no19」が世に出たのが1970年ですから、
もう40年以上前になりますが
今年、この「no19」に新しい解釈を加えた香り、
「no19 poudre(プードレ)」が発売になります。

これまでのアイリスというフローラルの香りと
グリーンノートを組み合わせたものに
ムスクを加えることで
「まろやかで優しいながらも、芯の強さを感じさせる」香りに
進化したのだそう。

これは、現代的な要素を加えるということを、
調香師・ジャックポルジュが表現したもの。

 

Ilis

香水の街・グラースにあるシャネルのアイリス畑。
花が咲くまでに3年、この花を摘み取ってから香水になるまでに
さらに最低でも3年の年月が必要だそうです。

私は、あいにく「no19」の愛用者ではありませんでしたが
この新しい香りは、嗅いでみたいと思いました。



 

 

|

« 鰤門 | トップページ | スペイン料理「tortuga」① »