« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/30

雑誌「Rosalba」本日発売です!

ロゼ・シャンパンとシルバーグレーのバラを使った

「リュクスな大人の空間」を演出したページを担当しています。

是非ごらんくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

重陽の節句

061030今日は、旧暦の9月9日です。

その昔、この日は「重陽(ちょうよう)の節句」といわれ、

五節句の一つとして宮中の行事とされていました。

別名「菊の節句」とも言われ、

長寿を願うために、菊花酒を飲み、歌会などを行っていたそうです。

 

もともと中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされており、

1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、そして

一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を

五節句としてきました。

 

残念ながら、今では殆ど聞かれなくなってしまったのですが、

今年からは、この「重陽の節句」にあやかって、

菊を飾り、月を見ながら、めずらしく日本酒でも頂いてみようかな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/28

MISS*TOD'Sパーティ

061020b 本日最新号が発売の、雑誌「MISS」が

イタリアのブランド「TOD'S」とコラボレーションしたバッグを

限定発売するということで、そのお披露目パーティ

「TOD’S&MISS LUXURY NIGHT」に参加してまいりました。

 

この日は、表参道にあるトッズのフラッグシップショップの

普段立ち入ることのできない6Fのパーティフロア(店舗は3Fまで)で

完全貸切のパーティが行われました。

 

まずは、スタイリストの近藤亜子さん監修の

この秋冬の「TOD’S」コレクションが紹介されました。

MISS専属モデルの未来ちゃんや鮎ちゃんが登場して着こなす服は、

バッグや靴も含め完璧なスタイリング!

この日発表された限定20個のMISSコラボバッグは、

ムートンとファーがかわいらしくあしらわれており、本当にカワイイ!のひと言。

未来ちゃんもコダワって作ったんです~!とコメントしていました。

 

ショーの後は、ワインや生ハム、ピエールエルメのマカロンなどがふるまわれ、

ショップクルージングを行いました。

未来ちゃんや鮎ちゃん、亜子さんがフツーにショッピングをしていました・・・。

 

私が気になったシューズの同じサイズを、同時に鮎ちゃんが試着していたので、

「温もりつきだけど、ゴメンね~」などといいながら横にスライドしてくれたりして。。。

うん、鮎ちゃん、とても優しくてかわいかったです(^^)

 

061020亜子さんとは、記念写真まで撮らせていただきました。

叶姉妹ばりの悩殺ドレスが美しかったです。

バタフライのシリコンリング、私もオソロイにしますから~!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

「薔薇の秘密」展

雑誌「Rosalba」でも紹介されていた「市川バラ園」さんのバラ。

こちらの市川さんをはじめ、四人の「ローズ・マイスター」達が

丹精込めて作り上げたバラたちを紹介する展覧会

薔薇の秘密展」(~10/29まで)へ行ってまいりました。

 

会場である青山の小さなギャラリー「garally & cook lab COMO」に

一歩足を踏み入れると、薔薇の香りに歓迎されました。

061026b フラワーアレンジメントの展覧会と違い、

一本一本の美しさをじっくり堪能できるよう

天井から吊り下げられていたり、

壁に付けられていたりと変わった展示がしてあります。

   

 

そのなかでも、私がもっとも興味深く思ったのは、薔薇の香りについて。

薔薇の香りはその成分によって7種類に分類されるということが

最近発表されたそうです。

その7種の香りを実際の薔薇で嗅ぎ分けられる体験ができました。

また、一日の中でも、その時間帯によって

香りが開いているときと閉じているときがあるのだとか。

 

その他にも、パールの輝きを持った花びらを作る浜田さんの薔薇。

会場では、その秘密まで種明かししていました。

その意外なものとは、○○○・・・

 

実はつい最近、香水を薔薇の香りに変えたばかり。

マイブームの薔薇の香り。これからますますはまりそうです!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/25

ノエル・ア・ラ・モード

061025d 本日から伊勢丹新宿店にて「ノエル・ア・ラ・モード」なる

シャンパンの祭典が行われております。

今年で4年目となるこの祭典もだいぶ浸透して来たらしく、

初日の今日は朝から超満員の人々でにぎわっていました。

有名なメゾンのシャンパンはもちろん、

世界のシャンパニストが好む高級メゾンや、

日本ではなかなか扱われることのない 「レコルタン・マニュピュラン」と呼ばれる

小規模生産者たちのコダワリのシャンパンなどなど・・・

様々なシャンパンが一同に集まります。

 

会場内では「吉兆」と「ミクニ」がコラボレーションしたオードブルと

20種の中から自分の好みをチョイスしていただける「シャンパン・バー」のコーナー

などがあり、限定で超プレステージシャンパンが頂けることも!

