« Le coup de couer! 「桜えびの炊き込みご飯」 | トップページ | Bistro ne 18区 »

2010/05/19

ボストン美術館展

0518c

六本木にて開催されております

ボストン美術館」展へ行ってまいりました

 

アメリカ・ボストン美術館は、現在大規模な改装を行っており、

その間を利用して約80点のヨーロッパ絵画が日本に上陸。

名の知れた画家たちの名作が一度に見られるとあって、

会場は混雑していました。

 

通常、美術館では、作者ごとや年代ごとに

分類して展示されているのが普通ですが、

この展覧会では、「風景画」「肖像画」などといったくくりで

展示するという新たな試みがされているのにも注目です。

 

0518a レンブラントが生涯で

3対しか描かなかった全身肖像画。

その1対が揃って日本初公開

というコーナーでは、

人だかりができていました。

 

 

 0518

この、モネ

「ヴァランジュヴィルの崖の漁師小屋」は、

販売コーナーのリトグラフでは、

ダントツの人気№1でした。

 

0518b 晩年のゴッホが描いた

「オーヴェールの家々」

荒々しいタッチが

力強い作品です。

 

 

 

そのほかにも、見どころはたくさん

会場内の解説も多く、また、分かりやすいので

一緒に読みながら進むことをお勧めします。

(読むのが面倒な方は、

鹿賀丈史さんの音声ガイドをどうぞ!)

 

「ボストン美術館展」

http://www.asahi.com/boston/

~6/20まで

森アーツギャラリーセンター@六本木ヒルズにて

開催中です。

|

« Le coup de couer! 「桜えびの炊き込みご飯」 | トップページ | Bistro ne 18区 »