« [掲載情報(予告)] 集英社「marisol」5月号 | トップページ | 桃の節句 »

2011/03/02

伊坂幸太郎「3652」

伊坂幸太郎エッセイ集「3652」を読みました

デビュー10周年を記念して発行されたエッセイ集です

 

実は・・・

伊坂さんの本はこれまでに一冊も読んだことがありません。

ごめんなさい。

ミステリーが苦手なので読んでいないのです。

ごめんなさい。

 

でも、本屋の店頭でよく見かけていて、その存在は知っていました。

この方の本のタイトルのセンスが好きで、

実はずっと気になっていたのです。

 

いよいよこの方のエッセイ集が発刊されたというので

すぐに読んでみたいと思いました。

 

読んで見ると、仙台出身の真面目な出不精であることが分かりました。

‥好きです。

小説のタイトルが先に決まっていて

最後までぶれないところが特に。

 

今回のタイトル「3652」もデビューから10年間の日数です。

「聞けばなるほど」ですが

聞かないと分かりません。

そんな、伊坂さんのタイトルが大好きです。

 

これまでにどんなタイトルの本を出されたのか知りたい方は

この本を最後からお読みくださいね


|

« [掲載情報(予告)] 集英社「marisol」5月号 | トップページ | 桃の節句 »