« アフリカつばき茶 | トップページ | BLOTLANDのパン »

2010/12/15

最終回・谷崎潤一郎との夜

もうきりがないので

本日を「最終回」とさせていただきました。

 

難解な文章でないだけに

いろいろなことを

こちらが勝手に考えることが出来てしまう・・・

谷崎潤一郎、恐るべし!

 

今日のエッセイは

「懶惰の説」

↑変換で出ました!

「らんだ」と読みます。

 

このエッセイ、「なまけ」について記述しています。

私も、なまけものですので

きっと、おこられるのだなあ、と思っていたら、

谷崎氏自身もほんとうはなまけもの、といった

内容で、ほっとしました

 

結論!

「なまけもの」とは、東洋人の持っている性質なのだそう。

 

日本人で良かった!

 

なまけもの

AKI

 

|

« アフリカつばき茶 | トップページ | BLOTLANDのパン »