« プラス+ライフスタイルVol.2 | トップページ | ニルヴァーナNY@六本木ミッドタウン »

2007/03/17

ASHES AND SNOW

Aas  動物と人間が一緒に写ったセピア色の写真。
一度はどこかで見たことがあるかもしれません。
私も記憶の片隅で以前から気になっていました。
コンテナを積み上げてつくった仮設移動式美術館
「ノマディック美術館」がイタリア、NY、LAを経て、お台場に現れました。
 
中にはいると高い天井。板張りの長い廊下。
その両脇には石が敷かれ、タペストリーのように
手漉きの和紙にプリントされた作品が吊されています。
 
会場は三本の長い廊下で構成されており、
それぞれのつきあたりにはスクリーンで映像作品が流されています。
浮かんでいく少年。波打つ水面。幻想的なスローモーション。


惹きつけられるのは人間になのか、それとも動物なのか。
すべての写真の中にお互いの美しさが共存しています。
なによりも、崇高さが感じられるところが
私が最も惹かれた理由かもしれません。
 
会場の外に出ると、なんとグレゴリー・コルベール氏が取材を受けていました。
ミュージアムショップでは、オープニングキャンペーン中につき
作品集を買うとDVDが一緒についてくるそうです。・・・かなり欲しい(^^;)
 
雨の日には、天井に雨が打ち付けられる音もBGMに加わるのかな?
期間中にもう一度、雨の日に行ってみようと思っています。
 
070315ccASHES AND SNOW
ノマディック美術館(りんかい線「東京テレポート駅」前)
3/11~6/24


(~4/1迄六本木ヒルズでもグレゴリー・コルベールの
関連展を行っています)

|

« プラス+ライフスタイルVol.2 | トップページ | ニルヴァーナNY@六本木ミッドタウン »

コメント

ヒルズのやつはこの前行きましたよー。
たまにはこういう余裕を持たないとダメですね。。。

投稿: おおくら | 2007/03/17 13:39

実はわたしもほんの30分しか時間が取れなくて
慌てて見てしまい後悔しました。

こういうものは時間をゆっくりとって
の~~んびりしたキモチでみて
あらゆるモノを受け止められる
「心のゆとり」がなくてはいけませんね・・・
と自ら反省しました(^^;)

投稿: SEASON FLOWERS | 2007/03/17 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASHES AND SNOW:

« プラス+ライフスタイルVol.2 | トップページ | ニルヴァーナNY@六本木ミッドタウン »