« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

(速報)ヨコハマフラワーウエーブ2009に参加します!

このたび、横浜開港150周年記念のイベントに参加することになりました

 

6月9日から横浜一帯で行われる「花と器のハーモニー」というイベント。

こちらの連動企画である「横浜フラワーウエーブ」に出展します。

詳しい場所や展示内容は追ってこちらのブログでお伝えしますね

 

「花と器のハーモニー」公式サイトなこちらから。

http://www.hanatoutsuwa.net/

|

2009/05/30

「東をどり」観てきました!

Image2 年に一度、

新橋芸者が新橋演舞場に集まり

その芸を披露する「東をどり」へ

このたびご縁があって行って参りました

 

Img_1872 会場の周りや中にもあでやかな芸者さんの姿が。

素晴らしい唄や踊りに感動したり、

また至る所に気配りの行き届いていることに感激しきり

 

詳しい様子は、週明けお知らせしますね

|

2009/05/29

メイド・イン・カッシーナ展

Enter_img01 六本木ヒルズの展望台と同じフロアにあるギャラリー

森アーツセンターにて開催中の

メイド・イン・カッシーナ」展へ行って参りました

 

昨年イタリア・トリエンナーレにて公開され、それがそのまま日本にやってきたのです

 

1 展示内容は非常に充実

カッシーナの歴史を彩ってきた

100点以上のアイテムが並びます。

中にはまだ商品化されてないものも・・・。

カッシーナの歴史をたどりながら、

著名なデザイナーの手掛けた「作品」を旅することができます。

それはそれは膨大な量なので、足が疲れます

途中2か所にカッシーナの家具でくつろげるブレイクコーナーがあるのは、

嬉しい配慮ですね。

 

Cab_chair145740 解体したプロダクトが見られたのが、とってもユニークでした。

こちらの「CAB CHAIR」のヌードも見られます

実はすご~く細かい細工のもと、椅子や

テーブルの脚が組み立てられるということがわかります

建築家やデザイナーがデザインした「アート」は

しっかりとした技術があってこそ、実用的な「家具」になるのですね

 

この展覧会は2回見ることをお勧めします。

まずは、カッシーナの歴史をたどる「アート展」として、

二度目は、自分の部屋で使う「家具」を選んでいる気分で。

楽しい妄想をしながら会場を回っていると、それだけで

あっという間に時間が経ってしまいます

 

メイド・イン・カッシーナ展は6月7日(水)まで

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ52F)にて開催中です。

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

|

2009/05/28

「i am CHANDON」Launch Party

Img_1825 昨夜は、東京ミッドタウンで開かれた

オーストラリアのスパークリングワインの

お披露目パーティーへ行ってまいりました

 

つい最近まで「GREEN POINT」だった名を

この春から「CHANDON」とリニューアル

名前からも分かるように、シャンパン「モエ・エ・シャンドン」社が

同じ製法をつかってオーストラリアで作っているスパークリングワインなのです 

 

Img_1812ミッドタウンにあるレストラン「Botanica」の

テラスで行われたパーティー。

ちょっと風が強くて寒かったです

至る所にあるロゴのライトアップが素敵です

テラスではスパークリングワインの泡のように

シャボン玉がフワフワ飛んでいたり

オリーブの木にロゴ入りの提灯がぶら下げられていたり・・・

楽しい仕掛けがたくさんあって面白かったです

 

Img_1821 もちろん、かんじんのワインのほうの

お味見も(たくさん)させていただきました

まずはノンヴィンテージの白。

上品な泡と優しい果実味を感じさせるところは

Image3_2まさに、本日のドレスコードでもある「easy elegance」なイメージ

麻のマキシ丈のスカートにウエッジソールのサンダル、

ウッドビーズのブレスをコーディネートしました

 

2006年ヴィンテージのロゼは頬が染まったような

ほんのりとしたピンク色のロゼシャンパン

香りの広がりが豊かでおもわずうっとり顔をしてしまいました。

 

っぱり今日も、

Champagnes are girl's best friend~な夜でした

 

Img_1837

お土産はビーチサンダル。

テラスでカジュアルに楽しめる

スパークリング・ワインです

|

2009/05/27

「I COME with THE RAIN」ワールドプレミアに遭遇!

夜から行われるパーティーに出席のため六本木ミッドタウンへ。

見たいもののあったため、すこし早めに・・・と思ったらある一定の方向に

ものすごい人だかりが・・・ 

芝生広場にあるレッドカーペットと「I COME with THE RAIN」の文字の入った黒い看板。

どうやら、お目当ては木村拓哉さんのようです。

090527a数十分で終了したセレモニーの為に集まった

人ごみの隙間から撮った写真では、

さすがにどれが誰だかわかりませんでした

 

090527c上のを拡大したのが

これ。

翌日TVを見て

ジョシュ・ハートネットさん、イ・ビョンホンさんも一緒だったことが判明。

華やかな顔ぶれをみて スッキリしました~

(左から木村さん、イさん、通訳さんを挟んでジョシュさん)

 

|

2009/05/26

インナーシグナルのリップクリーム☆活用法

090526c 大塚製薬が発売している化粧品

インナーシグナル iconをご存知ですか?

