« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

my drap(ミドラップ)

0524 

さて、これは何でしょう?

先日DEAN&DELUCA六本木店で発見した

いま、私のいちばんのおススメアイテムです

 

0524a_4その正体は、スペイン生まれの

ロール状になっているランチョンマット

1枚ずつのところにミシン目が付いているので

まるでキッチンペーパーのように

ピリピリ・・と切り離すことができるのです。

ロールのまま持ち歩けるので、

アウトドアや持ち寄りのホームパーティーなどでも

気軽に使えますし、

これまでこういうときは「紙ナプキン」しかなかったので、

ちょっと高級感もあって、見せびらかしたくなる便利さ

さっそく重宝しています

 

しかも、

素材はコットン100%なので、洗濯も可能です

5回くらいはOKということなので、

使い捨てでないところも安心・ECO的

 

0524b_2ということで、

ヨーロッパの高級レストランでも

実際に使われており、

いま話題の逸品なのです。

この春から、日本に上陸

大きさや色も何種類かありますよ。

 

この週末、高感度なインテリア系セレクトショップの

何件かで見かけましたが、

DEAN&DELUCAでは現在の在庫が終了次第、

再入荷の予定が無いとのことです!

急いで~

|

2010/05/29

社会貢献とジュエリー

季節の変わり目には、ジュエリーも衣替え。

秋冬に使っていたゴールドジュエリーから、

涼しげなプラチナジュエリーへと、

チェンジしたくなりますね

 

ジュエリーブランド「4℃」より、夏の新作ジュエリーが到着です。

しかも、こちらは

日本水フォーラムとのコラボプロジェクト

「AQUM PROGRAM」の一環で

4℃のチャリティージュエリーとなっており、

こちらを購入することで

深刻な水問題を抱える発展途上国の女性を継続的に支援する活動に

参加できるというもの

今回の「LOVE AQUA FAIR」にはスペシャルサポーターに

上村愛子さんが就任されています。

 

私が行っている社会貢献のひとつとして、

SAVE THE CHILDREN」がありますが

こちらの活動も見逃せませんね。

 

社会貢献と聞いていつも思い浮かべることは、

どんな目的であっても、

その根源にあるのは「LOVE」

みんなの愛の力で、世界を救いましょ

(↑「蝶々」風

|

2010/05/28

@新神戸

0528a

新神戸駅

これからお仕事です。

新幹線の駅なのに、とてもちっちゃくてカワイイ駅です

すぐ近くに、山も海も見えて

駅に隣接してロープウエーがあったり。

お仕事でなければ、いろいろ歩き回って探索してみたい~、

と、駅に降り立っただけで

そう思えてしまいました

 

|

2010/05/27

JR東海@東京駅

0528

お仕事で、新神戸に向けて出発です

|

2010/05/25

ふたたび、GUCCI CAFE

0523

銀座4丁目の交差点近くにある

「GUCCI CAFE」は

最近の私のお気に入り

 

窓際の日差しが入る特等席で

のんびりと過ごします

 

GUCCI CAFEでのおススメは

GGマーク入りの「ショコラ」たち

今日は

ラズベリーとモカ(コーヒー)をいただきました

 

使っているリネンやグラスなどの小物にも

GUCCIの雰囲気たっぷりです。

 

お買い物中に歩き疲れたら、是非お立ち寄りください

|

2010/05/24

時折思うこと。

0521

 

 

 

花そのものが持っている

色・形・質感・・・

全てが完成された美。 

 

見つめ続けていると

不意に、

完成された美しさの

偉大さに改めて気付き、

また

その美しさを

自分が忘れていたことに

気付かされます・・・。

 

自然の美に感謝

|

2010/05/23

Platinum Wedding Party

0522a

パーティープランナー集団・「un party produce」

プロデュースによるパーティー

「Platinum Wedding Party」へ行ってまいりました

 

