« 白いクリスマス・ツリー | トップページ | 雑誌「Rosalba」撮影風景 »

2006/12/22

CHAMPAGNE BAR FOR CHRISTMAS 2006

061222champagne_bar2006_1  この時期、バカラのシャンデリアが美しくお出迎えしてくれる

恵比寿ガーデンプレイスにて、

今週末3日間限定のシャンパンバーがオープンしています。

 

場所は、グラススクエア(シャンデリア向かって右側の建物です)のB1F。

普段は、エビスビールの頂けるオイスターバーですが、

この週末だけは趣を変えて、シャンパンバーに変身。

なんといっても、シャンパンのラインナップがスゴイです。

全部で12種類あるのですが、全く知らない名前の作り手ばかりで驚きました。

聞けば、普段小売で流通していないもので、

主に飲食店などで出されているものらしいのです。

 

まず、国産とNZ産牡蠣を食べくらべしようと選んだのが

061222「ヴォワラン・ジュメル・ブリュット・ブラン・ド・ブラン”キュヴェ 555”」

特徴:高樹齢のシャルドネ100%を使用し、

樽熟成させた原酒を瓶詰め。ブリオッシュのような香ばしい香りと

ドライなフィニッシュ。

・・・たしかに。このコメントはかなり当たってます。

国産(兵庫県)牡蠣の上品な香りと味わいにピッタリでした。

他にも、

「ジャッキー・シャルパンティエール・ブリュット”キュヴェ・ピエール・アンリ”」

特徴:高樹齢のピノ・ムニエ100%を使用し樽熟成させたもの。

ピノ・ムニエの魔術師らしい極上の味わい。

深い黄金色から生まれる複雑な味わいは堪らない。

・・・ちょっとクセあり。ピノ・ムニエ100%は珍しいので頂いてみました。

 
「ユベール・ポーレ・ブリュット”キュヴェ・リレウス”」
特徴:高樹齢のシャルドネ47%、ピノ・ムニエ33%、シャルドネ20%。

新樽熟成の無濾過。厚みのあるオイリーかつ樫樽の香り豊かな

スーパーシャンパーニュ。

・・・スーパーというところに惹かれて(^^;)樽香が非常にリッチでした。

 

期間限定なのがもったいない!

あと何回か足を運んで全部頂いてみたいです。

シャンパニスタの皆様、レアなシャンパーニュが頂けるチャンスを逃す手はありませんよ。

 

|

« 白いクリスマス・ツリー | トップページ | 雑誌「Rosalba」撮影風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CHAMPAGNE BAR FOR CHRISTMAS 2006:

« 白いクリスマス・ツリー | トップページ | 雑誌「Rosalba」撮影風景 »