090526b 植物などが成長するのに必要なAMPという成分を

初めて取リ入れたスキンケアブランドです。

中でも私も使用している美容液は、肌のターンオーバーを手助けして、

メラニンの蓄積を抑えシミそばかすを防ぐという

効能が含まれているすぐれもの

洗顔後、すぐに美容液を肌になじませるのがポイント

 

090526a 先日、元「マキア」のカリスマエディターで

現在では雑誌「マリソル」でおなじみの

美容ジャーナリスト小田ユイコさん

ご一緒する機会があったのですが、

彼女がインナーシグナルのリップクリームを

携帯用アイクリームとして使っていると聞いて驚きました

 

なんでもこの硬さと持ち運びやすさがよいのだとか・・・

日中のお化粧直しの際、目元にぐりぐり、塗るのですって。

こちらももちろんAMP配合の「唇用美容液」ですので、

私は普通に寝る前に塗っていましたが、それを聞いて以来、

持ち歩くようになりました

(幸い、まだ目元の乾燥を外出先で感じたことはないので、

実際に試したことはありませんが・・・

勇気のある方、ぜひ試してみては

 

 

大塚製薬インナーシグナルは

こちらのオオツカ・オンラインショップで購入できます

私が出演したYahoo!Beauty「ポーチの中身見せて!」のコーナーはこちらから

(インナーシグナルは掲載されていません

http://cosme.beauty.yahoo.co.jp/column/pouch/20081224/index.html

|

2009/05/25

ASO Celeste(アソ チェレステ)

Asologo 今日のランチは、日本橋にある

ASO Celeste(アソ チェレステ)

Aso5 デパートの中にあるとは思えないような

落ち着いた雰囲気でゆったりできる空間です

 

メニューは、おなかの空き具合によって

ボリュームをかなり幅広く選べるところがGOOD

 

Aso3前菜+パスタだけのメニューから、

前菜~メインを含むデザートまでさまざま。

今回は「前菜+パスタ+デザート」のコースをチョイスしました。

 

プリフィクスメニューの中から、

「期間限定・季節のおすすめ」メニューが

とても美味しそうだったので迷わずそちらを頂くことに。

前菜は

「フォワグラとリー・ド・ヴォーのソテー 紅玉のキャラメリゼ添え マデラソース」

フォアグラには甘く煮込んだ紅玉が、リードヴォーにはマッシュルームのソテーが

それぞれ添えられており、とても贅沢に味わえる逸品

Aso2パスタは「ずわい蟹とからすみのタリオリーニ」

いったい脚何本分というくらいふんだんに蟹が入った

こちらも贅沢パスタ。黒オリーブの

味のアクセントが効いています。

デザート代わりに「チーズ3種盛り合わせ」まですべて完食!

  

忘れてはならないのが、お食事のお供、シャンパン

こちらでは、クリスタルのボトルが美しい「ブランケン」がグラスで頂けます。

テーブルで注いでいただく際に、ボトルを見てみてくださいね!

蜂蜜のような華やかな香りと、色合いも美しいシャンパン。

他のお店ではおそらくグラスシャンパンとして供されていないので、

ぜひ一度、頂いてみてくださいね(ギフトにも最適です

 

ASOチェレステは日本橋三越本店 新館10Fです

|

2009/05/24

八ヶ岳倶楽部・アトリエJunko展

Img_1771_2 週末は八ヶ岳へ1DAYドライブ

その目的地とは、八ヶ岳の別荘地の中にある

八ヶ岳倶楽部」。

こちらは柳生博さんのご子息で、NHK園芸講座で

おなじみの柳生真吾さんプロデュースの

四季折々の自然を楽しめる空間

じっくり頂きたいフルーツティーが名物のカフェレストラン

ギャラリー、ガーデニンググッズのセレクトショップなど施設も充実

 

Img_1753こちらで期間限定で開催されていたのが

「アトリエJunko・テーブルウエアー展」

美しいテーブルウエアの数々を

ヨーロッパから直輸入・プロデュースしている

Img_1765赤松純子先生の新作展示会です

テーブルコーディネートの数々とともに紹介されているものは

すべて「本物」のクラス感を感じさせるものばかり

中には数万円する純銀のナイフレストや、

アルマーニ・カーザ(インテリア)でも使用されている手織りの麻のクロスなどが

八ヶ岳の森の木漏れ日とともに美しくディスプレイされています

Dsc_0046sこんな素敵なテラスで夕暮れ時にシャンパンを頂けたら・・・と

思わず最高のロケーションにうっとりのひとときでした。

「アトリエJunko展」は明日25日まで開催中です。

 

|

2009/05/23

麻布十番パテ屋

090520a ランチタイムに、以前から気になっていた

「麻布十番パテ屋」へ行ってきました

 

ランチメニューはさまざま。

名物・グリーンカレーや豚バラ肉のうま煮アジアンスタイル など、

メニューを読むだけであれもこれもと迷ってしまいました。

でも、パテ屋というからには、パテを食べたい!

