« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/28

エルキューイ・レイノー青山

0228a

東京・青山にある

「エルキューイ・レイノー青山店」へ行って参りました

 

こちらは、フランス・リモージュ焼きの食器と

フランスの銀器を扱っているお店です。

 

先日開催された東京ドームでの

テーブルウエア・フェスティバルへ伺った際、

洗練された美しい食器と銀器に魅了されました

日本のフラッグシップショップが青山にあると伺って

さっそく足を運んでみました。

 

0228b

いちばん上の写真は、「アトラクション」シリーズの非売品。

超レアディズニー公認・ミッキーとミニーのプレートです。

よ~く見ると、

お皿の柄とミッキー&ミニーのお洋服が同じ柄なんですよ

 

そのほかにも、

著名なシェフに愛されている

素敵な食器がたくさんありますよ

是非、足を運んでみてくださいね。

 

Howtobuy_shop_map01

 

エルキューイ・レイノー青山店

TEL:03-3797-0911
営業時間:11:00~19:00(日曜定休日)
住所:東京都港区北青山3-6-20 KFIビル2F
(地下鉄表参道駅B2出口)

http://housefoods.jp/shopping/ercuis-raynaud/purchase/shop.html

|

2011/02/27

佐賀県知事とお仕事@帝国ホテル

0226

本日、帝国ホテルにて行われました

佐賀県「旬果旬菜キャンペーン」の

お手伝いをさせていただきました

 

今日は、佐賀県産の

「グリーンアスパラガス」「ホワイトアスパラガス」

そして、お米の「さがびより」

これは、2010年産で佐賀県初の特Aランクに選ばれたばかりの

いま、もっとも旬を迎えているお米です。

他のお米に比べて、粒が大きいのが特徴。

(その分、お水をすこし多めにして炊くと美味しくいただけるそうです)

冷めても味が落ちないので、お弁当にも最適です

 

そして、これらのプロモーションのためにいらしたのが、

私のお隣にいらっしゃいます

佐賀県知事の古川康(ふるかわ やすし)知事。

お若くて、しかもジェントルマン

分刻みのハードスケジュールにもかかわらず

熱~いプレゼンテーションを行っていました

 

Made in SAGA、「香蘭社」の桜柄や青磁の器を使って

佐賀県産のフレッシュなアスパラガスとお米を

ディスプレイさせていただきました

 

ディスプレイしているときもアスパラのとてもよい香りがして・・

その場でかじりつきたくなりました

 

他にも、佐賀県産のイチゴ「さがほのか」もいまが旬。

こちらは、銀座や日本橋三越の「サンフルーツ」にて

現在お取り扱い中です。

 

是非、佐賀の味を楽しんでみてくださいね

|

2011/02/26

[掲載情報] WEB「メルシャン・春の記念日」

 

メルシャンとコラボレーションいたしました

WEBサイト「春の花とワインが紡ぐ 春の記念日」

がオープンいたしました

 

春の行事に合わせたホームパーティーや

美味しいワインとフードのご提案をしています。

テーブルコーディネートのコーナーでは

お雛様の形のナプキンの折り方もご紹介。

モデルとしてもサイトに登場しています

サイトのなかは春満載ですよ~

 

是非、ご覧になってくださいね。

0216

http://www.hibiyakadan.com/wine-flower/

|

2011/02/25

ニコライ・バーグマンのパーティ

02fits2

フラワーアーティスト

ニコライ・バーグマン氏のパーティへ

行って参りました。 

 

これは、彼がプロデュースした

香水の発表会。

ブーケの香りをモチーフにした6種類の香水が発売されました。

 

バラの香りや、ライラックの香りをベースにしたものや、

男性にも使えるグリーンティーやウッド系ベースの香りなどが

そろっていました。

02fits1

会場となったのは、表参道にある彼の最新のショップ&カフェ。

 

フィンガーフードもスカンジナビアンメニューの

スモークサーモンや焼きメレンゲのスイーツなどが

供されました。

 

 