こちらは、ウエルカム・ドリンクでサーブされた

ルイ16世も愛したリキュール・

「Chambord」(シャンボール)

ベリー系だけど甘すぎず、オトナな味わい。

私のrecommendです

 

0522  「オペラ座の怪人」をテーマに

しつらえられた会場では、

本物のオペラが目の前で上演されたり、

ゲストが皆で楽しめるダンスタイムがあったり・・・

 このゴージャスなゴールドのプレートは

Luzerne(ルザーン)」 というブランドを使用しています

0522b五感のすべてをつかって

大人が心から楽しめる

上質なパーティーでした

|

2010/05/22

大阪出張

早朝の新幹線で大阪出張です

今回もあいにく日帰り

なかなか大阪の夜&グルメを楽しめない私です‥

|

2010/05/21

食空間プロデュースの先生です。

0521a 
今日は都内某所にて講習会の先生を務めました。
(口笛を吹いているのではありません
講座では、食空間コーディネートについてのレクチャーや、
ときには実習を交え、主に
テーブルコーディネートについての基本を学んでいただきました

|

2010/05/20

Bistro ne 18区

0520c 

四谷の住宅街の隠れ家ビストロ

「Bistro ne 18区」へ行ってまいりました

 

市ヶ谷経済新聞にも「おひとり様でも気軽に利用できるビストロ」と

紹介されました。

 

0520_2 フレンチシェフ歴40年!を経て

満を持して自店をオープン

笑顔の素敵なマダムと共に

店内にはほんわかとした

心地よい空気が流れています

 

0520e こちらの魔法の厨房から

次々と美味しい幸せメニューが

産まれます。

ボードに書かれているのは

その日の食材をつかった

豊富なおススメメニューたち

0520a訪れるたびに新しい味に出会えます

 

定番メニューからも

このオリーブやパテは鉄板です。

ちなみに、マダムがワインもリーズナブル

で、もう言うことなし

 

ワインもお料理も大好きな

くいしんぼうさんをお誘いして行きたいお店です 

 

ただし、

カウンター含め全12席しかないので

事前に予約をおススメします。

03-3351-8765)

 

今後はランチ営業も視野に入れているとか

とても楽しみです

 

|

2010/05/19

ボストン美術館展

0518c

六本木にて開催されております

ボストン美術館」展へ行ってまいりました

 

アメリカ・ボストン美術館は、現在大規模な改装を行っており、

その間を利用して約80点のヨーロッパ絵画が日本に上陸。

名の知れた画家たちの名作が一度に見られるとあって、

会場は混雑していました。

 

通常、美術館では、作者ごとや年代ごとに

分類して展示されているのが普通ですが、

この展覧会では、「風景画」「肖像画」などといったくくりで

展示するという新たな試みがされているのにも注目です。

 

0518a レンブラントが生涯で

3対しか描かなかった全身肖像画。

その1対が揃って日本初公開

というコーナーでは、

人だかりができていました。

 

 

 0518

この、モネ

「ヴァランジュヴィルの崖の漁師小屋」は、

販売コーナーのリトグラフでは、

ダントツの人気№1でした。

 

0518b 晩年のゴッホが描いた

「オーヴェールの家々」

荒々しいタッチが

力強い作品です。

 

 

 

そのほかにも、見どころはたくさん

会場内の解説も多く、また、分かりやすいので

一緒に読みながら進むことをお勧めします。

(読むのが面倒な方は、

鹿賀丈史さんの音声ガイドをどうぞ!)