ということで、

 

3種から2つが選べるワンプレートプリフィクスランチをチョイス

この日のパスタ「チキンと玉ねぎのトマトクリームパスタ」と

パテサンド・NYスタイルの組み合わせ

こちらは、定番「パテ・ド・カンパーニュ」をサラミと一緒に

オープンサンド風にサーブされました。

小さなソースパンに入ったオリジナルソースが本格的

 

090520b夜はさまざまなパテとテリーヌ、お魚料理など

黒板いっぱいに書かれたメニューが用意されています。

ちょっと気軽に立ち寄るのにもいいですね

 

090520cランチタイムは、

曜日によっては営業していない日もあるので要注意

テイクアウトもできます 

 

090520 麻布十番パテ屋は麻布十番駅2番出口を出て

左を向くとそこにあります

ただし、入口が小さいのでご注意を

|

2009/05/22

シャンパーニュ騎士団・叙任パーティー②

Image1_3 今年新たにシュバリエに叙任されたのは60数名。

日本人がほとんどで、主に料飲食関係者です。

そんな「業務用」のパーティーにご招待され

今回で3度目となりました。

ドレスコードは当然「フォーマル」 

シャンパーニュの普及に貢献した証として、

シュバリエに叙任されると、賞状とメダルが贈呈されます。

私もシュバリエ、欲しい~

 

Img_1456 ディナーは午後8時半ごろから行われました。

広いボールルームいっぱいに席が置かれ、

素晴らしいフルコースディナーを頂きました。

もちろん、それぞれのプレートに合わせて

Img_1463プレステージシャンパンがマリアージュされていました。

それは、アペリティフの8種と合わせ合計14種類

もちろん、全種類頂きましたよ

 

Img_1466 例えば、前菜の

「カリフラワーの軽いムース 桜エビのフリット添え

サーモンのカルパッチョ仕立て エシャロットとバジルの香り

車海老と帆立貝 季節野菜のプレッセ 紫蘇とケッパーのアボガドレリッシュ」

には、「テタンジェ コントドシャンパーニュ ブラン・ド・ブラン1998」が。

その他、ルイ・ロデレール「クリスタル2002」や「ドン・ペリニヨン1999」

などなど、名だたるシャンパーニュが登場。

各メゾンのオーナーもフランスから来日してディナーに出席していました。

 

Img_1481  素晴らしいディナーと共に、

ゲストも有名なシェフの方やソムリエ、

芸能人の方もたくさんお見かけしました。

辰巳卓郎さん、別所哲也さん、

Img_1479 鎧塚パティシエと川島なお美さん、

知花くららさん、森泉さん、

壇ふみさん、かたせ梨乃さん、早見優さんetc..

 

お開きが23時過ぎになるところはフランス流。

それでも、いつまでも続いてほしいと願うほど

豪華ディナーを堪能した夜でした.

 

|

2009/05/21

シャンパーニュ騎士団・叙任パーティー①

090516  去る5月16日金曜日、

シャンパーニュ騎士団の叙任セレモニーが行われました。

そして、その後開かれた公式ディナーパーティーに

出席して参りました。 

 

090515lounge 会場は、日本橋にある

マンダリンオリエンタル東京

こちらのグランドボールルームで

スイス人シェフによるフルコースディナーと

素晴らしいシャンパンの数々を頂きました。

 

Img_1437ディナーの前にはアペリティフが行われたのですが、

その前にすこしお腹に何か入れておこうと

すこし早めにホテルへ伺いました。

最上階にある「オリエンタル・ラウンジ」で

夕陽を見ながら

トマトジュースとチーズを頂きました。

 

Img_1439そして、アペリティフタイムへ 。

この1時間の為だけに8種類のシャンパンが供されました。

サロン1997年ヴィンテージがなんと、立ち飲みです

 

Img_1445 しかも、グラスは、この春、ホテレスショーにて

ディスプレイを担当させて頂いた

ツヴィーゼル社の「色っぽい」グラス

「DIVA」でますます感激!

Divawine ちなみに、DIVAのデザインコンセプトは「女性の脚線美」

ステムのシルエットに注目、曲線の手触りが最高

美味しいシャンパンを頂くには、グラスも重要です! 

