« ネスプレッソ・デビュー! | トップページ | 銀座「ブシュロン」と「婦人画報」スペシャルイベント »

2006/12/11

映画「敬愛なるベートーベン」

061212a  テレビドラマ「のだめカンタービレ」の影響もあってか、

いま再びクラシック音楽に注目が集まっていますね。

今回観に行った映画「敬愛なるベートーベン」も

平日の昼間にかかわらず、劇場は満席に近い状態でした。

 

このストーリーはあの「第九」が完成間近のベートーベンの元に

写譜師として主人公のアンナが訪れるところから始まります。

二人の交流が段々と深まるなか、

「第九」初演の大成功を機に、その絆は決定的な繋がりをもたらします。

しかしその後、二人で曲を完成させるのですが、ベートーベンは

病に倒れてしまう・・・、というストーリー。

 

なんといっても前半の山場は「第九」初演のシーン。

第4楽章の合唱が始まったときには

さすがに鳥肌が立ちました!

 

「第九」の後のベートーベンに触れている映画や物語は

他にあまりないだけに魅力的でもありましたがあまりなじみのないものでした。

もしも、この映画を見に行くなら、「第九」(もちろん、第一楽章から!)と

「大フーガ」は予習していくべきですね。

 

ベートーベンの曲には好き嫌いはあると思いますが、

いまからは「第九」の季節到来です!季節の風物詩よろしく、

年末気分を満喫するべく楽しんでみてはいかがでしょう。

|

« ネスプレッソ・デビュー! | トップページ | 銀座「ブシュロン」と「婦人画報」スペシャルイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「敬愛なるベートーベン」:

« ネスプレッソ・デビュー! | トップページ | 銀座「ブシュロン」と「婦人画報」スペシャルイベント »