こちらのイベントでは、普段ワイン売り場ではなかなかできない

シャンパンのテイスティングが豊富に行われています。

この機会に、ご自分のお好みのシャンパンを発掘してみてはいかがでしょうか?!

 061025a

この世の中で私が最も愛するシャンパンが、この「KRUG」。

5年ぶりにヴィンテージシャンパン(1995)を発売しました。

エチケットも一新し、ロゼのパッケージはかなりカワイイ仕上がりになっています。

 

061025b ドゥラモットが手がけるプレステージシャンパン「サロン」。

イニシャル「S」の方や男性へのギフトにオススメの人気のドメーヌです。

 

061025c  伊勢丹におけるベスト3は、「KRUG」と「SALON」、

そしてこの「ルイ・ロデレール“クリスタル”」だそうです。

こちらは、マライア・キャリー御用達としておなじみのシャンパンです。

ゴールドのボトルがリッチでゴージャス。特に、女性に人気だそうです。

 

お店の人に伺ったところ、このイベントでは、今すぐに頂くシャンパンでなく、

クリスマスやお正月に頂くシャンパンとして購入されるという方が多いそうです。

その所以からこのイベントの名前が、「ノエル・ア・ラ・モード」なのですって。

 

愛する人と、大切な日に頂くシャンパンを、

このイベントで探してみてはいかがでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/21

秋の夜長にオススメのJAZZ

061021 秋というと、JAZZが似合う季節ですね。

今の季節、私のオススメの一枚は

キース・ジャレットの「The melody at night,  with you」(1999)です。

キースジャレットとは、マイルス・デイビス・バンドを経て、伝説の「ケルン・コンサート」(1975)で一躍注目されたJAZZピアニストです。

10数年前、皇太子と雅子様のご婚約期間中に、キースジャレットの公演を見に行かれたというのは有名な話ですが、実はそのとき、私も同じ会場にいました(^^)

そんなキース・ジャレットの作品でも、病後復活作として発表されたのがこのピアノ・ソロ・アルバム。奥様が撮ったジャケット写真からも分かるように、とても静かなアルバムですが、愛があふれている、とてもココロ癒される優しい曲でいっぱいです。

トリオ作「The Cure」にも含まれている「Blame it on my youth」は私の愛する曲。「Something to remember you by」はこのアルバムでベストだと思います。

ひと恋しくなる秋の夜長、しっとりとJAZZ PIANOに酔いしれてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/10/16

雑誌「Rosalba」撮影

061016b お知らせです!

雑誌「Rosalba(ロザルバ)」秋号に登場します。

30代女性向けのちょっとオトナで、ハイクラスのライフスタイルを提案している雑誌です。

今回は、そのなかで創刊号からかかわっている

まだ名もない「幻のバラ」のページを担当させていただきました。

グレーパープルの少し神秘的なバラを使って、

シャンパンのあるリュクスな空間を演出しました。

もちろん、シャンパンや小物に至るまで全てのスタイリングをさせていただきました。

なかなか、素敵な仕上がりになったのではないかな、と思います。

061016 ←(撮影風景です)

発売日は、10月30日。美研インターナショナルより発売です。

是非、ごらんくださいね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/10/13

雑誌「Lapita」撮影

061013  11月6日発売の雑誌「Lapita(ラピタ)」の

「読者のオススメお宝ワイン(仮)」というコーナーに

ちょこっとだけ登場します。

今回私がオススメしたワインは、カリフォルニアのFREEMANというワイナリーの

「キュベ・アキコ」です。名前が同じというだけで一目惚れして購入(笑)

オーナーの奥様のお名前なのですね。

こちらのワインは、銀座などにあるワインショップ、ENOTECAで取り扱っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »