« DEAN&DELUCA 「2010 Holiday Special」 ② | トップページ | 美肌溶液「I'm PINCH」 »

2010/12/09

陰影礼賛

ここ数週間にわたり

私のベッドタイムのお供をしてくれたのは、

谷崎潤一郎さんでした

 

彼のエッセイを集めた本を

ベッドタイムストーリーとして

拝読させていただいておりました

 

代表作「陰影礼賛」は、主に

日本の「明かり」と海外のそれについて

違いを語っているのですが、

これは、現代でも全く変わりなくあるものです。

 

私自身、このエッセイを読んだ後で

ホテルやレストランや料亭に伺うと、

ちょっとその場の「明かり」を気にかけて

そして、谷崎はんの言うとおりやなぁ。と

心ではんなりとつぶやいてしまうのです

 

言葉を職業にしている方だけあって

鋭い視点で、無駄なく表現された文章ではありますが、

その端々に、彼自身の「人間性」を感じられる点があり、

そのことで距離がぐっと近づいて

一緒にその場を共にしている心持でまた

文章を読み進めることができるのです。

 

彼の小説よりもエッセイの方が好きです。

他にもいくつか読みました感想は、また後日お届けします

 

 

 

|

« DEAN&DELUCA 「2010 Holiday Special」 ② | トップページ | 美肌溶液「I'm PINCH」 »