« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

2009年→2010年

S_message_2   

今年も当ブログにお越しくださいまして

ありがとうございました。

2010年も引き続きご愛読のほど

よろしくお願いいたします

加東亜希子

|

2009/12/29

ニュイ・ドール

1227a 本日は、「Familia Oriveda(ファミリア・オリヴェダ)」

というスペインの

ロゼ・スパークリングワインを頂きました

 

1227bそれに合わせて一緒に頂いたのが、

このウオッシュ・チーズ

le Nuits d'Or」・・・夜の金??と思ったら、

そうではなく

ニュイ・サン・ジョルジュという地方で作られた

チーズなので、「金のチーズ」といったところでしょうか? 

 

1227塩水で洗った牛乳製のチーズ。

外皮はねばっこく、香りはかなり強いですが、

味はとてもとマイルド。

チーズと人間は見た目では判断しきれませんね・・

 

1227c 合わせるワインは同じ地方で作られた

ブルゴーニュのコート・ド・ニュイが

最高のマリアージュのはずです。

しかし、今回はまだ熟成も若く、さっぱりとした

お味だったので、この選択もなかなかでしたよ

 

是非、「賞味期限間近」=「完熟・食べごろ」のこのチーズに出会ったら

コート・ド・ニュイの赤ワインと試してみてくださいね

私も次回試してみたいと思います

|

2009/12/28

チューリップ・キースネリス

1228 春を告げるお花、チューリップが

お花屋さんを彩っています

お正月のお花を、と思って足を運んだはずでしたが、

なぜか本日はチューリップを選んでしまいました。

お正月を超えて、もう気分は春のようです

1228aこれは、「キースネリス」という品種で、

花言葉は「恋の宣言」です

・・・春は出会いの季節だからでしょうか?

オレンジがかったピンクに黄色い挿し色がキレイ

リビングが一気に明るくなりました

|

2009/12/27

Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち-

1224 恵比寿ガーデンプレイスへ行って参りました

中央広場にはもうすでにおなじみとなりました

バカラのシャンデリアが展示されています。

1224b昼間もきれいだけど、やっぱり、シャンデリアに明りの灯った

夜のほうがキレイです

でも、上手く写真を撮るには難しかったです・・・

Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』は

1月11日まで公開中です。

|

2009/12/26

クリスマスパーティーのお仕事

1224a_2 都内・皇居のお堀のすぐ近くの

レストランで行われました

クリスマスパーティー

会場装飾をして参りました

 

 

1226_3 ゲストテーブルには、  

オーナメントボールを使った

クリスマスリースと

キャンドルを置いて 

意外にも会場のおじさまたちに好評でした

これらのリースはすべて

1226bゲストの皆様にお持ち帰りして頂きましたよ

 

会場のチェアーのすべてには

今年一年の感謝の気持ちを込めてひとつひとつリボンを結びました

 

1226c お料理も逸品

仕入れてから丁寧に熟成させたビーフを、

パーティー会場で、シェフが目の前で

ステーキを焼いてくださいました美味

ワインも美味しく頂いて

楽しいクリスマスでした

1226d

クリスマスが終わると、あっという間に

年末モードに突入します。

インフルエンザなどにお気をつけて

お過ごしくださいませ

|

2009/12/25

MERRY CHIRISTMAS☆

1225 Happy Merry Christmas

 

今年のクリスマスが

素敵な一日に

なりますように

|

2009/12/24

木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン展③

1223d_2 今日は、アンリ・カルティエ=ブレッソン

コーナーについてお話します

 

2004年95歳になるまで生涯写真家だった彼は

ロバートキャパなど共に写真家集団「マグナム」を設立し、

報道写真の先駆者でした。

また、自身の写真集では写真を芸術の域にまで高めた存在として

世界中の写真家に多大な影響を与えた人物・・・だそうです。

 

1223b_2 この人は、ジャン・ポール=サルトル。

展示では、マティスやココ・シャネルなど

数多くのポートレートもありました。

 

木村伊兵衛にも共通するのが

構図の面白さでした。

一見、余計に見えるものを入れていることで

場景の説明がされており、逆にタイトルなど無くても良いのです。

なるほど報道写真的な

 

その彼が93歳当時に彼の半生と作品について語った

映像作品「The Impassioned Eye(瞬間の記憶)」が

年明け10日間限定で上映されるそうです

これ、絶対に見逃したくない!です

(展覧会の半券を持っていると、割引価格で見られますので

捨てないで取っておきましょうね

 

展示会場では

フィルムの「コンタクトプリント」が公開されています。

要は、1本のフィルム丸ごとプリントしてあるもので、

「この写真を撮る前後に何を撮っていたか?」

「同じ場所で撮ったなかでどれがテイクになったのか??」

など分かり、足跡的なものが読み取れるのです

これも、フィルムならではの企画。それだけに味わい深くもあります 

今回見た木村伊兵衛の「パリ、地下鉄入口」は好きな写真でしたが、

その前後が分かってとても興味深い展示でした。

1223e 「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン

 東洋と西洋のまなざし」展は

恵比寿の東京都写真美術館にて

来年2月7日まで公開中です 

http://www.syabi.com/details/kimura.html

|

2009/12/23

木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン展②

1223 東京都写真美術館で開催中の

「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」展へ

行って参りました

 

写真展のスタートは、フライヤーにあるこの写真

50年以上も前に二人が出会っていたことだけでも驚きなのに、

お互いの写真まで撮り合っていたとはとっても楽しいオープニング

 

1223a_2 前半の木村伊兵衛コーナーでは、

銀座の風景や歌舞伎の舞台などさまざま。

ちなみに、これは永井荷風。

目線の先を追うとしっかりそこには女性が写ってたりします

 

50年前の木村さんの写真に写っているものは、

昔と変わらずに大切に残されている風景そのものや、

いまでは、風情という名で残されているものだったりします。

つまり、写真に残したものがいまなお残っているのです。

すごい選択眼だと思いませんか

「写真に残す」「写真に残る」というものは、

こういうことなのだなあ、と実感しました

 

また、ある写真では、

いまとは違ってデジタル加工は出来ない時代だったのだなあ

ということを考えながら見ていました。

いまではあたりまえに画像処理を施しますが

あらためてそうでない時代の写真を見て、

より「真実」が伝わってくる感覚がありました

沢山の鳩が飛び立つ瞬間の写真を見たときには

まさに鳥肌が立ちました

 

もしかしたら、この感覚はもう

現代の写真では得られないのかもしれませんね・・・

 

もう一人の巨匠、アンリ・カルティエ=ブレッソンについては

また明日に・・・

 

 

|

2009/12/22

木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン展①

1223b   ひさしぶりに芸術の充電

今回は写真展へと足を運びました

 

場所は、恵比寿にある東京都写真美術館

その存在はだいぶ前から知っていたのですが、

今までに入る機会を逸していました。

 

今回のきっかけはさかのぼること3年前。

エルメス銀座で見た「木村伊兵衛のパリ」という写真展です。

あの50年前に写されたモノクロのパリの風景は、

いままでずっと心のどこかで忘れられずにいました。

そんな木村伊兵衛さんの作品に再び出会いたかったのでした。

 

今回は、同時期に活躍したフランスの写真家

アンリ・カルティエ=ブレッソンの作品も同時に紹介されています。

共にライカの名手として知られているそうです。

(・・・まったく知識のない私です

 

明日は、この写真展の内容についてお伝えしますね

|

2009/12/20

白バルサミコ・ビネガー

1220 先日、DEAN&DELUCAで

出会ってしまったのがこれ

LEONARDIの「BALSAMA BIANCO」4年熟成。

「白い」バルサミコ酢です

 

1220a 中身はゴールド

要するに、「白ブドウ酢」なのですが、

香りがとても上品で華やか。

味も優しいので、そのまま飲んでも

 

1220b DEAN&DELUCAで取り扱っている

「厚木ハム」特製のヴァージニアハムに

かけて頂いたのが出会いのきっかけです。

これがもう、絶品ハーブの風味と香り高いハムに

ソースのようにかけて頂いたのです

 

通常の黒ブドウのバルサミコより

すこしお値段は高めですが、どんなメニューにも合わせ

試してみる価値あり!

是非一度味わってみてくださいね

|

2009/12/19

セレブ・デ・トマトの宝石箱

1216c_2 このプレートに盛ってあるのは、全部がトマト

緑のトマトは一見、とても酸っぱく見えますが、

実はとても甘いのです

表面にスイカに似た縞模様がはいっていて、とってもカワイイ

このトマトはすべて、「セレブ・デ・トマト」で購入したものです。

以前、レストランにも行ったことがありますが、

今日はテイクアウト。

 

他にも、黄色いプチトマトが2種類。

並べてみると、大きさや黄色の濃さが違います。

オレンジのプチトマトも2種類あります。

完熟した柿のような色と鮮やかなオレンジと。

全部で5種類を使った贅沢なトマトサラダです。

 

このサラダには、

「白バルサミコビネガー」を合わせました

この白バルサミコについては、また明日

|

2009/12/18

アフィデリス

1219a 寒い季節になると、

濃いワインとウオッシュチーズが欲しくなりますね

本日は、Affideliceという

フランスのウオッシュチーズを頂きました。

 

1219ウオッシュチーズというと、においがきつくて

食べにくいというイメージがありますが

このチーズは、白ワインのシャブリで洗っているので

とても香りが良いのです

1212gそれでも気になる方は、食べる前に外皮をはずして

食して頂けると気にならないと思います。

じっくり待って室温に戻していくと、やがて中がとろりととろけて

クリーム状になってきます。このころが食べごろです!

本日は、メゾンカイザーのパンと一緒に。

ついつい食べ過ぎてしまいます

 

1219bフランスのヴァン・ド・ターブル「エリタージュ」

「遺産」という意味の赤ワインもお供

どちらも美味しく頂きました

 

 

|

2009/12/16

ビレロイ&ボッホのガラスプレート

1211a先日、衝動買いをしてしまいましたのが、

このビレロイ&ボッホのガラスプレート 

「ニューウエーブ」という定番の形でドイツ製のものです。

 

1216bあまりの使い勝手の良さに、

毎日食卓に登場しています

 

たとえば、ブルーチーズと

ファインチーズカンパニーのクラッカー。

このローズマリー味も美味しいの

 

他にも、ちょっとしたものを

1216乗せるのにつかったり・・・

我が家では大活躍

このプレート、かなりおススメです

 

|

2009/12/15

エルメス・シルクキャラバン

1212 東京ミッドタウンで行われているイベント

「エルメス・シルクキャラバン」へ

行って参りました

 

 

1212j このイベントでは、

エルメスのスカーフ「カレ」がたくさん展示されていて

実際に身につける為のスカーフ・テクニックや

スタッフに巻いて頂いて、写真を撮って頂ける

フォトセッションも行われていました。

 

1212hphoto エルメス・オレンジのカレを

腰に巻いて頂き、

「エルメス・トレイン」のセットで

パチリ

しっかり網棚までエルメス

 

会場はファミリーやカップルに大人気で大混雑

事前に予約したほうが待ち時間が少なくて

 

1212i エルメス・シルクキャラバン

12月19日(土)まで開催中です

 

外のウインドー・ディスプレイもお忘れなく

http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/2009/3434.html

|

2009/12/14

クリス・ボッティ「DECEMBER」

1214クリスマスシーズンになると同時に、

クリスマスソングをよく耳にします

マライア・キャリーやジョン・レノンの曲を聴くと

ああ、この季節がやってきた

実感できるのではないでしょうか?

 

私が今年、おすすめしたいクリスマスアルバムは、

CHRIS BOTTIの「DECEMBER」 

WEBサイト 「私流しあわせ時間の作りかた」でも紹介しております

「イケメン・トランペッター」クリス・ボッティの

クリスマスソング・アルバムです。

 

おなじみの定番曲ばかりなのですが、

クリス・ボッティの手にかかると

大人っぽく、しっとりエレガントな仕上がりに

とっておきのシャンパンと、クリスマスディナーと共に

楽しんで頂きたいアルバムです

|

2009/12/13

ブルゴーニュ騎士団クリスマスパーティー②

1209a_2 この日のお食事はフランス料理。

オードブルからチーズ、デザートまで

全てに合わせて

ブルゴーニュワインが供されます

 

1209e_2 まずはウエルカムドリンクのクレマン・ド・ブルゴーニュ。

ブルゴーニュ地方で作られるスパークリングワインです。

 

スモークサーモンを使った前菜に合わせるのは、

1209g樽の香り豊かな

シャサーニュ・モンラッシェ・プリミエ・クリュ

「モアジェ」2005を頂きました。

今日の私の№1また飲みたい

 

1209b_2 メインの牛フィレに合わせて登場したのが、

1999年のエシェゾー

10年の年月を感じさせないほど

軽やかで優雅な味わいがしました。

1209c_2 ブルゴーニュワインが女性的といわれる理由は

このワインが表している気がしました

 

豊かな個性にあふれたブルゴーニュワインの魅力に

酔いしれましたこれをきっかけに、怖がらずに

もっとブルゴーニュワインを頂いて見たいと思います

|

2009/12/12

ブルゴーニュ騎士団クリスマスパーティー①

1209 明治記念館で行われました

フランス・ブルゴーニュ騎士団主催の

クリスマスパーティー

「ブルゴーニュ地方のクリスマスを楽しむ会」に

参加してまいりました

1209f 会場は約400人のゲストを迎えるべく、

片側20人ほどが座れる長い長~い

晩餐会テーブルがいくつも並べられていました

 

このパーティーの前には、明治神宮にブルゴーニュワインの樽を

納めるのが恒例です。

参道に並べられたワイン樽を見たことがある方も多いはず。

毎年ブルゴーニュから騎士団の皆様がこの日のために来日し、

パーティーでは素晴らしい歌声を披露してくださるのです

 

次のメニューが運ばれてくるときや、新しいワインが注がれるたび

「お決まりの曲」がかかります

そのたび、会場にいるみんながお話やお食事の手を止め、

両手を上に挙げて回す「振り付け」と歌を一緒に歌うのです。

1回のパーティーで練習含め10回近く歌っているので、

しばらくこの曲が頭から離れないほどになるほどです

 

|

2009/12/11

青山ツインタワー ワゴンセール

本日は、お仕事の打ち合わせで青山へ

利用した青山一丁目駅は元祖「エキナカ」

青山ツインタワーというビルが直結しています。

そこで行われていたのが、「ワゴンセール」

 

年に数回行われているらしいのですが、今回初めて遭遇。

普段「青山プライス」で販売されているアイテムが、

このワゴン限定でお得にショッピングできるのです

 

ジャンルは様々。

地下のフードエリアからは焼き立てのクロワッサンやお弁当、

地上にある高級ブランドショップもワゴンを出しているのが

とってもユニーク。

その一方で、古くからこの地で親しまれている伝統的なお店も

出展しており、新たな発見も

 

121 そして、やってしまいました

ビレロイ&ボッホ」で衝動買い。

廃番になってしまいこれが最後

1211_2  のパスタプレートと、

定番ウエーブデザインのガラス製を

スペシャルプライスで購入しました

 

思いがけないお買い物で荷物が重くなってしまい、大変でしたが

お値段も品質もお得大満足のお買いものでした

|

2009/12/10

ティファニーのアルファベットチャーム

この時期、街は華やかなディスプレイに彩られ、

お散歩するだけでも気持ちが華やぎますね

今日は一駅手前で電車を降りて、お散歩を楽しみました。

丸ビルの巨大なクリスマスツリーをみて、丸の内仲通りへ。

目的地・銀座には、定番・MIKOMOTOのクリスマスツリーも

 

Tiffanya 予定の時間よりだいぶ早く着いたので、

銀座にあるティファニーに立ち寄りました。

そこで見つけたのがこの「イニシャル・チャーム」

直径1.3㎝の小さなディスク状のシルバープレートです。

携帯ストラップに付けたり、チェーンを通してネックレスにしたりなど、

好きな使い方で楽しめるアイテムです。

1210a 私は、愛用している手帳に付けて

お守りのように

毎日持ち歩くことにしました

 

Tiffanyagさらに、WEB限定でネックレスも発見

ティファニーといえば、クリスマスシーズン限定の

ギフトラッピングも楽しみのひとつです

お店の方によると、

全アルファベットが揃うので、自分のアルファベットだけでなく、

メッセージを作ったりして楽しめます、ということでした

是非お店やWEBでチェックしてみてくださいね

|

2009/12/09

水仙の香り

1210_2お花屋さんをふらりとのぞいてみました

ある場所から甘く、優しい香り。

そのお花を持ち帰り、

いまリビングを甘い香りに包んでいるのが

この、水仙です

 

真冬の旬のお花とはいえ、

今まであまり気にしたことのなかった水仙の香り。

バラのような華やかな香りも好きだけど、

忙しくしている日々には、こんな優しい香りに包まれたくなります。

実は、あの有名な香水「シャネル№5」にも調合されているのですって。

花言葉は「尊敬」。

穏やかな気持ちになれる冬の香りを楽しんでみてくださいね

|

2009/12/08

インターカラー・パーティー in JAPAN 2009

3 パーティー会場の空間プロデュースを担当いたしました

「INTERCOLOR in JAPAN 2009」

無事終了いたしました

ファイナルは交流パーティーの様子をお伝えします

 

News_4会場は、日本橋三井タワーにある

WIRED CAFE。

普段はビジネスマンが愛用しているこのカフェスペースが

今日はパーティー会場に変身です

 

Photo_3  国際会議も終了して、リラックスした皆様と。

イタリア、ドイツ、フランス、タイ、中国・・・

インターナショナルなパーティーです。

 

Vivi ゲストとして招かれたのは、

TOKYO「Kawaii」アーティストたち

パーティー開始と同時に、

外国人ゲストからはフラッシュの嵐

私も負けじととってもキュートなつけまつげアーティストの

VIVIちゃん。後方にあるのが、今回のメインオブジェでもある

「MISS.ポンポンちゃん」です。

 

Photoこちらはキティーちゃん。

とっても繊細なアクセサリーをつくる

アーティスト。こんなメイクだけど

中身はめちゃくちゃカワイイの!

 

Photo_4 当日は、

いくつか取材も受けました

 

たくさんの出会いに感謝

楽しいお仕事でした

|

2009/12/07

今度は名古屋で先生

先週の大阪に引き続いて、今日は名古屋です。

再び、日帰り・・・

早朝、まだ暗いなか名古屋に向けて出発しました

吐く息は寒さで白くなっています

 

Xian20本日も一日中講義の日。

よって本日は名古屋のパワーランチを

リクエストさせていただきました

 

Xian21  行った先は、

「想乞坦々麺(シャンツータンタンメン)」

私が頂いたのは、汁無しのタイプで、

きしめんのような太さの手打ち麺に

真赤なラー油や黒山椒が「どろり」とからみつく、

そんな名古屋らしいメニューです。

肉みそとたっぷりの万能ネギがまた良いバランス

実は、見た目ほどには辛くなかったので、物足りない!

次回は辛みUPに挑戦したいと思っています

 

Xian27  デザートもおススメ

ボリュームたっぷりだけど

のど越しが良くさらりと完食

Xian29「正式杏仁豆腐(上)」と「黒ゴマプリン(下)」。

どちらも美味!是非お試しあれ!!

 

|

2009/12/06

数字の暗号

Item_number_l 「数風水」という言葉を聞いたことがありますか?

私はこの本を通じて初めて知りました。

数字の暗号

著者は風水トレーナーのシウマ(四午)さん。

 

中国で古くからある「数意学」を元にしたこの「数風水」。

姓名判断などで使われている数字をもとに、シウマさんが

編み出しました。

 

それは、日常使う携帯電話の番号や暗証番号などを変えるだけで

運気を上げることが出来るというのです。

 

この「数風水」では、1~80までの数字それぞれに意味があり、

自分に足りない運や、上げたい運について

その数字を身につけることで運気が上昇するというのです

 

例えば、8という数字。

末広がりといって縁起の良い数字ともされていますが、

数風水的にも、人脈が広がり、すこしずつですが

着実に運気が上昇するという意味を持っています。

 

それぞれの数字の持つ意味を知るうちに

自分の身近にある番号も良い数字に変えたくなること間違いなし

携帯番号を選ぶときや、車のナンバーを選ぶときなど、

活用してみてくださいね

 

|

2009/12/05

ラデュレのフレンチトースト

1205a 銀座三越の2Fにある「ラデュレ」へ行って参りました。

ラデュレといえば、マカロンというイメージが強いですが、

カフェではスイーツのほかにも、

時間帯によってモーニングやアフタヌーンティー

メニューが楽しめるのをご存知でしたか?

今春パリのシャンゼリゼ通りにある本店では

日本人の行列をを見た記憶がありますが、

流石に日本橋や銀座では行列していないようです

 

1205モーニングメニューには、

オムレツやサラダがありますが

本日オーダーしたのは

「ラデュレ風・フレンチトースト」

丸いパンにたっぷりとしみ込んだ甘い香りと味わい。

別に添えられたホイップクリームやメープルシロップを加えると

さらに香りに深みが増して、贅沢な味わいになります

 

ちなみに、こちらの紅茶のメニューは数知れず。

何度行けばすべての味が楽しめるのかしら?

今回の「フルール」というブレンドは

ヤグルマギクなどが配合された花の香り豊かな紅茶

 

落ち着いたインテリアとクラシック流れる店内はソファ席がおススメ

(スタッフの方がせわしなく声をかけてくることを除けば)

女性同士で時間を忘れたくさんお話して過ごせる空間です

|

2009/12/03

大阪で先生のお仕事

大仕事を終えてつかの間、今日は大阪へ出張です。

本日のお仕事は、食空間コーディネートの先生

先月行った講習会の続編です

 

人生において数えるほどしか行ったことのない

憧れの地、大阪です。

しかし、本日も日帰り

1203 ランチタイムだけでも

大阪グルメを堪能させてくださいと

涙のお願いをして、今回は

関西風のおうどんのお店に連れて行っていただきました

メニューが全く違うので、読んでいるだけでも面白くて。

「たぬき」がないと思ったら、すでに卓上に揚げ玉が置いてあるとは。

お味のほうはとても上品で、色は薄いが味の良いことといったら!

関西風のおだしのほうが好きやねんを発見しました。

 

次回は二度づけ厳禁の串揚げ屋さんへ

連れて行ってもらう約束をしました

どうか、こんどこそ実現しますように・・・!

 

大阪は訪れるたびに、

行きたいところが増えてしまって、

困ります・・・

|

2009/12/02

パーティーコーディネートのお仕事②

1201a_2  世界の流行色を決定する国際会議、

「インターカラー」の日本開催を記念して

トークセッション&交流パーティーが

行われました 

今回、このパーティー会場の装飾を担当させていただきました

受付では、毛糸で一つ一つ手作りした

毛糸のポンポンのコサージュが手渡されます。

ゲストをはじめ、会場にいるスタッフも全員、

ポンポンを身につけるのです。

2  このコンセプトに合わせて、会場に

「MISS.ポンポンちゃん」の

オブジェを飾りました

 

Photo_2 LEDキャンドルにもポンポンのトッピング

あまりにリアルな「揺らぎ」なので

燃えてしまわないか心配になった方もいるほど。

パーティーが終わるこるには

このポンポンが全部無くなっていました・・・

 

当初の定員の1.5倍ほどの動員があったと聞きました。

パーティーが大成功に終わってよかったです

 

|

2009/12/01

パーティーコーディネートのお仕事①

1201 今日から12月ですね。

パーティーシーズンとあって華やかさも増す

この12月が私は大好きです

 

そんな折、パーティー会場のコーディネートを

させていただくことになりました

 

「INTERCOLOR」という、世界中の色の流行を決める

国際会議が日本で初めて行われることとなり、

フランスやイタリアなどといった世界十数カ国のゲストを

お招きしてのパーティーが行われました

 

1201b まずはこの会議が行われる某所にて

ランチタイムの

テーブルセッティングを行いました

色の会議ということなので、目にもやさしく、

また、精神的にも安定するという効果のある

グリーンのクロスを使いました。

 

ケータリングはDEAN&DELUCAからお願いして

サンドイッチバスケットや色とりどりのプチフールなどをオーダーしました

私自身が食べられないのがとても残念と思うほど、

どれも素晴らしくとっても美味しそうでした~

 

1201c 夜のパーティ会場も装飾します。

続きはまた後日

 

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »