« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

テーブル&フードコーディネーターのお仕事

0726e_2先日お伝えしました

秋の赤ワインを楽しむテーブルコーディネートと

簡単レシピのフードコーディネート

撮影が行われました

 

0725e撮影には、テーブルコーディネートに必要なものに加え、

今回は食材も持参、ということで、

まるで旅行に行くかのような大荷物でした

 

残念ながら、HP公開まで写真はなので

まだお見せできません・・・

 

0726b_2 ←この日使った食材は、別メニューに変えて

きちんと全部頂きました

これは、スモークサーモンに水にさらしたたっぷりの紫玉葱と

ケッパーを乗せてサラダ風にアレンジして頂いたものです

 

0726cパークハイアットのデリで見つけた

クーラーバッグが大活躍

これ、オススメですよ

 

HP公開が決まり次第、こちらのページでお伝えします

|

2009/07/30

雑誌「misaki」取材報告

0727d  「30活(ミソカツ)しよう!」を合言葉に

働く30代女子ライフ満喫マガジン

misaki」(php研究所刊)

10月号の取材へ行ってまいりました。

 

30歳前後というと、これからの自分に対して

いろいろと悩みを抱えたり、不安になったりすることが多いもの。

そんな女性たちに向けて、アラフォー女性代表?として、

私の実例を通したお話をしてまいりました。

 

0727e 今回お世話になった編集部の方やライターの方も

ご自分のキャリアを積み上げ、

輝いている素敵な女性たち

 

和気あいあいとした雰囲気で

取材はあっという間に終了。

 

 

0716この日の様子は「misaki」10月号

(9月5日発売)にて

ご覧くださいね

|

2009/07/29

ディプロマ from PARIS!

Dafa 今年の3月、嵐のような日々をくぐりぬけ

パリへ強行渡行のうえ受験した

フランスのフラワーアレンジメント国家技能検定

通称:DAFA のディプロマが日本に到着しました

既に合格通知は頂いていたのですが、

てっきりそれだけだと思っていたので

突然のエアメールに驚き。

でも、このような形で改めて実感すると、

あの時期の苦しみや喜びが記憶に蘇ります

一生忘れられない思い出です

|

2009/07/28

青山DONQ

0727c 今年3月にオープンした「青山AO(アオ)」にある

ドンク青山店へ行って参りました。

 

それまでも、近くにあったのですが、2007年に

一旦、お店を閉めていたのです。全く知りませんでした!

 

0727bドンクといえば、フランスパン!

こちらではバゲットだけで6種類もあるのです

 

今日は、デリプレートランチを頂きました。

嬉しいことに 、ドンクのパンが食べ放題なのです

 

このようにサービスされる「パンバスケット」には、バゲットをはじめ、

イチジク入りやゴマ入りなど店内のベーカリーで焼きあげている

6種類のパンが盛られてきます。

嬉しいことに、リピート自由、お代わり自由なのです

 

特にシンプルなバゲットは格別の美味しさ

パリの雰囲気漂うおしゃれなカフェは、嬉しいことに朝8時から営業。

出勤前にモーニングを食べるもよし、

ランチで食べるパンを買うもよしと嬉しい限り。

入口が通りに面していないので、すこしわかりにくいですが、

紀伊国屋の入り口の手前の脇道を入ると左手奥にありますよ

 

0727 生まれ変わった老舗・青山ドンクで

オシャレな雰囲気を体感してみてください

 

|

2009/07/27

超・辛口シャンパーニュ③

0724b DEAN&DELUCAでの

シャンパーニュ・テイスティング・イベント。

8種類ものシャンパンを一度に頂けました

 

 

 

無く子も黙る?「Perrier Jouet Brut Belle Epoque '00」

ベル・エポックしかもミレニアム・ヴィンテージの登場です

エレガントなボトルをそのまま味で表現したような

女性らしい、滑らかさを感じます。

0724c 更に、チーズとポークリエットのサービスまで登場し、

まさに「至れり尽くせり」とはこのこと

イタリアのビアンコ・ソットバスコという

山羊&牛乳から作ったチーズは、中に黒トリュフの入った贅沢もの

そんな香りや味わいを丸ごと受け止めてくれたのは

このシャンパン他ならぬ、といった印象でした。

 

「Henriot Blanc Souverain pur Chardonnay NV」

こちらも白ブドウ100%でとてもフルーティー。

ほんのりマスカットのような甘さも感じられ、カワイイ印象のシャンパーニュ。

本日いただいた「ブリアサヴァラン」という真っ白なチーズと相性◎でした。

 

最後は「Bollinger Special Cuvee NV」

今日頂いた全てのシャンパンをきれいにまとめる優等生的存在

味はバランスよく、樽の香りもほど良くてGOOD

 

あっという間に8種類のシャンパンと、

後半はチーズやお料理とのマリアージュを伺いながら、

楽しいイベントが終了しました。

改めてシャンパンの奥深さを知り、ますます好きになりました

いつかシュバリエが頂けるよう、がんばります! 

 

このテイスティング・イベントは、次回は8月。ワインです

事前に予約が必要なので、詳しくはお店までお問い合わせくださいませ。

DEAN & DELUCA 六本木 03.5413.3580 (担当:高橋さん/平井さん迄)

|

2009/07/26

超・辛口シャンパーニュ!②

六本木DEAN&DELUCAにて行われたスペシャル・イベント、

「シャンパーニュ・テイスティング」

ご案内を頂いた際は6種と伺っていたのに、当日は、8種類に

超・辛口シャンパーニュを中心に夏のおすすめをテイスティングしました。 

 

「Pol Roger Brut Nature Pure NV」は

シャンパンを作るのに必要な3種のブドウが

ほぼ等分に含まれている、バランスのとれたお味です

 

0724d 「Alfred Gratien Blanc de Blancs NV」は

樽で熟成された香りと味わいが

しっかりと溶け込んでいる実力派シャンパン。

白ブドウだけで作られているはずなのに、

この重厚感には驚きです!スモークサーモンやパテと一緒に。

 

私が今日もっとも美味しいと思ったのが

本日唯一のロゼ「Ayala Cuvee Rose Nature 2002」

美しい色と、白ブドウを多く使っているので味わいが上品

同じドメーヌのNVもやはり繊細な味わいでした。

昨日の平井さんが手に持っているのが、ギフトボックス。

男性から女性へのギフトに素敵ですね

 

一緒に行った友人が絶賛していたのが、

「Boizel Extra Brut Ultime NV」

熟成期間が長めなので複雑味があり、

味も香りもプレステージ並み!と平井さんもオススメの逸品。

シャンパーニュ・ゴールドの色も非常に美しく、

味の分かる人に贈りたいシャンパンです。

 

続きはまたまた明日へと続きます

|

2009/07/25

超・辛口シャンパーニュ!①

0724 六本木ミッドタウンの

「DEAN&DELUCA」

いつ行っても新しい発見があり、

好奇心をそそられます

 

そんな折、スペシャルイベントのご案内を頂きました。

2日間の限定で、DEAN&DELUCAで扱うシャンパーニュ

6種類をテイスティングできるというイベント

特に、こちらの売り場では、素敵なエチケット(ラベル)を

多く扱っており、贈り物の際にも

とても頼りにさせていただいています。

さらに、シャンパーニュ特集と聞いたら、行かないわけにいきません

 

湿度も高く、暑い夏はまさにシャンパーニュの季節!

今回は、「超・辛口シャンパーニュ」特集です。

 

通常、シャンパーニュを作る際には、仕上げに糖分が加えられます。

「ノン・ドサージュ」とか「ウルトラ・ブリュット」など、

メーカーによって呼び方は様々ですが、

糖分を加えずに仕上げられるシャンパンが

いま、シャンパーニュ業界でのトレンドなのだそうです。

 

0724a このお店のワインを担当しているのは、

いつも笑顔が素敵な平井さん

平井さんのガイドで、テイスティングが

スタートしました

この続きは、また明日

|

2009/07/24

長年愛用できるものの条件とは?

世界最高峰の料理人を決定する、いわば

「シェフのワールド・カップ」が毎年一回開催されています。

そのボキューズ・ドール国際料理コンクールの

今年の優勝者が普段愛用しているというのが、

この「スキャンパン」だというのを、ご存知でしたか?

 

私も初めて聞いたのですが、メディアでも次々取り上げられている

このオシャレで機能的な調理器具は、現在放送中の月9ドラマ

「ブザー・ビート」でも使われていることでも、実証済み

 

一流の料理人ともなると、道具にこだわるといいますが、

私も少しずつ、自分の一生のお付き合いができるような逸品を探しています。

長年付き合うには、使い勝手や飽きのこないということだけでなく、

修理やメンテナンスにも対応してくれるかどうか、ということも非常に重要。

以前、とても気に入って長年愛用していたバッグでしたが、

そのお店はいまではもう日本ではお店を持っていなくなってしまい、

そのまま修理もできずに泣く泣く捨ててしまったという苦い思い出があります。

この出来事以来、特にアフターサービスの可能なお店で購入することは

私の鉄則になっています

 

きっとこのシェフにとってはスキャンパンが合っていたのでしょうね。

日本でもきっちりアフターサービスしていただけると、嬉しいですね

|

2009/07/23

ベジタフル

0723a産地直送の無農薬・有機野菜の

ベジタフル」を初体験!しました

 

こちらは、産地から選りすぐりの旬のお野菜が

直接自宅に送られてくるというシステム。

毎回、もっとも旬のものがセレクトされてくるので

何が届くかは直前の予告までお楽しみというのも魅力的

万が一、レシピを知らない食材が来ても、毎回すべての食材の

レシピつきで届くので、安心なのです

新しいメニューに挑戦するのも楽しいですね

 

まずはお試しから。

なんと、冷蔵クール便の送料も含め、完全無料で届きます

0723 

 

お試しセットは、ニンジン、タマネギ、ジャガイモの黄金トリオ

 

0723bどれも土付きで、美味しそう

シンプルにカレーライスで、

いつもの野菜との味比べをしてみました。

食べてみると、ニンジンの甘さにびっくりです。

HPによると、「生で食べても、柿のように甘い」ということで、

たっぷりの千切りにしてニンジンのサラダも作ってみました

白ワインビネガーとオリーブオイルで作ったドレッシングで和えて・・・

う~ん、こちらも美味

 

自分のペースに合わせてコースも選べるので、便利。

通常は4人用のセットなのですが、

2人用の隔週コースがあるといいな、と思いました

 

ベジタフルのホームページはこちらから。レシピものっていて便利です

 

|

2009/07/22

STAUBのお鍋♪

StaubSTAUB (ストウブ)というお鍋を

聞いたことがありますか?

私はもう10年以上もル・クルーゼの愛用者なのですが、

今までにそれとの違いが分からずに

「似たような商品のメーカー違い」だと思っていました。

 

ストウブのお鍋はふたの裏を見ると、ぽつぽつとした

丸い粒のようなものが付いています。

鍋の中で発生した蒸気がこの粒によって集められ、また鍋の中に落ちていきます。

これによって、少ない水分(または無水で)調理ができるのです

今話題のタジン鍋などを使って野菜の蒸し料理がトレンドとなっていますが、

まさにこのストウブ鍋でも同様の使い方ができるのです

しかも、このお鍋でご飯を炊くと、格段に味が上がるそうです

 

0721 というわけで、今日から我が家に仲間入りです

|

2009/07/21

8月カレンダー公開中!

09072b1 私がデザイン・制作を担当いたしました

日比谷花壇カレンダー

担当している8月のカレンダーの

ダウンロードがいよいよ始まりました

http://www.hibiya.co.jp/petale/04_calendar/2009/08.html

 

タイトルは「Dear Vacation」

夏休みのリゾートに恋い焦がれてデザインしました

プールサイドで真夏の光を浴びて

きらきらひかる南国の花々をお楽しみください 

 

以下のアドレスから、8月のカレンダーがダウンロードできます

是非、ご覧くださいませ

http://www.hibiya.co.jp/petale/04_calendar/2009/08.html

|

2009/07/20

Le Montagnard des Vosges

0720a またまた美味しいチーズを見つけました。

こちらは、フランス産のウオッシュチーズ

「ル・モンタニャール・ド・ヴォージュ」

前回ご紹介したウオッシュチーズよりも、

さらに、マイルドで食べやすいのが驚きです

ウオッシュチーズ特有の香りであるツンとした感じがほとんどないので、

ウオッシュ初心者におススメです

 

0718 皮が苦手な人は外して食べてもOK

でも、食べごろである賞味期限間近の

完熟チーズは中がやわらかく、

今日も切った途端に流れ出てしまうほど。

先に↑このようなくし形に切ってしまうと食べにくいかもしれません。

 

そこで、まだ冷蔵庫から出したてのチーズが冷たいうちに

上部5ミリくらいを薄くそぎ切りにして外してしまうのです

そうすると、表皮が器のような役割をしてくれるので、安心。

時間が経つと室温に近くなり、だんだんと柔らかくなってきます。

 

0720dそこをパンやクラッカーですくい、

とろ~りしたチーズをお楽しみください

 

DEAN&DELUCAにて購入した

オリーブオイルと海塩のクラッカーと、

軽めの赤ワインとのマリアージュがおススメです

是非、おためしあれ!

|

2009/07/19

VOYAGER ESTATE

0719 今日は土用の丑の日

この夏を元気に乗り切れることを祈って

今夜は鰻と赤ワインでパワフルな夕食です

 

週末のデパ地下はここぞとばかりに「」一色でした。

今夜はウナギを食べなくて何を食べるのと言わんばかりの大セール。

 

我が家は、この日に合わせて

父のご縁で毎年さばきたての美味しい鰻を産地直送で送っていただけます。

毎年鰻丼にしたり、ひつまぶしにしたりと楽しんでいます。

 

0719 今年は、先日出会ったばかり

オーストラリアの赤ワインとのマリアージュを楽しみます

 

バラのエチケットに一目ぼれして購入した

この「VOYAGER ESTATE」は

シラーズという赤ブドウを100%使用したワイン。

エチケットの美しさと滑らかさが魅力のワインです

南部のワインにありがちな独特の臭みをまったく感じません。

赤ワインには牛肉を合わせたりこってりしたお料理に合うといいますが、

こちらは、さらりとしている分、バーベキューでグリルして

炭火の香りのついたチキンや魚介類などに良く合います。

 

関東風のうなぎは皮目を炭火であぶっているのでこのワインはまさに、

ベストマリアージュ

 

今回試せなかった方も、次回丑の日にお試しくださいね

 

|

2009/07/18

夏こそ!スパイシー料理

先日行ったお気に入りの食材店

「DEAN&DELUCA」で面白いものを見つけました

 

090721_2その名も

「アリサ」

 

名前がかわいいイタリア娘

・・・ではなく、

DEATH SAUCEなみに辛い辛い

唐辛子ペーストです

 

見た目もかわいいので、手にとって

店員さんに「これは何ですか?」と伺ったところ

激辛チリペーストです」・・・

 

主にクスクスやタジンに入れたりするものとのことです。

ということで、

さっそくクスクスに添えて頂いてみました。

 

確かに辛いけれども、

ほかに余計な味がないので、どんな料理にも合わせられそう

暑い夏の味方になりそうです!

お値段もお手頃で、たくさん入っていてオススメです

この夏の定番「Harissa」一度試してみませんか?

|

2009/07/17

空間ディスプレイのお仕事・本番!

0705g 先日お伝えしました

空間ディスプレイのお仕事」の

いよいよ本番を迎えました

 

今回は、とにかく、展示する商品が100点以上にのぼるので

フラワーアレンジメントも生花、プリザーブドフラワー、アートフラワー(造花)と

多岐にわたって合わせてコーディネートしていきました

 

0705e 今回プリザーブドフラワーで特に気に入って使用したのが

フロールエバーのスパークリングローズ。

バラの表面に細かいゴールドのラメがちりばめられているのです

主にウエディングアイテムを紹介するコーナーのアレンジメントに使いました。

 

0705d ガラスモザイクの美しい器には

シンプルにライムグリーンのバラをあしらって。

主役は器なので、あまり凝ったデザインはせず、シンプルに。

 

0705b 空間ディスプレイは、すればするほど奥の深い世界。

この経験を積んで、いずれは

レストランなどの店舗デザインを手がけてみたいという

新たな目標ができました

(展示会はすでに終了しております。ご了承ください。)

|

2009/07/16

雑誌「misaki」取材決定!

0716 PHP研究所より発行されております

30代女性の為のマガジン「misaki」に

出演することが決定しました

 

この「misaki」は、

一人の人間として、また、女性として自分を充実させるために

「30活(みそかつ)しよう!」をテーマに盛りだくさん

読書ガイドやおうちごはんのレシピなど、読み応えのある内容ばかりです。

 

これから行われるインタビューを前に、どんなことがお話しできるか、

私自身、楽しみにしています

発売日等、詳しいことがわかりましたら、追ってこのブログでご案内します

|

2009/07/15

rainbow roll sushi

Img_2246 とうとう関東でも梅雨明けです

気持ちのいい青空のもと、

インターナショナル感あふれる街、

麻布十番にある「レインボーロールスシ」へ行ってまいりました

 

お店の名前のとおり、カラフルな巻き寿司が堪能できるお店。

見た目は美しく、味も美味しいのです!

英語で書かれたメニューを読むのも、結構面白いですよ

 

Img_2243 ランチのおすすめセットでは、

全部で4種類のロール・スシが楽しめます。

定番のアボカド+カニカマはもちろん、

甘いタレのかかったウナギ・ロールも美味

日本のお寿司と違って、お野菜も一緒に摂れるという点も魅力的

0714 場所は、麻布十番の駅のすぐ近く

ランチタイムに気軽にお寿司を楽しむには最適です

|

2009/07/14

フードコーディネーターのお仕事

現在、この秋公開に向けて

某ワイン会社とのコラボレーション企画に

参加しています

 

「ワインのある食卓」をテーマに

テーブルスタイリングと、

日常の食卓から、ちょっと特別なひとときまで

ひと工夫でおしゃれに見える

フードメニューと共に演出いたします

 

ということで、いま、私の頭の中は

「ワイン」「秋」「簡単レシピ」でいっぱいです

 

こちらの企画は、ホームページで公開予定。

オープン次第、またご案内します

|

2009/07/13

映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」

0713aa 映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」を見て参りました。

とっても過激な邦題ですが、もともとの

原題は「He's just not that into you」

「彼はただ単にあなたに興味がないだけなのよ」

みたいな意味かしら?

 

この映画のオープニング。

幼い頃、悪ガキに意地悪されたと泣きながらママに言う女の子

「それは、ほんとうはあなたのことを好きだから、

わざとそういう意地悪をするのよ」と慰めるママ。

誰もが一度はそんな思い出があるはず・・・

 

そんな「自分に都合のいい言い訳」を理由に

良いように解釈するのはもうやめて、しっかり見極めようよ

というテーマのもと、さまざまな実例が登場します。

 

0713 この映画のもう一つの大きな魅力は、豪華出演者たち

ジェニファー・アニストンはベン・アフレックと

7年間もの同棲生活中。

結婚したい彼女に対して、彼は「結婚しない主義」を貫いているのですが・・・。

同じ会社の同僚、ジェニファー・コネリーは、

既に結婚をしているのですが、

その夫はスカーレット・ヨハンソンと不倫の仲。

スカーレット・ヨハンソンの友人、

ドリュー・バリモアは出会いサイトで恋人募集中。

などなど・・・!

この映画のメインのストーリーは別に進行していて、

むしろそちらの方が映画のテーマに沿っています。

その他の周りがいろいろありすぎ。でも、それもまたリアル。

それぞれに違った事情と悩みを抱えているのです。

それを全部見せてしまうところがこの映画の欲張りなところですが

登場人物のうちの誰かに重なる部分が、必ずあるはず

 

男性を含め「あるある」満載のこの映画、

見終わった後は恋愛談議に花が咲くこと間違いなしです。

公開は8月1日から。ぜひ、見てみてくださいね

|

2009/07/12

映画「ウインブルドン」

07009a 「スパイダーマン」などにも出演中の

注目の女優、キルティン・ダンスト主演の

映画「ウインブルドン」を見ました。

 

2004年公開の映画で、その名のとおり、テニスの世界大会のひとつである

ウインブルドンが舞台。

引退を考えていたベテラン選手が、新人テニスプレーヤーと知り合って恋に落ち、

ついには優勝してしまうというサクセスストーリー

 

特に最後の決勝戦のシーンは見ている方も、

ドキドキワクワクテニスのことに詳しくなくても、気軽に楽しめる映画です

07009bこの映画では、ジョン・マッケンローなど

実際のテニスプレーヤーも

出演しているそうです。要チェック!

|

2009/07/11

NO-MU-BA-RA

0712b 美しくなれると評判の

飲むバラ 」なるものをご紹介いただき

さっそくいただいてみました

 

藤原紀香さんやはるな愛さんも愛用しているという

話題のローズウオーター

貴重な天然のダマスクローズだけを使っているため、少々高価ですが、

バラを飲むという極上の気分が味わえます

バラのエキスを摂取しつづけることによって、実際に

身体の内側からバラの香りがするようになるそうです素敵!

 

0712c 中は、こんなふうに1回分ずつ

ピンクのスティックに入っているて、携帯にも便利

毎朝ミネラルウオーターを飲むのを習慣にするといいよ、

というアドバイスをきっかけに、このバカラのグラスを愛用するようになりました。

これからは、朝の習慣に「飲むバラ」を加えたいと思います

|

2009/07/10

扶桑社「EFiL(エフィル)」のオフィシャルブロガーに選ばれました!

0710 扶桑社からこの秋創刊される

雑誌「EFiL(エフィル)」

サポーターとして活動することになりました

 

 

「私のライフスタイルをちょっと素敵にする」というテーマの

大人の女性向けの雑誌です。

現在は、安田成美さんが表紙の創刊宣言号が発売中です。

 

こちらのホームページではワンランク上の

さまざまなライフスタイル情報が得られます

 

特に、「石井ゆかりの占いドロップス」がおススメ

半月に一度とすこし少ない更新ですが、

ものすごく鋭い視点で言い切ってくださるので

ココロがピリリと引き締まる思いがします

そのくらい喝を入れられた方がむしろ印象に残りやすく、

普段の生活に役立つ星占いかもしれません

 

今後の活動の様子は、ブログで随時お知らせします

|

2009/07/09

LE CAFE de Joel Robuchon

0709d 本日は、お仕事の関係で

日本橋高島屋にある

「ル・カフェ・ド・ジョエルロブション」へ

行って参りました

 

ジョエル・ロブションといえば、フレンチ3つ星レストランですね

六本木ヒルズにあるレストランは私のお気に入りのひとつです

が、カフェに行ったのは今回が初めてです。

 

カフェといっても、スイーツの他に、ランチ・ディナーのコースや

ロブション風ハンバーガーまで

食べられる充実のメニューに驚きました流石です

 

0709a 本日いただいたのは、この

トマトジュース

白ワインのような液体ですが、

まぎれもなく、味はトマト

グラスのふちについている白い粉は塩。

ソルティ・ドッグのような井出達です。

これは、メニューにも書いてあったのですが、

「トマトの凝縮したエキス」のジュースだそうで、

イメージとしては、種の周りの甘い部分だけを集めて作ったかんじ。

さらっとしていて、トマトジュース嫌いの人でも頂けるかもしれません。

なんといっても、この見た目の美しさ!さすがはロブションです

 

是非、こちらのカフェに行ったらこのメニューをオーダーすべし!

次回は、

夏季限定「夏トリュフ入りのハンバーガー

と共に頂きたいと思います

|

2009/07/08

夏の味覚

0708c毎年、近所の農家の方が

収穫したての枝豆を分けてくださいます。

今年もこの季節がやってまいりました

まだ根も葉も付いたまま

  

 

枝豆のタンパク質には、アルコール分解を助け、肝機能の負担を軽くする

メチオニンという物質が含まれており、

昔ながらの「ビールに枝豆」は理にかなっているのですね

むくみの原因となるナトリウムの排出を助けるカリウムも豊富

枝豆は、夏の栄養食品なのです

 

0708b まだ収穫したての枝豆には、

同じく夏野菜であるオクラのように

ちくちくとした産毛が生えていますので、

水洗いの際、塩で揉むようにするのがポイントです

 

|

2009/07/07

七夕素麺☆

今日は七夕ですね

 

中国の牽牛(けんぎゅう)星と織姫(しょくじょ)星の星合の伝説が

元になったとされています。

二人はとても仲が良く、神様の祝福のもと、めでたく結婚したのですが、

お互いに夢中になるあまり、仕事をしなくなってしまいました。

そのため、神様が怒って二人を離れ離れにしてしまったのです。

その二人が唯一会えるとされたのがこの七夕の日なのです。

 

短冊に願い事を書いて、笹につるすというのは日本だけの風習のようです。

また、素麺を食べる風習は、素麺を糸に見立て、

お裁縫が得意だった織姫のように

上達することを願うということから来ているのです

 

今夜は、頂いたばかりの素麺を天の川に見立てて

星型に切った錦糸卵や笹の葉のようにさやえんどうなどを

盛りつけてみようと思います

そして、満点の星空となって、二人が無事会えますように

|

2009/07/06

PAUL

0704 今日は、お仕事の打ち合わせで

四谷にあるブーランジェリー

「PAUL(ポール)」へ行ってきました

 

PAULといえば、パリにいった際にもまったくおなじ

あの黒い看板をたくさん見かけました

フランスでは駅の中や、幕張メッセのような展示会場にまで!

あらゆる場所にあり、日本よりももっとカジュアルな印象です。

 

0704aちょうどランチタイムだったので

キッシュロレーヌを頂きました

パイ生地のベースに、卵+クリームを入れて

焼き上げたフランスの伝統的家庭料理のこと。

具は地方やその家ごとに様々で、

だいたいはベーコンやハム、ほうれん草や玉ねぎ等が入っています。

こちらは、ハムとチーズが入っていました。

ランチタイムはなんとポールのパンが籠に入って食べ放題なのです。

(上の写真の右上に写っていますね)

このようにして手元に運ばれてきますし、席を回ってお勧めしてきてくださるので、

少しずつではありますが、ついついたくさん種類を食べすぎてしまいます

これはかなり満足ですよ~

 

0704bポットにたっぷり入った

オリジナルブレンドティーも格別です

 

テイクアウトできるバゲットサンドもパリの味

フランスにいくと、滞在中パンとコーヒーだけで生きていけます

そんな気分を思い出させてくれるPAULに

一度足を運んで見てください

|

2009/07/05

グレ・デ・ヴォージュ

忙しい日々が続いたので、

週末のひととき、その日の気分のままに、

ワインとチーズとパンを買い込み、「お家deワイン」を楽しむことに

 

本日選んだチーズ、ひとつは

実は賞味期限切れ間近で割引になっていたもの。

しかし、本来チーズというのは出荷されても育ちつづけているもの。

熟成が最大の状態になるときを賞味期限として売っているので、

そのときがメロンなどでもいう「完熟」、食べごろなのです

0706cフランス・アルザス地方のチーズ、

グレ・デ・ヴォージュ

ウオッシュタイプチーズといって、表面を塩水で洗いながら

風味を閉じ込めていくタイプのチーズです。

表面の香りをかぐと、強めの香りがするので、

敬遠される方もいますが、そんな場合は、外皮を取って召しあがれ。

牛乳製なので、中はマイルドでとろ~りとした優しいチーズです。

シダの葉がのっているのがかわいいですね

 

0706b 本来ならば、アルザス地方の白ワインが

ベストマリアージュですが、

今日の気分は、

香りのよい、軽いタッチの赤ワインだったので、

ブルゴーニュの赤ワインをチョイス

 

0706a本日の食卓は、こんな感じです

他にパルメザンチーズやフランス土産のピクルスなどと。

夜は更けていくのでした・・・

 

 

|

2009/07/04

空間ディスプレイのお仕事

業界向けの商品展示会に向けて依頼を受けました

ディスプレイプランニングのお仕事をしてまいりました

 

全体の空間バランスを見ながら、商品の配置をプランしたり、

もちろん、その商品に合ったフラワーアレンジメントを作ったりして、

そのブース全体の雰囲気を仕上げていくという、

ショップディスプレイのようなお仕事です

 

0705h 今日は、全体の配置を決めるため、

倉庫に行って、こんなふうに実際に陳列棚に並べてみたり、

その様子を遠目で見たり、写真に撮ったりしてはまた

バランスを整えてみたり・・・と結構地味な作業です

が、これを何度も何度も繰り返し、やっと納得のいく形ができるのです。

その後、フラワーアレンジメントの配置やデザインなどを決めていくので

これからもまだまだ大変な作業が続きます・・・

|

2009/07/03

NIRVANA

以前このブログでもご紹介したことのあります

ミッドタウンのNIRVANA(ニルヴァーナ)・ニューヨーク。

あれからもちょくちょく足を運んでいます

 

0703a こちらのランチは、ビュッフェ方式で、

前菜とサラダ、カレーとデザートを好きなだけ頂けます。

しかも、テーブルには焼きたてあつあつの巨大ナンが

サーブされるので、ビュッフェのライスはパスするのが通

 

0703c 蒸し暑い梅雨時には、まずは泡ものよね~

と、まずオーダーしたのがスパークリングワイン

発端がNYのお店なだけに、カリフォルニア産で、

この辛口スパークリングがまた、とっても美味なのです

 

0703b 本日の前菜は、野菜とシーフードのフリット、

スパニッシュオムレツ

揚げ茄子のサルサソース乗せ

そして、(おそらく)秘伝のスパイスで

しっかり下味をつけたのち、加熱してある辛口スパイシーチキン

 

 0703e

本日のカレーは3種類。

辛さが★の数で分かるので安心です

「ほうれん草とジャガイモのカレー」は辛さ★★

さらりとしているのですが、ココナツミルクのような少し甘い香りがします。

「ポークカレー」は赤いスパイスの粒子が浮いているのが見えて★★★。

奥にあるのはこのお店の定番「トマトとチキンのカレー」★

このカレーが食べたくなってこのお店に行くといっても過言ではない!

というほど大好きなカレーです

こちらのお店ではチキンの骨をしっかり除いてあるので食べやすいのも

かなり嬉しい点なのです

(その方法を知りたくなるほど、と~ってもきれいに外してあります!)

 

お天気がいい時には、芝生広場を正面から見渡せるテラス席がおススメです

|

2009/07/02

日本人の知らない日本語

0702書店の店頭のベストセラーコーナー

最近やっと実物を見ることが出来るようになった

村上春樹さんの「1Q84」の隣に、

この本「日本人の知らない日本語 」がありました

 

手にとって、中を読み始めたら面白くなってしまい、

そのまま最後まで一気読み~

まさにそんな魅力のある本なのです

 

舞台は日本語学校。

さまざまな国から来る生徒の意外すぎる質問に閉口する

日本語講師の苦労話が満載

 

確かに、日頃何気なく目にしているはずの名前

しかも「正式名称」や「細かな言い回しの違い」など・・・

改めて説明しようとすると答えられないことがあるかもしれません。

先生としては間違って教えるわけにもいかないので大変でしょう

どうしてもその場で分からないことは

調べて後日きちんと伝えるということは講師の基本

しかし、仕切りのある醤油皿の「正式名称」や

「歳」と「才」の使い分けなど、調べること自体も苦労しそうな質問ばかり

そして、この本にはきちんとその答えが載っているので、

本当に日本人にとっても、日本語の勉強になる本なのです

 

中でも、面白いエピソードは任侠映画好きのフランス人マダム

先生に対して「姐さん」に話すような言葉使いで先生に話すのですが、

彼女にとっては、「最上級の丁寧語」であり、

ネイティブで上品なフランス語を話すのと同じことなのです。

決して間違った日本語ではないのですが、

日常会話との違いを説明するのは至難の技でしょう

 

などなど、本当に興味深いエピソードがいっぱい!

是非一度書店で手にとってみてください

Amazonでも第6位のベストセラー!

|

2009/07/01

サファイア・コリンズ♪

今日から7月

まだまだ梅雨空が続いていますが、気分は夏ですね

 

最近、シャンパンやワインに代わって、日頃愛飲しているのがスピリッツ系。

特に「ボンベイサファイア 」というジン

バカルディ ホワイトラム」といったラムに夢中です

食前の一杯にビールという方も多いと思いますが、

甘さ控えめ&カロリーOFFなので、安心して頂けますよ!

 

とはいっても、そのまま飲むとアルコール40℃

なので、もっぱらペリエ(炭酸水)で割って頂いています

 

0701サファイア・コリンズというのは、

ボトルも素敵な「ボンベイサファイア」に

レモンとソーダを加えてステアしたロング・カクテルのこと。

(甘さがほしい人は、シロップをプラスしても

0701c私は、これをその日の気分でレモンをライムに変えたり、

「バカルディ・ホワイトラム」に変えたりして楽しんでます

バカルディの方が香りが優しいので、

初心者にはこちらがおススメ。

 

0701bまた、「マイヤーズ・ラム」で作ると、

コーラみたいでさらに飲みやすい お味に

 

 

 

最近、小雪さんのCMの影響もあって、ウイスキーのソーダ割りも人気急上昇中

是非、この夏は簡単カクテルを楽しんでみてくださいね

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »