« ラシャス・ギルヴィック | トップページ | SATC2&スワロフスキー »

2010/06/27

リッツ・カールトン東京 LAUNGEBAR

0624

待ち合わせまでちょっと時間があるときは、

よくホテルのラウンジを利用します。

 

特にお気に入りなのは、こちらの

リッツ・カールトン東京のBAR。

エレベーターで45階へ上がると、そこには、

下界と隔離された空気と景色が広がっています

 

シャンパーニュの種類自体は3種類しかないのですが、

どれも、なかなか他のホテルやレストランの

グラスサービスでは目にすることのできないアイテムが

揃っています。 

 

0624a

本日は、プレステージでは「ベル・エポック」という名で

おなじみの「ローラン・ペリエ」より

「グラン・シエクル」という

グラン・キュベをいただきました。

シャンパーニュでも、特にそのメーカー内で

ブドウや製法にこだわって作られる

グラン・キュベは、味や泡が優しく、まろやかなので、

シャンパーニュの強い炭酸が苦手、という方にも

おススメです。

 

実は、こちらをおススメする理由の一つに

アルコール類と共に出されるアミューズが

美味しい!ということ。

オリーブカクテルは、仕入れたオリーブ漬けに

さらにオリーブオイルやハーブに漬けこむという

ひと手間加えることで、

味わい深く、また、酸っぱくないように仕上げています。

 

もう一種、

ターメリック味とワサビ味のビーンズも

リッツらしからぬ?、でも日本人のツボを抑えたところで

意外なマリアージュが楽しめます

 

こんな楽しみがあるリッツへ、臆せず行ってみてください。

そして、

過ごす贅沢な「プチ時間」を味わってみてくださいね。

|

« ラシャス・ギルヴィック | トップページ | SATC2&スワロフスキー »