 

「ボストン美術館展」

http://www.asahi.com/boston/

~6/20まで

森アーツギャラリーセンター@六本木ヒルズにて

開催中です。

|

2010/05/18

Le coup de couer! 「桜えびの炊き込みご飯」

今年も旬の季節がやってきた「桜えび」

外食・中食問わず

食材の「旬」が大好きなワタクシにとっては、

この「桜えび」の季節も大好きなのです

 

たとえば、今年は、外食だけでも

パスタ、かきあげ、フリットを頂きました

 

0516そして、家では

「桜えび」を使った炊き込みご飯に挑戦。

購入したのは、成城石井の「駿河湾産桜えび」。

店内にあったフライヤーのレシピを、

少々アレンジして作ってみました

 

「桜えびの炊き込みご飯」

 

<材料>

成城石井の「駿河湾産 桜えび」 1/3袋

米2合

生姜ひとかけ

万能ねぎ 1/3袋

(あれば)オイスターソース 大2弱

ごま油、醤油、酒、塩、白ゴマ

<作り方>

①フライパンにごま油大2とみじん切りにした生姜・葱を入れて点火。

香りが立ってきたら、桜えびを入れさっと混ぜ合わせる。

②洗ってざるに上げておいた米を入れ、軽く混ぜ合わせたら炊飯器へ。

③オイスターソース、醤油小1(オイスターソースが無い場合は大1)

酒大1、塩少々を入れたのち、

炊飯器の目盛りより少々多めの水を加え、スイッチオン!

④炊きあがったら、白ゴマをトッピングして完成です!

 

*手間を惜しまない方は、ル・クルーゼやストウブ鍋で

炒め、そのまま炊きこむと、さらに美味しさUP!ですよ

 

成城石井の「駿河湾産 桜えび」は

一匹がとても大きく、またふっくらとしています。

よ~く見ると、見ごろの部分の殻だけが外されているのです。

丁寧な手仕事がされた高級桜えびですが、

そのぶん、香りや味は言うこと無し

 

食材にしっかりこだわって作ることで、

結果的に失敗も少なく済むのですよ

是非、この機会にお試しくださいませ~

|

2010/05/17

MOET☆スペシャル・ディナー②

0505d

 

シャンパーニュ「モエ・エ・シャンドン」の

醸造最高責任者をお迎えしての

ディナーパーティーへ行ってまいりました

 0505a_2

今日のシャンパンのラインナップは

豪華絢爛

 

ウエルカムは、「グラン・ヴィンテージ2003」

シャンパンにしては珍しく黒ブドウの比率が多いためか、

よりエレガントな味わいを感じました。 

 

ソフトな印象の「グラン・ヴィンテージ ロゼ 2003」

に続いては、 

既に、レア・シャンパンとなっている

「グラン・ヴィンテージ マグナム 2000」

(マグナムとは、通常の倍の量が入ったボトルのこと。

同じヴィンテージでも、味わいも香りも違うのです!)

 

最後は、さらに熟成を重ねて発売される

「グラン・ヴィンテージ コレクション 1995」

もちろん、全4種類全てMOETです

 

まだまだシャンパンを飲み続けていたかったのですが、

楽しい時間はあっという間

素晴らしいお料理とディナーで幸せなひとときを過ごしました

 

|

2010/05/16

MOET☆スペシャル・ディナー①

0505moet

シャンパーニュの大御所「モエ・エ・シャンドン」が

主宰するプライベート・ディナーへお招き頂きました

 

こちらは、モエ・エ・シャンドンの味を決める

シェフ・ド・カーブ(醸造最高責任者)である

ブノワ・ゴエズ氏。

 

0505b

今日のディナーでは、光栄なことに、

隣のお席でお食事させていただきました

 

0505e場所は、有明にあるこの建物

「東京ベイコート倶楽部」。

会員制で普段は入れない特別な空間です

 

0505maldamour 会場となったのは、上層階にある

フレンチレストラン「マル・ダムール」。

パリや東京トゥール・ダルジャンで

腕をふるっていたシェフの

0505c_2見た目にも美しいフランス料理をモエの

グラン・ヴィンテージ*と共に

いただきました

 

*グラン・ヴィンテージとは・・・

シャンパーニュは普通「ノン・ヴィンテージ(NV)」で発売されています。

これは、ワインと違い、様々な年に収穫したものを

ブレンドして、毎年同じ味に仕上げているからです。

 