 

 

豪華ディナーの様子は、また明日

 

|

2009/05/20

ホットサンドにハマってます☆

090518b 最近、MYブームのホットサンド

ついに、ホットサンドメーカーを購入

してしまうほどの熱の入れようです

320x320_1222879 きっかけは、代官山にあるカフェ・ミケランジェロ。

ほかの方が召し上がっていたのを見て、

私もついついオーダー。

中からチーズがとろ~りがたまりません

 

というわけで、

私流のカンタンホットサンドは、冷蔵庫にあるもので作ります。

オススメの組み合わせは、ミケランジェロのメニューにもある

 

モッツァレラチーズ+フレッシュトマト+バジルの組み合わせ。

 

090518c モッツァレラチーズはスーパーで売っている

国産のものでOK

さらに、今日はフレッシュトマトの代わりに

先日EATALYで購入したトマトソースと、

バジルはフレッシュのものがなかったので、市販のバジルソースを使用。

 

090518d 写真が上手に撮れなくて残念

でも、中のチーズがとろ~りしているのが

見えるかしら?

色どりも良く、食欲をそそられます

甘いもの好きな方にはチョコレートがおススメです。

是非、おためしあれ~

 

 

|

2009/05/19

カフェミケランジェロ

Img_1412 代官山駅からほど近い

旧山手通り沿いにある

「カフェ・ミケランジェロ」

待ち合わせで使う際にも、

Img_1413すこし早めに行ってのんびりしたり、

相手が来てからも、

そのまま数時間!話が続いてしまったりと

このカフェでは、まるで時間が止まってしまったかのようなひとときを

過ごすことができます

 

Img_1411ドリンクメニューも充実していて、

普段は白ワインを頂くことが多いのですが、

すこしお腹が減っているときは、ホットサンドを頂きます。

(欲を言えば、もうすこしボリュームの少ない

中間のメニューがあるといいのにな、と思います) 

 

今回もガールズトークに花が咲き、結局何時間居たことか・・・

いつもほんとうにすみません

窓際に面した席が私の定番。オススメです

|

2009/05/18

パーティープロデュースのお仕事②

Img_1620s_2

先週末は、台場・ホテル日航東京で

パーティープロデュースのお仕事でした

 

当日担当したフードコーディネート。

フードは見た目に美しく、おなかも膨れるものを

というオーダーだったので、バランス良く。

Image2_2  メインは、シェフ自らがカットするローストビーフ。

ソースはフルーツを使ったものや和風味など、

全部で8種類。

その中から自由に選べるようにして、

Image4女性にも楽しめるように工夫しました。

 

デザートタイムはテラスで。

Image3こちらの照明もブルーで統一。

 

テラスでは、美しい夜景を楽しんで頂けるよう、

明るすぎず、暗過ぎず がポイント

 

約2時間のパーティーでしたが、準備期間は約2か月。

しかし、そんなことも忘れてしまうほど、ゲストの笑顔に

私自身パワーを頂いた夜でした

 

|

2009/05/17

パーティープロデュースのお仕事①

Img_1617s_2

週末は、パーティープロデュースのお仕事でした。

場所は、東京湾の夜景が美しいと評判の

ホテル日航東京@台場。

バースティパーティに合わせ、東京タワーの

Img_1535_2ライトアップもキャンドルこの上ない演出に感激!

(写真をクリックすると大きくして見られます)

 

パーティーでは、フードコーディネートも担当しました。

ウエルカムドリンクは、この日の主役であるヨットマンの

ために海をイメージしたオリジナルカクテル。

Image1_2ブルーキュラソーをシャンパンで割り、

Img_1523s_2グラスのふちには、

星の形のスターフルーツを★

 

 

 

 

そのほかのフードやデザートについては、また明日お伝えします

 

 

|

2009/05/16

カルティエ・クリエイション展「Story of・・・」

Img_1386  今回、初めて上野公園の端、

東京国立博物館へ参りました。

美しい建築に、庭園に一瞬、本来の目的を忘れ

敷地内を探索してしまいました。

 

Storyof本来の目的とは・・・

創業以来作り上げられてきた宝飾商、

「カルティエ」の歴史的ジュエリーの展覧会

「Story of・・・」展の鑑賞。

会場内には1847年の創業当時から最新作まで

276点が所狭しと並んでいます。

本当のジュエラーに入ったようなディスプレイとライティング効果で

一つ一つがほんものの「商品」であったときのように、

現在では貴重な「芸術作品」として、展示されています。

 

0905pen

この展覧会を手掛けたのは、デザイナーの

吉岡徳仁さん。  雑誌Penの最新号では

特集が組まれており、自ら手掛けた作品や

バックステージも紹介されています。

 

展示フロアは1Fと2Fにわかれており、

Storyofgk_2 2Fでは、展示方法を変え、ひとつひとつのジュエリーにまつわる

ストーリーを当時の写真とともに紹介しています。

私の憧れる美、グレース・ケリーのロイヤルウエディングで

使われていたのも

カルティエのジュエリーであることを初めて知りました。

  

Storyof2宝石は時が経ってもその輝きが変わりないのです。

永遠の美しさを持っているからこそ、誰もが憧れるのかもしれませんね

どうぞ、た~っぷりと時間を用意してご覧くださいますよう

 

日仏交流150周年記念 特別展

「カルティエ・クリエイション めぐり逢う美の記憶」は5月31日まで

東京国立博物館 表慶館にて行われています。

(注)同敷地内では「阿修羅展」が行われており、人の流れは完全にそちらへ向いていますので

チケット・会場ともにお間違いのないように!

|

2009/05/15

EATALY 三越店

代官山で大人気のイタリア食材店「イータリー」の2号店が、

先月、日本橋にある三越新館地下にオープンしました

代官山に比べて小さいのですが、そのぶん厳選されたアイテム。

見るだけでもかなり気分が上がります

 

ココに行くだけでイタリアの前菜~食後のデザート、エスプレッソまで揃います。

その場で好きなだけスライスして購入できる生ハム。

とてもソフトで、塩加減も絶妙!脚まるごと1本でも購入可能。(約14万!

チーズも充実の品揃え

「本物」のリコッタチーズがあって感激!

そのほかにもイタリア各地で作られているヤギ・羊のチーズも。

こちらも、パルミジャーノチーズ丸ごと購入できます

ワインや塩、パン、お菓子などなど・・・行ったら隅々まで見ないと気が済みません

 Eatalysause

と、いうわけで、今夜はパスタに決まり!

「パルミジャーノチーズと白トリュフのクリームソース」

ペンネを購入し、さっそくいただきました

Eatalypasta

 

EATALY 日本橋三越店は、

日本橋三越 新館地下1Fです。

|

2009/05/14

日本橋一ノ一ノ一

G714618l 住所がそのままお店の名前!

日本橋のお料理屋さん「イチノイチノイチ」へ行ってまいりました。

場所は日本橋のすぐ脇。

G714618ps1 ディナータイムにはたいまつが目印です

お店の入口は、川と反対側にあります。

日本酒や焼酎がずらりと並ぶカウンターも良いですが、

何といってもテラスがおススメです。

1ichi1 (但し、常に満席状態なので、予約したほうがBetter

ランチタイムに行くならセットがおススメ

平日はもちろんですが、週末は夕方まで食べられます。

夜はアラカルトで全国各地から送られてくる鮮魚料理が日替わりで楽しめます。

読むだけで楽しくなり、全部を食べたくなるメニューも必見です

日本橋にお出かけの際には、ぜひ、お立ち寄りください。

  

「ニホンバシ イチノイチノイチ」

東京都中央区日本橋1-1-1国分ビル1F

℡ 03-3516-3111

|

2009/05/13

ルーブル美術館展

Img_1393 上野公園内

国立西洋美術館にて行われている

ルーブル美術館展を鑑賞しました。

 

いままでに何度となく日本でおこなれているルーブル展ですが

今回は、17世紀のヨーロッパ絵画をテーマに行われていました。

時代背景を表す絵画が多くみられ、

当時宮廷で流行った肖像画、対極的に農民の姿を描いたもの、

宗教画が流行った時代の宗教図像など。

 

この時代や画風が

最近の展覧会では多く取り上げられているような気がするですが、

キュレーターの間で流行しているのでしょうか?

 

Image11 もちろん

レンブラント「縁なし帽を被り、金の鎖をつけた自画像」

やフェルメール「レースを編む女」といった

「目玉作品」の展示もあります。

ちなみに、音声ガイドを担当しているのは

中尾彬さん。こちらも聞いてみたいですね!

 

ルーブル美術館展~17世紀ヨーロッパ絵画~

~6月14日まで

東京・上野公園 国立西洋美術館にて開催中。

http://www.ntv.co.jp/louvre/

|

2009/05/12

シェラトン都ホテル東京 BANBOO

Hotel_top_1今日はお仕事

シェラトン都ホテルへ

行ってまいりました。

 

1_2_13打ち合わせ場所は

ロビーラウンジ「BANBOO」。

1_1_2_21午前中にもかかわらず

お仕事の方、のんびりお茶を楽しむ方などなどで

多くの人が利用し賑わっていました。

大きな窓越しに見える

新緑萌ゆる庭園の素晴らしさにうっとり

夜はJAZZの生演奏も行われるとか。こちらも楽しみですね

アジアンな雰囲気漂うラウンジでこの日オーダーしたのは

ジャスミンティー

いつかこの庭園も散歩してみたいと思いました。

ちなみに、このホテルでのお食事は中華「四川」がおススメだそう

次回スポーツクラブの後、ぜひ立ち寄ってみたいと思います

 

シェラトン都ホテル東京

〒108-8640 東京都港区白金台1-1-50

TEL.03-3447-3111

|

2009/05/11

エカテリーナ2世の四大ディナーセット展

Img_1330昨日訪れた東京都庭園美術館。

お目当ての

「エカテリーナ2世の四大ディナーセット展」へ

行ってまいりました

 Img_1331

普段はロシア・エルミタージュ美術館にて

展示されているテーブルセットを

この期間だけ特別にこちらで見ることができます。

 

アールデコ調の旧朝香宮邸のインテリアに

このゴージャスな食器たちがまるで現実的なものに見えてしまうのが不思議

 

Image5← トルコとの戦争勝利のお祝いに贈られた

「ベルリン・デザートセルヴィス」

センターには真っ白な磁器で作られた

エカテリーナ2世の彫像が置かれていて、

当時のお顔が拝見できます

 

 

Image3←カメオ好きのエカテリーナが友人ポチョムキン公爵に

贈った「カメオ・セルヴィス」

エカテリーナはカメオの熱心なコレクターでもあったよう

豪華な宝飾を施したシガレットケースや剣なども

合わせて展示されています。

 

Image6←さらに、

ウエッジウッドがイギリスの田園風景を一枚一枚手書き

で描いた「グリーン・フロッグ・セルヴィス」

プレートにはきちんとフロッグ(=カエル)のお印が。

 

Image8 ←勲章を与えられた叙勲者の祝賀会に使われた

「聖ゲオルギー・セルヴィス」には、

当時のロシア人の民族衣装をまとった

人々の色鮮やかなフュギュアを見ることができます

 

 

庭園散歩のついでに、18世紀ロシア宮廷生活を垣間見てみませんか?

「エカテリーナ2世の四大ディナーセット展」は

7月5日まで東京都庭園美術館にて行われています。

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/catherine/index.html

|

2009/05/10

東京都庭園美術館

Img_1335この時期にしか見られない

生き生きとした若葉の緑色が大好きです

こんなときはついついお散歩をしたくなるのです

今日は、白金台にある

東京都庭園美術館へ行ってまいりました

 

場所は、東京メトロ白金台駅とJR目黒駅のちょうどまんなか辺り。

私は、白金台駅から向かいました。のんびり歩いても10分とかかりません

 

Img_1329入園にはチケットが必要ですが、安心感あり

庭園へ向かう途中の木々も伸び伸び

門をくぐっただけで空気まで一変したよう。

 

 

Img_1334奥へ進むと芝生広場、日本庭園と西洋庭園があり、

小さな子どもたちや奥様方が思い思いの場所で

のんびりとひと時を過ごしています。

私も、木陰の椅子に座り、本を広げてのんびりと

M_cafe02 もしも、お腹が空いたり、ノドが渇いたら、

カフェ「酒茶(サーシャ)kanetanaka」へ。

料亭「金田中」のプロデュースする和カフェで、

ランチやディナーの営業もあります。こちらは、

庭園に入園しなくても使えるということなので、

機会があったら改めて行ってみようと思っています

 

Mk_map 「東京都庭園美術館」

東京都港区白金台5-21-9

詳しい地図はこちらです。

http://www.teien-art-museum.ne.jp/info/index.html

|

2009/05/09

Le coup de coeur!②

先日頂いた「ル・レモア」のメニュー

「若鶏ときのこのグラン・メール風」を参考に、

さっそく週末のメニューとして挑戦してみました

 090509b

残念ながら、我が家にSTAUB鍋はないので、

愛用のル・クルーゼ鍋で代用しました。

 

<材料>

鶏骨付きモモ肉 2本

新ジャガイモ 小さいもの

キノコ類(シメジ、エリンギ、マッシュルームなど)

タイム・ローズマリー・ニンニク

 

<作り方>

①ル・クルーゼにオリーブオイルとニンニクを入れ、香りが出たら

塩胡椒した鶏肉を皮目からソテーします。

 

②ジャガイモは、小さな新ジャガイモの場合は、そのまま加えます。

大きい場合は2~4つにカットしてから。また、新ジャガでない場合は

あらかじめレンジで固めに火を通しておきます。

 

③お鍋にジャガイモ、キノコ、ハーブを入れ、

白ワインを加え軽くアルコール分を飛ばすようにします。

それから、蓋をしてチキンに火が通るまで蒸し焼きにします。

 

090509grand_mere_of_chicken完成ですかなり満足な仕上がり

出来上がりの写真を撮り損ねました

イメージはこんな感じです

人数が多い場合やパーティの時には、

丸ごとのチキンで作ると、見た目もより美味しそう

また、お好みでペコロス(小玉葱)やブラックオリーブを入れても

ボルドーの白ワインと一緒に頂きました

|

2009/05/08

映画「ファクトリー・ガール」

Factorygirl5_2この映画の主人公は、良家の娘に生まれながらも

歪んだ家庭環境のもとに育っていた画家志望の

イーディ・セジウィック。

学生時代に彼女は自分の夢を果たすため知人を訪ね、NYへ。

そこで見かけた1枚のポスターにはポップアートの寵児、

アンディ・ウォーホルの文字が。 

間もなく、二人は運命的な出会いを果たし、

瞬く間に「ウォーホルのミューズ」として輝き始めるイーディ。

 

Factorygirl2しかし、その後(ボブ・ディラン)と出会ってから、

イーディの心は二人の間で揺れ動きはじめます。

「君の心の中は空っぽのスープ缶だ」という言葉は、

Factorygirl4心底、イーディの心を打ったのでしょう。映画の中で、

二人が恋に落ちていくのはとても自然なことのように見えました。

その後の、3人が顔を合わせるこのシーンでは、見ていてかなり緊張

こんな場面を体験した人には、この気持ち、凄く分かるはず!!

 

Factorygirl3ドラッグの更生施設で自分を振り返りながら、

穏やかに語るイーディが

「このときの決断は人生最大の失敗だった」と言った出来事も、

あのとき、あの場では、仕方のないことだった、と、思うのです。

 

この映画で描かれる光と闇の対極は激しく、痛いほどです。

そのあとのイーディの姿は、正直あまり見たくありませんでした。

シエナ・ミラーはそれを見事に演じきったと思います。

 

また、直接映画では描かれていませんが、彼女は

厚生施設を出た後、施設で出会った男性と結婚しました。

しかし、その秋、ドラッグの過剰摂取で死亡。28歳でした。

 

Factorygirl1 私は、この60年代のキラキラした時代を体感してないぶん、

この映画の魅力のすべてを感じ取れなかったのかもしれません。

それでも、このイーディ・セジウィックという女性の人生を通して

ほんのすこし、この時代を感じることが出来た気がしました。

映画「ファクトリー・ガール」はDVDにて発売中です。

 

 

 

|

2009/05/07

音波洗顔・クラリソニック

090507b美容セレブを中心に話題なのが、

音波の力で肌を洗う「音波洗顔」

私もふだんから愛用している音波洗顔器

「クラリソニック」がCafeglobe.comに掲載されました

http://www.cafeglobe.com/beauty/promotion/clarisonic/vol1/index.html

 

090507c 使い方はとっても簡単!

普段の洗顔の際、普通に洗顔料を泡だてた後、

水にぬらしたブラシをそっとあてるだけ

1秒間に300回の音波振動が肌に伝わり、

そのマッサージ効果で汚れを浮き上がらせてくれるので

手で洗顔するより肌に負担をかけることなく汚れをしっかりオフしてくれる

というわけです 

 

まったく力を入れずに肌をやさしくなでるようにブラシを動かし、

あとは普通にお水ですすぐと洗い上がりのお肌はツルツル

ほんとうに滑らかな肌になっていたので驚きました!

 

 

こちらは全国のクリニック

クラリソニックのホームページからもショッピングできます。

さらにこの5月から新宿伊勢丹で発売を開始したそうです。

是非、お試しあれ!

|

2009/05/06

ビストロフレンチ「ル・レモア」

Mainimage01 以前から行ってみたいと思っていた

ビストロ「ル・レモア」へ行ってまいりました。

店内は、まるでパリのビストロインテリアやテーブルマットなど、

全てがフレンチスタイルなのです

 

このお店は表参道にあるフレンチ「ランス・ヤナギダテ」や

ボリュームたっぷりのハンバーガーが美味しいカフェ

「ル・カフェ・ベルトレ」を手がける柳舘シェフのお店。

新丸ビル内にあるこちらのお店でも、もちろん美味しい

ビストロ風フレンチを頂けます。

 

しかも、嬉しいことに19時までハッピーアワーを行っており、

グラスシャンパンやワインが500円から頂けます

それに合ったちょっとしたおつまみもリーズナブル

 

Img_1347メインディッシュにぜひ食べたかったのが

豊富なSTAUB鍋のメニュー。

本日は「鶏ときのこのグランメール風」を頂きました

たっぷりのローズマリーで風味づけした骨付きチキンが美味

一緒に入っているほくほくの新じゃがいもや丸ごとのニンニクもすっかり頂いちゃいました

 

この週末はこのメニューを真似て、我が家のル・クルーゼで作ってみることにします

 

「LE REMOIS(ル・レモア)」新丸ビル5F

 5224-8771

http://www.reims.co.jp/remois/index.html

|

2009/05/05

ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン2009

090505今年もやってきました!

毎年GWになると丸の内一帯が

クラシックのお祭りと化す

「ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン」

2009年は「バッハの年」ということで

ブランデンブルグ(=ブランデンブルグ協奏曲)

好きとしては待ってました!という感じ!

 

Img_1345 しかし、今年はお仕事で忙しくて

どのコンサートにも結局行けずじまい

かろうじて、通りかかった丸ビルで

無料コンサートを見ることができました。

来年は、誰の特集になるのか今から楽しみですね

http://www.marunouchi.com/marunouchi_music/

|

2009/05/04

A la Reine Astrid(アラレーヌアストリッド)

090501aa 昨年2月に日本初上陸した

パリのショコラティエ「ア ラ レーヌ アストリッド」。

麻布十番の一角にあるショップへ行ってまいりました。

 

パリでの創業は1935年。

ショップの名は、同年に不慮の事故で亡くなった

ベルギーのアストリッド王妃にちなんでつけられました。

 

090501bサンゴ色で統一された店内。

ショーケースに並んだ美しいショコラたち。

20種以上のショコラすべてがパリから空輸されて来るそうです。

優しい店員さんがそれぞれのショコラを丁寧に解説してくださり、

心からどれにするか迷ってしまいました!

090501 ショコラティエ「ア ラ レーヌ アストリッド」

麻布十番店(ピーコックの向かいにあります)

11:00~20:00 OPEN

 5439-9605

http://www.alareineastrid.jp/

|

2009/05/03

イタリアン「OTTO」

環八通り沿いにあるイタリアンレストラン「OTTO」へ行ってまいりました

 

090430cちなみに、OTTOとは、イタリア語で「8」の意味

入口に反し、意外と広くて明るい店内は、

等々力渓谷から吹く、さわやかな空気に包まれていました。

 

ランチタイムは、メインをパスタかピザからチョイスできるコース。

他にはサラダとドリンクが付いています。

私は野菜のたっぷり入ったトマトソースのパスタをオーダー。

まるでベジタリアン!

一緒にいた友人はカルボナーラを頂いていましたが・・

これがとっても美味しい!とてもクリーミーで、次はこれにしよう!と誓ったのでした

090430b 追加オーダーでピザ・マルゲリータも!

こちらのピッツァは窯で焼いているので、

皮が薄く、パリッとしています。

バジルの香りとモッツァレラチーズのとろ~り感がベスト・マッチ!

とても美味しかったです

ワインもリーズナブルで、白ワインを頂きながらの幸せランチタイムでした

 

OTTO(オット)

東京都世田谷区野毛1-17-11

(田園調布駅からタクシーが便利です)

 03-3704-3778 

|

2009/05/02

ネーム・タグのススメ。

090415先日、パリへ行った際

ルイ・ヴィトンで旅行鞄を購入してきました。

だから、帰りには、旅行鞄を2つ預けるという

おそろしい事態になったのですが 

ルイ・ヴィトンの旅行鞄を購入すると、必ずネーム・タグが付いてきます。

滞在先のパリでは、時間がなかったため、日本に帰ってから

表参道のルイ・ヴィトンでネーム入れをお願いしに伺いました。

ただ名前を言えばいいのかと思いきや、実にさまざまな選択肢がありました。

 

①ネームを入れる位置(表・裏/縦書き・横書き)

②文字の大きさ(3種類から選択)

③文字の色(12色?もっと??)

 

正直、そこまで考えていなかったのでかなりその場で迷いました。

そして、やっと決めてできたのが上の写真

裏に横書き、中サイズの金色文字。

ランチの間の数時間で仕上げてくださいました。

自分の名前が入ると、とても愛着がわくものです

 

このネーム入れは、いつ、どこのルイ・ヴィトンでもOKです

ただし、店によって納期が変わりますのでご注意を。

|

2009/05/01

今日はスズラン・デー!

070501 5月1日は「ミュゲの日」です。

「ミュゲ」とはフランス語で

Muguet=「スズラン」を意味します。

フランスでは、この日に

大切な人にスズランを贈ると、

もらった人に幸運が訪れると言われています。

 

私も、ミュゲの日を知ってから今年で3年目を迎えました。 

スズランは「花嫁の幸福を祈る花」として花嫁に送られる花として

ヨーロッパでは定番的存在。

かのグレース・ケリーのウエディングブーケもスズランでした。

 

3183 幸せを運んでくれそうなスズランの香り。

その香りはバラ・ジャスミンと並び

世界3大フローラル・ノートを呼ばれるほどです。

クリスチャン・ディオールのフレグランス「ディオリッシモ」も

スズランの香りがベースになっています。

 

フランスでは、この日に限り許可のない人でも

スズランだけは売ってもいいというほど、一般的な慣習になっています。

日本でももっと広まるといいですね

 

ミュゲの日(スズラン・デー)推進委員会 

加東 亜希子 

 

かってに名乗らせていただきました

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »