« 佐倉「リストランテ カステッロ」 | トップページ | 2009-10秋冬コレクション 「Hart」 »

2009/04/24

映画「スルース」

51bfk0jpkcl__sl500_aa240_ 2007年公開の映画で

既に1972年に公開されているリメイク版。

ちなみに「スルース(SLEUTH)」とは「探偵」という意味です。

 

物語は、突然始まります。

防犯カメラに映し出される一台の車

来訪者が主人のいる家の中に招き入れられたところで

カメラは現実に切り替わります

ジュ-ド・ロウ演じる若い男は、主人に妻との離婚を迫りに訪れました。

有名なミステリー作家である主人は、彼にとあるゲームを提案するのですが‥。

 

という‥あらすじにあるこの話は、ものの30分で終わってしまうのです。

 

しかし、映画は残り1時間

私は見事に騙され裏切られ欺かれました。

この映画の結末をこの場で伝えることは出来ませんが

見ている私たちもまんまと「ゲーム」に参加させられてしまうのです。

映画の世界に引き込まれ、見ているほうはドキドキしてしまいます。

 

20080111004fl00004viewrsz150xミステリー作家の主人を演じるのは、

マイケル・ケイン。ジュ-ド・ロウが妻の恋人役。

同じ映画の中でさまざまな顔を見せてくれます。

リメイク前は、マイケル・ケインが演じた役でもあります。

二人の間にはさまざまな違いがあります。

年齢、国籍、仕事、環境・・・。

それでも、ほんのわずかなバランスの変化で

二人の力関係が換わってしまうのだ、ということを

こんなに緊迫感たっぷりと目のあたりにしてしまうと、

自分のポジションの危うさを感じずにいられません。

 

このレールの先が見えないジェットコースターを見てみてください。

「Good Night, Darlin」

|

« 佐倉「リストランテ カステッロ」 | トップページ | 2009-10秋冬コレクション 「Hart」 »