しかし、良いブドウが出来た年に限り、「ヴィンテージ」といって

その年に収穫されたブドウだけを使い、シャンパーニュを作ります。

グラン・ヴィンテージとは、特別なシャンパンなのです

 

・・・長くなってしまったので、

続きは、また明日

|

2010/05/15

週末はチーズとともに

0513_2

週末に欠かせないものといえば、

ワイン

共に楽しむシャクータリー(おつまみ)。

今夜はハードチーズを3種、買ってきました。

ワインを飲みながらでも食べやすいように

キューブにカットしておくのがAkiko流

 

左から

イタリアの「グラナ・パダーノ」

パルミジャーノチーズのリーズナブル版。

気軽におつまみにするには、こちらがおススメ。

フランスの「ミモレット」は

熟成期間によって味わいが変わります。

長熟のものはカラスミのようなコクが。

オランダの「ゴーダ」は

ほくほくした食感と優しい甘みが特徴です。

 

チーズが残ったら、きざんでサラダやパスタに加えてもOK

是非週末はハードチーズをお楽しみくださいね

|

2010/05/14

「37 STEAKHOUSE&BAR」

0514a

六本木・けやき坂の「37 STEAKHOUSE&BAR」へ

行ってまいりました

グランドハイアットの向かいの2階にあります。 

 

最近、我が家の「家食」では

ブロックのお肉をダイナミックに調理することが

流行っています

ブロックで購入した肩ロース肉に

荒挽きの岩塩と胡椒をガリガリ・・とまぶして焼く!という

まさに「肉食系」

時には、タイムやローズマリーなどのハーブを加え

オリーブオイルでマリネしたり、

スペアリブに甘辛いソースを絡めて炭火で焼いたり・・・

 

前置きが長くなりましたが・・・

0514オーストラリアの熟成牛を

美味しく頂けるのがこちらの

「37 STEAKHOUSE&BAR」

 

ハウスワインもオーストラリアのペンフォールズというコダワリ

ステーキハウスのハンバーガーってなぜかとても美味しいのですが、

こちらも例外ではありません。

テラス席も気持ち良し是非おためしくださいませ

 

「37 STEAKHOUSE&BAR」

http://www.37steakhouse.com/

|

2010/05/12

DEAN&DELUCAのお料理教室・4月編

0512

DEAN&DELUCAの六本木店@六本木ミッドタウンにて

開催されておりますCOOKING CLASS。

今年から、クラスも増えて、

ますますパワーアップしていました

 

4月のレッスンは「SEASONAL ITALIAN」と題して

私の大好きな「旬」の食材をたくさん取り入れた

イタリアンメニューを学んでまいりました。

 

講師は、DEAN&DELUCA総料理長・村上シェフ(左)

デモンストレーションでは

包丁片手に、楽しいトークとともに、

次々とメニューが出来あがっていきます!

  0512d

こちらのレッスンは、

実習が無く、デモ→試食という

流れになっています。

「実際に作れないと物足りないのでは?」

0512a_3というかたもいらっしゃると思いますが、

私はむしろ、このスタイルが好み

というのも、

メニューの味やイメージを

0512b_2しっかり自分に取りこんでから作れるので、

最初からブレが無く、ゴールまでまっしぐら。

自分で作ってもより

完成度が高く仕上がるのです

 

0512c 今日は、デザートタイムにバリスタが

目の前でラテアートを披露

発売前の新商品など、

このようなサプライズが登場することもしばしばです!

