« 雑誌「Rosalba」撮影 | トップページ | ノエル・ア・ラ・モード »

2006/10/21

秋の夜長にオススメのJAZZ

061021 秋というと、JAZZが似合う季節ですね。

今の季節、私のオススメの一枚は

キース・ジャレットの「The melody at night,  with you」(1999)です。

キースジャレットとは、マイルス・デイビス・バンドを経て、伝説の「ケルン・コンサート」(1975)で一躍注目されたJAZZピアニストです。

10数年前、皇太子と雅子様のご婚約期間中に、キースジャレットの公演を見に行かれたというのは有名な話ですが、実はそのとき、私も同じ会場にいました(^^)

そんなキース・ジャレットの作品でも、病後復活作として発表されたのがこのピアノ・ソロ・アルバム。奥様が撮ったジャケット写真からも分かるように、とても静かなアルバムですが、愛があふれている、とてもココロ癒される優しい曲でいっぱいです。

トリオ作「The Cure」にも含まれている「Blame it on my youth」は私の愛する曲。「Something to remember you by」はこのアルバムでベストだと思います。

ひと恋しくなる秋の夜長、しっとりとJAZZ PIANOに酔いしれてみてはいかがでしょうか?

|

« 雑誌「Rosalba」撮影 | トップページ | ノエル・ア・ラ・モード »

コメント

JAZZはいい~~~~(^^)
秋はJAZZに酔いしれたい季節☆

投稿: ruriko | 2006/10/21 23:26

rurikoさん
このCDでうっとりしてください~(^^)

投稿: SEASON FLOWERS | 2006/10/22 08:30

キースの愛あふれるアルバムかぁ・・・大切な人といっしょに聴いてみたいデス。

投稿: nao | 2006/10/23 16:31

naoさん
最新作ではありませんが、いまの私のオススメです。
ぜひぜひ、naoさんの大切な人と聞いてみてくださいね。

投稿: SEASONFLOWERS | 2006/10/23 20:00

人恋しい時の逃避対策。
でもいい曲聴くと余計に人恋しくなるのは、ワナですか?

あ~、ひとこいし。

投稿: ベッチ | 2006/10/23 21:33

ベッチさん
すっかりJAZZの魔力に摂りつかれましたね。
まだまだ名盤はたくさんありますよ~

投稿: SEASON FLOWERS | 2006/10/25 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長にオススメのJAZZ:

« 雑誌「Rosalba」撮影 | トップページ | ノエル・ア・ラ・モード »