« 食空間コーディネーターのお仕事・撮影編 | トップページ | テーブルウエアフェスティバル2010 »

2010/01/13

虞美人草

0114a  虞美人草(ぐびじんそう)という

お花の名前を聞いたことがありますか?

別名「雛罌粟」「Shirley Poppy」とも

呼ばれるお花です。

 

またの名を「ポピー」「けしの花」。

といえば、ピンと来る方も多いのではないでしょうか?

「雛罌粟」は「ひなげし」と読むのです。

 

花が咲くまえのつぼみは、産毛の生えた殻に守られていますが、

この殻が自然に割れて、中から色とりどりの花が咲きます。

殻が破れるまで中にどんな色の花が隠れているのか、

まったく分からないというのがユニークですよね

 

花言葉は「七色の恋」

恋は落ちてみないと、その恋はどんな色かわからない・・・

という意味でしょうか?

きっと、この咲きかたの特徴から生まれた花ことばなのでしょうね

 

0114c買うときはつぼみの状態でも、

翌朝にはこんなに開花

あっという間に次々とお花が開いてきますから、

つぼみを買って、何色が咲くかしら?

と予想しながら楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

|

« 食空間コーディネーターのお仕事・撮影編 | トップページ | テーブルウエアフェスティバル2010 »