 

DEAN&DELUCAの味がフルコースで楽しめるのは、

このクッキングクラスだけです。

是非一度体験してみてくださいね☆

 

 

 

|

2010/05/11

Uchi Cafe SWEETS

ホントにたま~になのですが

「どうしても甘いものが食べた~い!」

という衝動に駆られることがあります

 

特に、帰路についている途中は危険信号

コンビニにふらりと寄ると、最近特に、

たくさんの本格スイーツが並んでいて幸せ気分

 

今日は、ローソンの「Uchi Cafe SWEETS」に初挑戦。

プラチナケーキシリーズは毎週新作が発売されており、

どれにしようかしばし悩み・・・「クリームチーズケーキ」に決定

 

0511 上から3層になっていて、

ホイップクリーム

なめらかレアチーズケーキ、

そしてベースには、

スポンジでなく「焼きチーズケーキ」が使われているところが

ポイント高し

いつも「レア」か「焼き」か悩む私にとって、

まさに救世主的存在を見つけました

 

しかも、チーズにはあのクリームチーズの定番

「Kiri」チーズを使っているので、味も香りも

コンビニとは思えない高品質しかも、値段は210円

 

見た目にもかわいく、美味しく、リーズナブル。

いつでも近くで買えるスイーツがあるという安心感

コンビニだからといって侮ってはいけません

百聞は一見にしかず。

是非一度この味を体験してみてくださいね

 

|

2010/05/10

マネ展

0507a

4月6日にオープンした美術館

「三菱一号館美術館」へ行ってまいりました

 

丸の内仲通り沿い、丸の内ブリックスクエアに隣接して

建っている美術館。

オープン前から話題になっていただけあって、

とても混雑していました。

 

これまでにも、

オルセー美術館などで見かけてはいたのですが、

マネの作品ばかりを集めた美術展に行くのは

今回が初めてです。

 

0507 なかでも、私が注目したのは、こちらの

「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」に

代表される画家・ベルトモリゾを描いた

一連の作品たち。

 

自らも印象派の画家であった彼女は

のちにマネの弟と結婚しますが、その直前の2年間に

彼は彼女を描き続けています。

そのうちの5作品をこの会場で一度に見ることが出来ます。

 

0507b 他には、マネが描いた

「ネコ」もかわいくておススメ。

 

途中、美術館の渡り廊下から見える

庭園の緑もキレイです

 

 

三菱一号館美術館

「マネとモダン・パリ展」は7月26日まで開催中です。 

http://mimt.jp/manet/index.html

|

2010/05/09

GUCCI CAFE

0510a

銀座・GUCCI内にあるカフェ、

「GUCCI CAFE」をご存知でしたか?

銀座中央通りの交差点にも近く、

待ち合わせにもとても便利な場所にあります

 

0510b 午後の日差しが気持ちよく、また、

ゆったりとしたレイアウトの店内で、

スプマンテをいただきました。

四角いグラスが珍しく、またグッチっぽい☆

静かな空間で本を読みながら

待ち合わせまでの時間をのんびりと過ごしました

意外なことに、

午後3時までサンドやリゾットなどの軽食が頂けるランチセットや

デザートとドリンクセットがお得な時間帯もあります。

 

0510 今回は、ショコラをいただきました。

とっても濃厚で、食べごたえがあって

びっくり。スプマンテとも良く合いました

|

2010/05/08

「The Good Night(恋愛上手になるために)」

0506

グゥイネス・パルトロウ、ペネロペ・クルス

マーティン・フリーマン、ダニー・デビート

出演の映画「The Good Night(恋愛上手になるために )」

を観ました

 

この映画は、グゥイネス・パルトロウの弟である

ジェイク・パルトロウの初監督作品。

 

過去にバンドで1曲だけヒットを飛ばしたが

現在は、やる気のないスタジオミュージシャンの仕事をしていて、

私生活でも長年同棲している恋人ともマンネリ中、といった

パッとしない日々を過ごしていた主人公のゲリー。

そんなある日、夢で理想の女性と出会い、

彼は次第に夢の中の世界にのめりこんでいく・・

というストーリー。

 

夢の世界と現実の世界が入り混じって来るあたりから、随分

ミステリアスな展開に・・・。

それでも、映画の最後にはきちんと

現実に向き合って解決していくところに

希望が見える映画です

 

ペネロペ・クルスの白いタキシード姿がカッコイイ

機会があったらいちど試してみたいと思いました

 

 

|

2010/05/07

FOREVER21!

4月末にオープンした「FOREVER21

日本2号店目となる銀座店へ行ってまいりました

 

1号店は原宿、ラフォーレの並びにありますが、

こちらがオープンしたのがちょうど一年前。

銀座店は、銀座松坂屋の一角の

1~5階をすべて貫いているという大胆なフロア構成

1~3階はレディス、4階がメンズ&キッズ、

5階はバッグやシューズ、アクセサリーなどの小物

すべて、「フォーエバー21」

 

ショップが縦に分かれているので

思ったほどの混雑に感じられませんでした。

レジも各フロアにあるので並ぶ時間が短く済みました

 

0508 今日のお買い物は、

5階のアクセサリーフロアで

ヘアアクセサリーを購入しました。

カチューシャを3本買って、合計730円です

 

お店を出た銀座の通りには、

黄色いショッピングバッグを持っている人たちが

たくさん歩いていました

 

<フォーエバー21銀座店>

TEL:03-3289-2601

〒104-8166

東京都中央区銀座6丁目10番1号

銀座松坂屋1~5階

☆WEBショッピングもできます☆

http://www.forever21.co.jp/

|

2010/05/06

市井の山居(Shisei no Sankyo)展

0509 銀座にあるメゾン・エルメス・ギャラリーにて

開催されております

「市井の山居」展へ行ってまいりました

 

作者は元総理大臣・細川護熙氏。

政界を引退後は、湯河原へ居を移して

芸術活動をしています。

現役のころより芸術に精通した方だと

伺っておりましたが、

陶芸、絵画、書など表現方法は様々。

 

素材や製法の枠など軽々と乗り越え、

自分が表現したいことを表現できる

最適な方法を選びぬいています

ですが、

決して自由奔放というのではなく、

それぞれの世界にある「基本」や「セオリー」は

きちんと守られています。

知識の幅がなせる業ですね。

 

今回注目すべきは

油絵と墨を併用して描いた作品「達磨」2作品と、

茶室「亜美庵杜」(A bientot=アビアントゥ)

仏語で「またね!」の意味を持つ、なんとも粋なネーミングです。

 

また、

この会場を囲む四角い外壁のガラスが

「お城のお堀に見えた」という細川氏。

そこで、会場に合わせてお城の絵を制作したり。

この絵を掛けた高さも見ものです。

会場の奥、

角にちょこんと座っている童子像までたどり着いたら

後ろを振り返ってみてください。

良い具合にお城が見えますよ

 

 

素材やジャンルの違いなど関係なく、

ひとりの人間のもつ

「センス」というフィルターを通して、

ひとつの「ブランド」として表現される―。

 

偶然にも

私の望んでいる表現方法と同じ方法で

芸術活動をしていらっしゃる細川護熙氏。

この展覧会を見ることによって、(誠に勝手ながら)

初めて身近に感じることが出来ました

「市井の山居」 細川護熙展

~7/19迄

メゾンエルメス8階フォーラムにて開催中です。

|

2010/05/05

スティック・スタイル・ワイン

0502aスティック・スタイルのワインをご存知ですか?

これは、こんなパッケージに入った

オシャレなワイン

こんな形でのワインギフトを頂いたら、

とてもセンスの良い人と思われること間違いなし

個人的には、

シャンパーニュの発売を心待ちにしています

 

0502 

 

さて、このたび、

母の日向けのギフトとして

フラワーデザイナー

ニコライ・バーグマン氏の代表作

フラワーボックスとコラボした

期間限定アイテムが登場しています

 

新宿伊勢丹にてお取り扱い中です。

是非チェックしてみてくださいね!

|

2010/05/04

マンダリンホテル・センス・ティーコーナー

0504 

  

0504c日本橋・マンダリンホテルにある

チャイニーズ「センス」

このレストランに併設されている

カフェをご存知でしたか?

 

それが、この「センス・ティーコーナー」

レストランの利用が無くても、だいじょうぶ。

さすがマンダリンホテルとあって、

中国各地の特色あふれる中国茶と

本格スイーツが頂けます

 

0504b メニューにはずらりと中国茶の名前と解説が。

読んでいるだけでどれもいただきたくなります。

食後はプーアールもよいと思いますが、

今回は、カフェだけの利用ということもあり、

花茶を頂きました

グラスの中で、ゆっくりと花開いていく様子が美

ちなみに、こちらのグラスは

ツヴィーゼル社の「DIVA」というシリーズ。

(注:ただし本来ワイングラスなので耐熱使用ではありませんので

ご注意を!

中に包まれている千日紅の赤い花が見えたら飲み頃です

 

デザートは美容食・亀ゼリーをオーダー。

真っ黒いゼリーがどうやって美しく盛られてくるのかしら?

0504a・・・と思っていたら、こんなにキレイ

フルーツポンチのように

ドラゴンフルーツやイチゴ、キウイなど

カラフル。しかも、やわらかいお餅もはいっていて、

・・・まるで「みつまめ」

の豆のような存在で亀ゼリーのキューブが入っているのです

 

遠くにはレインボーブリッジも見える眺めの良いカフェ

午後2時半からは豪華ハイティーも頂けます。

地上から離れて異次元の世界を時間を気にせず楽しめる

「センス・ティーコーナー」おススメです 

|

2010/05/03

サキドリ!母の日

0503

5月第二日曜日は「母の日」です

もう「母の日」の贈りものは決まりましたか?

特に今年は、長いGWを取られた方にとっては

最終日と重なることもあって、

忘れてしまっているかたもいるのでは

 

ゴールデンウイークに特別な予定が無い方は、

母の日を先取りしてはいかがでしょう?

 

いつもよりゆっくりとケーキを選んで

母の日より空いているお花屋さんで

のんびりと好きな花を選んでみるのもいいですね

 

私も母の日を先取りして

色とりどりのカーネーションを選んでみました。

オレンジ、ピンク、イエロー、グリーン・・・

すべてを淡い色調で統一しましたが、

それでも随分といろいろな色があるのに驚きです

 

ひと足早い「母の日」パーティー、おすすめします

 

 

|

2010/05/02

Bernini(ベルニーニ)

麻布十番のイタリアン「ベルニーニ」へ行ってまいりました

 

小さな扉の入口の割に、意外と広い店内

木目張りの床が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

開店直後に入ったにもかかわらず、

店内はほぼ満席人気のほどがうかがえます

 

ランチはボリュームによってコースを選べますが、

パスタのボリュームが多いと聞き、前菜+パスタのセットに。

フォカッチャと食後のドリンクも付いて\1260也。

 

0422a 前菜は

「ロメインレタスのソテー」をチョイス。

軽く焦げ目がついて香ばしい仕上がりに

また、オリーブオイルと

たっぷりかかったパルメザンチーズとの相性は抜群です

シンプルだけど、美味しかった!

 

0422 パスタは、こちらもシンプルに

ボロネーゼをチョイス。

ビーフ100%の味と香りが

しっかりソースに溶け込んで、

食べ応えあり!の一品でした

 

駅出口からすぐのところにあるので、待ち合わせにも便利

お天気が悪い時も、ほとんど歩かずに済みますので、

おススメですよ

http://www.bernini.jp/

|

2010/05/01

ミュゲの日

0501

今日、5月1日は「ミュゲの日」

 

「ミュゲ」とは、フランス語で「スズラン」のこと。

 

大切な人にスズランを贈り、その人の幸せを願うという日です。

 

もちろん、自分に贈るというのも素敵

 

スズランの甘い香りを嗅ぐだけで幸せを感じられますよ

(自称)「ミュゲの日」普及委員会会長・加東亜希子

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »