« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/27

クリスチャン・ディオール記念展

070420dior_1 クリスチャン・ディオールが

メゾン設立から60年を迎えました。

その記念展が銀座ディオールビル

にて行われています。

 

ムッシュ・ディオールが「クリスチャン・ディオール」を立ち上げたのは

1947年のこと。

初のコレクションのテーマは「クローラ」と「8」。

真紅のバラとスズランで彩られたメゾンでのコレクションは

「ニュールック」といわれ、大成功を収めました。

ムッシュ・ディオールはその後わずか10年で他界してしまいますが、

その後も数々のデザイナーに支えられ、メゾンは健在。

そして、1997年、現在のデザイナー、ジョン・ガリアーノの登場によって

その人気はさらにパワーアップすることになります。

 

今年はメゾン設立60年に加え、この

ジョン・ガリアーノ就任からちょうど10年を迎えます。

この展覧会では、ムッシュ・ディオールの当時の作品と

ガリアーノがインスパイアされて作り上げた作品を同時に見られます。

 

昔からある美しいものの普遍さと、時代の流れが紡ぎだした

現代の美しさの両方を感じ取ることが出来ました。

 

 

Two Decades of Creation Mousieur Dior x John Galliano

~モードを変えた二人の奇才~

2007年4月20日~5月31日 11:00~20:00

会場:ディオール銀座5F

入場無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/20

プラス+ライフスタイルVol.3

0704春は出会いの季節。

新しくお知り合いになった方を

家にお招きするという機会も増えますね。

 

テーブルコーディネートと聞くと難しく考えてしまいがちですが、

いちばん大事なことは、お客様を気持ちよくお迎えしたいという

気持ちを表すことだと思います。

 

ところで、テーブルセッティングには

フランス式とイギリス式があるのをご存知でしたか?

実は、フォークを伏せて置くのがフランス式。

これは、相手にとがったものを向けない=「友好」のサインと

いわれていますが、

昔は必ず裏側に彫ってあった自分の家の紋の美しさを

自慢するためあえて裏向きにしていたという

理由もあったようです。

こんなところにもお国柄がでるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

グレース・ケリー展

070417grace1ハリウッドからモナコ王妃へ・・・。

53才という若さで自動車を運転中に脳出血を起こし

事故にあい、帰らぬ人てなってしまったグレース・ケリー。

この展覧会では、彼女の写真や映像、ドレス、ライフワークが展示されています。

 

写真コーナーでは、まず「世紀の結婚式」の一日を追っています。

この日のグレースのなんと美しいこと!

純白のドレス、手には、幸せを呼ぶスズランのブーケ・・・

まるで、映画のワンシーンのようです。

会場ではこの日の様子を映像で紹介もしています。

 

一番の注目は、やはりドレス。

すべてがエレガントでクラシック!

いま着ていてもおかしくないくらいです。

良きデザインはいつの時代にも受け入れられるのだ、と思いました。

ディオール、シャネル、バレンシアガ・・・

レニエ公とはじめて出会った日のドレスが飾ってあるのが

なんともロマンティック!

もちろん「本物の」ケリーバッグも展示してあります。

 
ライフワークのコーナーでは、プレスドフラワー(押し花)作品の数々が。

花を愛したグレース・ケリー。

多くのバラがモナコの名を冠しています。

会場では、彼女の押し花作品が数多く飾られています。

どれもセンスの良さが感じられる、繊細で美しい作品ばかりでした。

 

私自身、グレース・ケリーは昔から大好きで、

古きよきハリウッド女優の

一見近寄りがたいような特別なオーラを感じさせる存在です。

「裏窓」などで見られる気品あふれる姿は

いつでも憧れの対象です。

 

 

花を愛したモナコ公妃 グレース・ケリー展

日本橋三越 新館7階ギャラリーにて開催中です。

4/17(火)~29(日) 

http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/princesse/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/14

エリオット・アーウィット写真展

0704elliott2_1 名前は知らなくても、この人の写真は

きっとどこかで

一度は目にしたことがあると思います。

銀座にあるシャネルブティックの

4F「ネクサスホール」で行われている

「エリオット・アーウィット写真展」へ行ってきました。

 

今回の写真展では、2006年に刊行された

「パーソナル・ベスト」という写真集から50人の著名人が選んだ

写真が展示されています。

おなじみの写真に加え、ユーモアあふれる犬の写真や子供たちなど

被写体やその撮影場所もさまざまです。

中には、京都で撮影されたものもありますが

彼のお父さまが仏教徒ということもあり

日本を訪れる機会が多かったようです。

  

入場も、立派な図録も無料。

しかも表紙の色が白・赤・黒から選べるとあってこれはかなりオトクです(^^;)

0704elliott1パーソナル・チョイスというタイトルに習って

私はこの写真を選んでみました。

あなたのチョイスはどれでしたか?

 

 

エリオット・アーウィット写真展 パーソナル・ベスト パーソナル・チョイス

開催期間  2007年4月6日(金)~ 5月6日(日) 11時~20時 
入場無料
開催場所  シャネル銀座ビル4階シャネル・ネクサス・ホール
問合わせ先  シャネル・ネクサス・ホール 03-5447-3079

http://www.chanel-ginza.com/nexushall/elliott/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

映画「ホリディ」

Pho07 映画「ホリディ The Holiday」を見てきました。

 アマンダ(キャメロン)は映画の予告編の制作会社の女社長。

彼の浮気が発覚し、家から追い出してしまう。

一方、アイリス(ケイト)は、ロンドン郊外に住む新聞記者。

付き合っていたと思っていた彼が別の女性と婚約してしまう。

そんな最悪の状況から抜け出したい2人は、

2週間お互いの家を交換する「ホーム・エクスチェンジ」して、休暇を取ることに。

それぞれ出会いがあり、恋に落ちるのですが、過去の経験が邪魔したりして・・・。

(でも、それまでの苦しみがあったからこそ、「幸せ」をつかめるのですが。)

登場人物たちと、一緒にドキドキが楽しめる映画です。

 

アマンダ邸のインテリアが素敵!

広さはもちろん、色使いや雰囲気全て真似したいほどでした。

余談ですが、

ジュード・ロウが普通の役で出てくると「裏に何かあるのでは・・・?」

とついつい怪しんでしまうクセがあることもこのたび発見しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

ニルヴァーナNY@六本木ミッドタウン

Img_0036_1 今年の3月30日にオープンを迎えた六本木ミッドタウン。

いくつかあるお目当てのレストランのうち

まずはこちらへ行ってきました。

 

ニューヨークで伝説のインディアン・レストラン「ニルヴァーナ」が

惜しまれながらもその幕を閉じたのは2002年のこと。

5年のときを経て六本木ミッドタウンに復活しました。

 

Img_0035 ランチは、ビュッフェのみの営業です。

なんといっても、眺めのよい庭が見渡せる窓際の席がおすすめ!

カラフルなファブリックを使ったイスもとてもカワイイのです。

 

Img_0037 この日、ビュッフェに並んでいたのはオードブル3種

(フリッター・インド風オムレツ・カレー風味の茹で野菜マリネ)

サラダ、フルーツ、本日のカレー3種

(チキンのトマト風味、レティア(緑豆)、ラムのキーマカレー)

デザートはゼリーとムース、ミニサイズのスコーン(レーズン、ティー)・・・。

さらに、焼きたてのナンをテーブルに持ってきてくれますので、

ご飯は控えめに・・・がポイントです!

 

なんといってもカレーが美味しい!

チキンは一度グリルしてから煮込んでいます。

骨も外してあり、とても食べやすい心配りがされています。

ラム好きとしては嬉しいキーマカレーは辛さとのバランスが抜群。

レティアは一番マイルドで身体に良さそうなお味。

・・・どの位食べたか分からないほど頂くことができました(^^;)

 

ニルヴァーナ ニューヨーク

東京ミッドタウン ガーデンテラス1F
TEL 03-5647-8305

(ランチ) 11:00~16:00(LO15:00)
(ディナー)17:00~24:00(LO22:00)

http://www.nirvana-newyork.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »