« ハッピーローズブーケの香り | トップページ | [掲載情報(予告)] 日本ソムリエ協会会報誌「Sommelier」 »

2011/02/19

落語者

現在、さまざまな「和事(わごと)」がブームになっています

 

私の中でも、既に去ったブームと今現在訪れているブームがありますが

そのなかのひとつに「落語」があります。

 

昨年ブログでもご紹介いたしました

とあるパーティーで生落語を聞いて以来

落語に対する先入観がさっと洗われました。

 

日本語を操り、日本語を知るものだからこそ

楽しめる工夫が凝らされた伝統芸能

「落語」の楽しみを、今更ながら感じております。

 

先日、出張で乗った飛行機(ANA)の機内で

「落語チャンネル」を楽しみました

 

今月も2つの話が繰り広げられましたが

寝起きのジュリー、こと

桂三若の「生まれかわり」。

オチもわかりやすく、初心者向けです。

 

落語の噺家のすごいところは

なんといっても、一人の「声」だけで

登場人物のすべてを演じ分けるということ。

 

軽快に心の抑揚を演じ分けるのは

まさに「芸」ではないでしょうか。

 

テレビ朝日では深夜に「落語者」が復活しました。

 

日本人だからこそ楽しめる伝統芸能

「落語」を一度聞いてみませんか?

 

|

« ハッピーローズブーケの香り | トップページ | [掲載情報(予告)] 日本ソムリエ協会会報誌「Sommelier」 »