02fitsa_2

香水についての

詳しいインフォメーションは

販売元の「フィッツ・コーポレーション」

までお問い合わせくださいね。

|

2011/02/24

[掲載情報(予告)] ニューファミリー3月号撮影

0220

先月に引き続き、

連載中のコラム「プラス+ライフスタイル」

(ニューファミリー)の

撮影を行いました 

 

今回は、知花くららさんも御用達の

ガラスメーカー・ツヴィーゼルの

ご協力を頂きまして

アフタヌーン・シャンパンを楽しむための

テーブルコーディネートを致しました

 

掲載は、3月25日の予定です。

それまですこしお待ちくださいね

|

2011/02/23

デニム着物♪

0222_2

昨年おじゃまいたしました

「絹磨」へふたたび行って参りました。

 

前回お伺いしてから楽しみにしていた

「デニム着物」がやっと入荷したという

お知らせを頂いて

さっそく、実物とご対面

 

デニムのような見た目なのですが

実際はやわらかくて、軽いのに驚きました

 

ステッチや袖口のスナップまで

デニム仕様。

本当はブラックデニムが欲しかったのですが

こちらは男性向けにしか作っていないとのことで

残念ながら、今回はブルーデニムを。

 

菊の花のプリントが入ったもの↑と

雲の手刺繍が入ったものと

2種類、着せていただきました。

 

こうして、実際にそでを通してみて

帯や草履などを合わせていただくと

着物も洋服もコーディネート次第なのだな、

と思いました

 

夜の立食パーティへ着ていくのに

1着あつらえたいな、と思っているのですが

合わせる帯次第でカジュアルにも使えて

しかも、季節を問わずに着られるという魅力もあります。

絹に比べてお手入れも楽でお値段もお手頃という点も

嬉しいですね

 

お店には店長はじめ、男性のスタッフもおります。

着物専門誌で「男の着物」特集に取り上げられて以来、

実際に、男性のお客様もかなりお見えになるとのこと。

男性の方の着物デビューにもかなりオススメのお店ですよ。 

 

昨年伺った際の様子はこちらからご覧いただけます

http://seasonflowers.way-nifty.com/blog/2010/12/kenma-7e27.html

|

2011/02/22

東京ベイコート倶楽部・OZIO

0219   

 

有明にあります

東京ベイコート倶楽部のイタリアン

OZIOへ行って参りました。

 

こちらのホテルは会員制ですが

このイタリアンに限っては誰でも利用することができます

 

0219b

今年から、こちらのシェフが新たに変わりまして

銀座にありましたイタリアンの名店、

「エノテーカ・ピンキオーリ」の総料理長として

腕を振るっていた辻シェフが新たに就任いたしました

 

ちょうど席からオープンキッチンが見えたので

のぞきに行きましたら、カワイイ柄のエプロンをした

シェフがラビオリをつくっているところでした

 

0219a

それにしても、こんなに脂があるポークでも

脂を落として焼いていることに加え

脂の臭みがない新鮮な食材を使っているせいか

まったく抵抗なく間食してしまいました~

 

0216ozio_3銀座に愛されたイタリアンを

有明の素敵なテラスを望む

空間で頂いてみませんか?

 

現在、辻シェフ就任記念のスペシャルコースメニュー

「フィレンツェ貴婦人」を期間限定で

開催中です(3/15まで)

 

 

国際展示場(東京ビッグサイト)からも歩いていけますので

是非足を運んでみてくださいね!

|

2011/02/21

マイセン展@サントリー美術館

110209

現在、六本木ミッドタウン内

サントリー美術館にて開催しております

「マイセン磁器の300年」展へ行って参りました

 

言わずと知れた食器メーカー「マイセン」

その歴史は今年で300年を迎えます。

マイセンが歩んできた進化の歴史が

年代ごとに作られた作品と綴られています。

 

マイセンの進化を語るには、

当時の「柿右衛門」との関連性を欠かすことができません。

最初は模して造られ

それが時代や土地の背景によって

マイセンのものとして

消化されていったという軌跡を追いながら

作品を見ることができるのは日本人の特権でしょうか。

 

折しも、先日の「日曜美術館」で放送されていたのは、

ゴッホが模倣をしながら自分の作風を

作っていったという軌跡。

 

そんな足跡をたどりながら2フロアにわたって展示されている

歴史を超えたマイセンの陶器たちを見ることができます。

 

それにしても、平日だというのに

思ったより混雑していて驚きました。

ゆっくりと、時間をかけて見られることを

おすすめしますので、

こころと時間に余裕をもってお出かけくださいね

 

http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol01/index.html

 

|

2011/02/20

[掲載情報(予告)] 日本ソムリエ協会会報誌「Sommelier」

日本ソムリエ協会が各月で発行しております

会報誌「Sommelier」にて

コラムが掲載されることになりました

 

私が、シャンパーニュ好きになるきっかけとなった

とっておきの1冊の本をご紹介しています

 

掲載されるのは、次号(3月20日発行)となります。

 

一般の書店には置いておりませんので

購読ご希望の方は

日本ソムリエ協会(http://www.sommelier.jp/

までお問い合わせくださいますよう

お願いいたします

|

2011/02/19

落語者

現在、さまざまな「和事(わごと)」がブームになっています

 

私の中でも、既に去ったブームと今現在訪れているブームがありますが

そのなかのひとつに「落語」があります。

 

昨年ブログでもご紹介いたしました

とあるパーティーで生落語を聞いて以来

落語に対する先入観がさっと洗われました。

 

日本語を操り、日本語を知るものだからこそ

楽しめる工夫が凝らされた伝統芸能

「落語」の楽しみを、今更ながら感じております。

 

先日、出張で乗った飛行機(ANA)の機内で

「落語チャンネル」を楽しみました

 

今月も2つの話が繰り広げられましたが

寝起きのジュリー、こと

桂三若の「生まれかわり」。

オチもわかりやすく、初心者向けです。

 

落語の噺家のすごいところは

なんといっても、一人の「声」だけで

登場人物のすべてを演じ分けるということ。

 

軽快に心の抑揚を演じ分けるのは

まさに「芸」ではないでしょうか。

 

テレビ朝日では深夜に「落語者」が復活しました。

 

日本人だからこそ楽しめる伝統芸能

「落語」を一度聞いてみませんか?

 

|

2011/02/18

ハッピーローズブーケの香り

Img_product_8066715444d38dd1618c0_2 

ピンクのバラは、お部屋に飾っておくだけでも

恋愛運がUPするそうです。

風水的に言われていることらしいのですが

特に、フレッシュフラワーを飾っておくことが良いみたいです

 

といっても、なかなか難しいわ・・

というかたは

ローズの香りを身にまとうだけでも良いのです。 

そこで、「Happy Rose Bouquet」ボディケアシリーズ

から出ているボディクリームがオススメ

 

ピンクローズの香りはもちろん、

淡いロゼ色のクリームはなめらかで

伸びもよく肌への浸透も良いのです。

お風呂上りの肌にとてもなじみよく

あっという間にバラの香りに包まれ、幸せ気分を味わえます

 

幸せを呼ぶ香りに包まれたい方は、是非お試しあれ!

 

 

イシュアコミュニティーサイトファンサイト応援中

|

2011/02/17

NO-MU-BA-RA

Img_6220979204d4269a10723f

先日、CONRAN SHOPで頂いた

「NO-MU-BA-RA」

天然ダマスクローズのローズウオーターです。

 

これを、150mlのお水で割って、頂くのですが

バラの香りに包まれ、思わずうっとり

香りの効果は絶大だな~と思います。

ローズにはデトックス効果もあるそうですよ。

ということは、朝に頂くのが良いようです。

 

藤原紀香さんや、松島菜々子さんなど有名女優も御用達

これからの朝の新習慣として

新・定番になりそうな予感です

 

飲む薔薇水 NO-MU-BA-RAファンサイト応援中

|

2011/02/16

整理整頓

Bio3_3 いつも気持ちよく整理されている

ということは

心の健康にもつながる。

・・・などと言ったりします。

 

Bio2冷蔵庫の中も然り。

ダノンビオを食べて応募すると

ダノンビオオリジナル専用ケース

当たるキャンペーンを実施しています。

ダノンジャパンのモニターに参加させていただき

このケースを頂きました。

引出し式になっているので取り出しやすく

また上に物を乗せてもOKという

なかなか便利な作りなのです。

Bio1 このパッケージについている

応募券(左下の部分)を

集めて送るのです。

 

キャンペーンについて詳しくはこちらから。

http://www.danone.co.jp/bio/pc/

 

BIOを食べてキレイになって、応募しましょう☆

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

|

2011/02/15

「ベネチアン6」展

0215c 

東京・恵比寿プライムスクエアにある

インテリアショップ「アルフレックス」へ行ってまいりました

 

本日まで開催されております

麹谷宏先生のグラスワークス展

「Venetian6(ベネチアン6)」を観に行って参りました。

 

店内にはアルフレックスのソファコーナーや

ダイニングテーブルにさまざまな

ガラス製のシャンパンクーラー(とシャンパン)が

レイアウトされていました。

 

実際に年に1~2度ベネチアの工房で制作をしているそうです。

ひとことでガラスと言っても

それぞれに違った表情を見せています。

ガラスに混じった雲母のキラキラがとても素敵

どれも素敵でとても一つに絞りきれないのですが、

アルフレックスの家具ごと

我が家に置いてみたい、と思いました

 

シャンパンクーラーとシャンパンのコーディネートも必見

いつか、私のコーディネートにお供していただきたい、

憧れの逸品です

 

0215venetian6_2

|

2011/02/14

St.Valentine's Day with bambi♪

0205_2

 

 

イタリアの中央・ウンブリア州にある

セント・バレンタイン教会は

愛を誓うため、愛を成就させるために

世界中の人々が集まる、まさに愛のパワースポット

 

当時の司教の教えに基づいて

イタリアでは「2月14日に恋人同士が

赤いバラを贈り合う」という風習があります。

贈りあうことによって愛を確かめ合うのです

愛の告白をする日本とは随分差がありますね・・・

 

これが、そのセント・バレンタイン教会公認

バラのリキュールです。ボトルや色も素敵。

香りももちろんバラの香りがして

とっても優雅な気分になれました

 

(お店の名前にちなんで

バンビと一緒に撮影してみました) 

 

 

|

2011/02/13

テーブルウエアフェスティバル2011③コンテスト優勝者

00205d

今年のテーブルウエアフェスティバルの

コーディネートコンテスト。

優勝者は満を持して

韓国の大学生5人組が受賞しました

 

このチームの

Kang Jin Juさん、Kim Mi Kyeongくん、Lee Jeong Namくんの

3人が会場に来ていました

 

メニューもきちんと日本のメニューで構成されており

ECOをテーマにしたコーディネートがされていました。

 

おめでとうございます~

 

 

テーブルウエアフェスティバルは東京ドームにて

本日まで開催されています。

是非会場に足を運んでみてくださいね

『テーブルウェアフェスティバル2011』に関しての詳細はこちらから
http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

|

2011/02/12

テーブルウエアフェスティバル・2011②黒柳徹子さん

00205b

テーブルウエアフェスティバル@東京ドーム。

このカワイイバラの照明は

黒柳徹子さんのお手製です

 

その証拠にこんな写真が↓展示されていました

00205

 

徹子さんカワイイです~

 

ニコライ・バーグマンさんのブースでは

スワンチェアがこんなことになっていました~ 

00205a

 

明日は、コンテスト部門の様子をお伝えします!

|

2011/02/11

[掲載情報] WEBサイト「プラス+ライフスタイル」

0211

本日より、

「プラス+ライフスタイル」2011.2月号が

掲載されました。

 

4年目を迎え、今月からリニューアルしたこのコラムは、

テーブルコーディネートと共に

簡単で、しかも素敵に見えるおもてなしのアイディアを

毎月、ご紹介しています

今回、使用させていただいた

テーブルクロスとおそろいのナプキンは

アレクサンドル・チュルポーの「フローレンス・レッド」です。

フランス製・麻100%です

 

0211a

今月は、初回とあって

フレンチレストランのパティシエの方に

一足お先に

バレンタインスイーツを作っていただきました!

どれも美味しそうでしょ

 

今月のコラムは

こちらよりお読みいただけます。

http://www.new-family.co.jp/readers/numbers/20110211/event/column/index.html

|

2011/02/10

テーブルウエアフェスティバル・2011①レイノー

00205c

東京ドームで開催中の

テーブルウエアフェスティバルへ

行って参りました

 

東京ドームのグラウンド全部を使って

海外・国内のさまざまな食器が

展示・販売されています

(上の写真は「レイノー」のブース)

 

著名人がコーディネートをするコーナーも毎年人気。

こちらにつきましては

後日またお伝えします!

|

2011/02/09

[掲載情報(予告)] 某メーカー商品PR用WEB撮影

0209

3月WEB公開予定の某大手メーカー商品の

撮影をしてまいりました

 

キッチンのある都内スタジオで

普段、お見せすることのない

私のお料理している様子を

撮影してまいりましたよ

 

最近、雑誌「EFiL」のレシピ掲載など

お料理関係のお仕事を頂くことが増えて

とても嬉しい限りです

 

詳しい内容については、3月の公開までお待ちくださいね。

公開日が決まりましたらまたお知らせいたします。

お楽しみに~

|

2011/02/08

イタリアワイン会@bambi②

0205b

齊藤シェフセレクトの

「VINO ROSATO(バラ色のワイン)」

に合わせたイタリアン

 

ムール貝のZUPPA、サフランのRISOTTOに続き

メインディッシュは

「熟成エゾシカ肉のカルパッチョ仕立て」

添えられているのは

自家製マヨネーズ、グリーンマスタード

パルメザンチーズに黒胡椒

煮詰めたバルサミコとオリーブオイル。

 

0205c

MIRABELLA社のフランチャコルタ・ロゼと

一緒に頂きました。最高においしい一皿でした

 

明日は、この日のセミナーで学んだ

イタリアのバレンタインについてお届けします

|

2011/02/07

イタリアワイン会@bambi①

0205a

イタリアワインを愛する人々のお誘いを受けて

富ヶ谷「bambi(バンビ)」にて行われました

ワイン会に行って参りました

 

今日のテーマは

「セント・バレンタインに由来するワイン」

 

イタリアではロゼワインとは呼ばず

「VINO ROSATO(バラ色のワイン)」と言うのです

齊藤克英シェフがセレクトしたワインとお料理を

心ゆくまで楽しみましたよ

 

0205d齊藤シェフは、イタリア料理の第一人者で

(某料理専門誌の編集長がイチオシ!)

イタリアのワインについても

とても詳しくわかりやすい

解説を加えてくださいました

 

今回のお料理とワインについては、明日お伝えします

 

|

2011/02/06

[掲載情報] WEBサイト「花のある暮らし2011・春」

0116a_2 

日比谷花壇とメルシャンのコラボレーションWEBサイト

花のある暮らし」の

2011年春バージョンがオープンしました

 

今回も、テーブル&フードコーディネート

兼モデルとしてあちこちに登場しています

 

こちらは、マンションの半地下のテラス。

約20畳ほどある広々とした空間で

ロゼワインを楽しもう!

というコンセプトのもと撮影されたものです

 

日本食ならではの、お寿司やお刺身などと

相性が良くなるように研究された

「フードマッチ製法」が採用された

メルシャン「Bistro」のロゼワインとともに

合わせたメニューは、

真鯛のカルパッチョ。

 

他のシーンでは、手まり寿司や鯖のバッテラなどとも

合わせているのですが、わいんと一緒に飲んでも

まったく生臭みを感じないのです。

 

しかも、今話題のペットボトル。

とっても軽くて、割れる心配もないので

お花見などに持っていくには最適です。

 

店頭で見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね

そして、こちらのページで

ぜひ一足早い春を味わってみてくださいね。

「花のある暮らし」 

http://www.hibiyakadan.com/gift/floralstyleliving/

|

2011/02/05

etvosのブラシ

Img_21047290984d33dfbe7a6d2_2

先日の雑誌「marisol」の撮影でもそうだったのですが、

ファンデーションをブラシでつけるということを

よく見かけます。

そこで

「etvos(エトヴォス)」の「フラットトップブラシ」を使ってみました

 

「marisol」のメイクさんは市販のリキッドファンデーションを

ブラシで軽~く伸ばして肌に乗せるように。

それだけで不思議と肌に必要な分だけ乗るのですって。

この「フラットトップブラシ」は

パウダーファンデーションやフェイスパウダーを乗せるのに使うのですが

さっと軽く乗せれば仕上げ用として

何回か繰り返せば、そのぶんしっかり肌に乗ってくれるという

便利なアイテムなのです。

 

自分のしたい仕上がりに合わせ

使い方を変えるだけ。

ひとつのアイテムで使い分けられることが嬉しいですね

ミネラルコスメのetvosファンサイト応援中

|

2011/02/04

立春

0204

今日は二十四節気の「立春」

暦の上では、今日から春です

今年も一年、良いことがありますように

|

2011/02/03

AROTENAのスキンケア

Lotion

暦の上では春でも

まだまだスキンケアは冬仕様。

トリプルヒアルロンでしっかり保湿できるのが

この「AROTENA(アロテナ)」です。

 

トリプルヒアルロン酸の他にもスクワラン配合。

さらに、「桜の葉エキス」がお肌を快適に保つのです

 

とろみのある桜色のローションは

肌にしっかりとなじみ

あっという間に入り込みます。

肌が欲しいと思った分だけ追加してあげると

より保湿力がUPしますよ

 

アロテナスキンケアファンサイト応援中

|

2011/02/02

バラ「シャネル」

Chanel_2 

2月に入りましたが

まだまだ寒い日が続きますね

 

ですが、わたくし、冬は大好きです

青空がどこまでも澄んで美しいことに加え、

花のモチがよいのも好きな理由のひとつです

 

バラなどは特に毎日お水を替えて

茎の先端をすこし切るだけでも

ぐんと持ちがちがいます。

 

毎日少しずつのことですが

こうするだけで

この季節なら1週間~10日は

楽しむことができると思います

 

我が家には、いま

この「シャネル」という名のバラがあります。

(買ってすぐの状態で写真を撮りました

雲の形のようでお気に入りの

イッタラ・アアルトベースに生けてダイニングに飾ってあります。

 

ピンクの花は風水では

恋愛運をUPさせる花と言われています

大切に扱って、長い間楽しみたいものですね

|

2011/02/01

映画「eat,pray,love」

0201

昨年9月に見た

映画「eat,pray,love(食べて、祈って、恋をして)」の

DVDが2月9日に発売になります

 

この映画は、ジュリア・ロバーツ演ずる

主人公のキャリアウーマンが「ある日突然」、

すべてを捨てて自分探しの旅に出る

というストーリー

 

この映画を見た後、偶然出会った女性から

実際にそれまでのキャリアを捨てて

インドで1ヶ月暮らした体験を聞きました。

私の友人も、同様にイギリスへホームステイしにいったり。

意外と、同様の行動に出る人が多いものです

 

そして、「ある日突然」とありますが、ここで解説。

当の本人にとってそれは以前から

なんとなくでもすこしずつ溜っていたことであって、

それが「満ちた」(時が来た)ので実行に移す、

ただそれだけなのです

ただ、周りの人はそのような過程(心の葛藤)を

全く知らないので「ある日突然」に見えるだけなのです。

・・わかりますか?

 

こういう行動に出るのは、女性だけなのでしょうか?

うーん。どうなんでしょう??

男子はどうですか?教えてください。

映画の内容について詳しくは

昨年映画を見たときのプレビューをご覧ください

http://seasonflowers.way-nifty.com/blog/2010/09/post-9e4e.html

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »