« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/28

シャンパーニュの多彩な個性を楽しむ会

060928d 今年で12回目を迎える「シャンパーニュの多彩な個性を楽しむ会」へ行ってきました。

雑誌編集者や業界関係者、シャンパーニュ・アカデミー卒業生、シャンパン愛好家達が集う、とても華やかなパーティです。

約100種類のシャンパンを味わえるのですが、

その味わいや特徴ごとに4つのグループに分かれており、

時間を分けて抜栓されます。

060928a全種類を頂くことはとても不可能なので、リストを見ながら

ある程度狙いを絞って、頂くことにしました。

 

この日は、ロブマイヤーのシャンパングラスでいただくことができました。

グラスが違うと香りも味わいも変わってくるといわれる程、重要なアイテムです。

繊細な作りなので、誤って割ってしまわないか最初はヒヤヒヤしていました(^^;)

 

060928e_1  今年のパーティの装飾はHanahiroの細沼先生が担当 。

いつも気さくに声を掛けてくださる巨匠です(笑)

 

このパーティでしかお会いする機会のない方とも

たくさんお話をすることが出来ました。

おしゃべりに夢中になってしまい、

どうしても、シャンパンは二の次、となってしまうのですが、

ちゃっかり、Salon1996だけは頂きました☆

(このとき、ワインライターの葉山孝太郎さん、作家の荻野アンナさんに囲まれ

「S」談義で盛り上がってしまいました~)

060928b 私のシャンパンの師匠、渋谷康弘先生(BEIGE TOKYO)に 再会。

 

 

 

060928c以前にシャンパンパーティの装花を担当された渡辺ゆり子さん

雑誌「NIKITA」でレストランガイド本を出版されたばかり。

 

060928f映画評論家のLiLiCoさんとファッションデザイナーのドン小西さん。

LiLiCoさん、お店の名前を伺ったのに、酔っ払って忘れてしまいました。(*_*;)

 

ドン小西さんはお会いするたび鋭いファッションチェックをしてくださいますが、

今日はロンググローブとタフタのスカートを褒めてもらってご満悦のワタシ(^^)

 

改めて、シャンパンの魅力に取り付かれた一夜でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/23

METHENY MEHLDAU

061000 今注目のジャズピアニスト「ブラッド・メルドー」と、カリスマ・ギタリスト 「パット・メセニー」の共演。

こんなCDがでるなんて、全く知らなかったので、

ショップで見つけたときには思わず目が点になりました。

二人が交互に曲を提供しているのですが、全く違和感がなくて

一枚を通じて、気持ちよ~く聞けます。

私的には靴磨きがはかどります。(靴磨きのときはいつもパット・メセニーなのです)

私とブラッドメルドーとの出会いは、「the art of trio2」。

ヴィレッジ・バンガードでのライブを収めたCDなのですが、その心地よさに

すっかり「私の定盤」となりました。

他にも、チック・コリアやハービー・ハンコックも聞くのですが、

ブラッド・メルドーは、ひとことで言うと「聴きやすい」のです。

大好きな、ビル・エヴァンスに近い感じかな、と思います。

先月を含め、何回か来日しているのですが、まだ見に行くチャンスがないのです。

パット・メセニーは何回かブルーノートでライブを見たのですが・・・

もし、ブルーノート東京でブラッド・メルドーのライブがあったら、行こうと思っています。

ブルーノートさ~ん、よろしくおねがいします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

OMEGA青山にて伊藤緋紗子さんと

青山にあるオメガブティックでのイベントにいって来ました。

以前から場所は知っていたのですが、ブティックに入るのは今日が初めてです。

入口でシャンパンサービスに迎えられ、店内をクルージング。

この春バーゼルフェアで発表されたばかりの新作ウオッチや

F1のシューマッハーやアポロ13モデルなど、

時計好きの私にとってはどこを見ても楽しい♪

1Fの奥には、ビジューコーナーがあります。

3年位前から扱っていたというのは雑誌などで知っていたのですが、

実物を見たのは初めて。

ネックレスやピアス、リングなどが充実していてビックリ!!

なかでも、AQUAというシリーズのリングがお気に入り。

その名のとおり「水」をイメージした繊細なカーブラインに、

浮いてるとしか思えないダイヤのセッティングが見事です。

さすが精密機械を扱うだけあって、ジュエリーも繊細さが光ります。

同じショーケースには、男性用のカフスやキーホルダーなども並んであるので

おねだりしやすいですよ(笑)

060922 この日のゲストは、フランス式エレガンスを体現されていらっしゃる

伊藤緋紗子さん。

オメガのウオッチやビジューを見事に着こなしていました。

本当に物静かで気品ただよう、そしてかわいらしい一面もお持ちの

伊藤さんのお話に、その場にいる方々は皆、惹きこまれてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

ニコライ・バーグマン展

銀座のギャラリーで行われているニコライ・バーグマンさんの

クリスマス展示会へ行って来ました!

会期中、ニコライさんのトークイベントが行われるのですが、

連日「満員」の札が貼られており、人気の程がうかがえます。

クリスマスをテーマにした

プリザーブドフラワーを使ったアレンジメントが色ごとにコーナーを分けて

ディスプレイされていました。

060920b 会場内の写真撮影はNGでしたので、

詳しくお伝えすることはできませんが、

この展示会の様子が雑誌「花時間」に載るそうです。

(この撮影のために大きなクリスマスリースを作っていましたよ!)

近々、レストランでのイベントも予定されており、大忙しのニコライさんです。

(久しぶりにお会いしましたが、前にも増して日本語が上達しましたね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

行ってきました。Cu-Cal@軽井沢

060910a 夕食と宿の予約をして、行ってまいりました、軽井沢!

車を置いて、旧軽銀座入口手前を鋭角に曲がると

Cu-Calのテントが登場します。

どこでも自由に座れますが、赤いソファーがカワイイ屋根つきの「VIPルーム」がオススメです。

060910vip (要予約となっておりますので、ご注意を!

私は運良く予約が入っていない時間に訪れたので、利用することができました)

風間トオル風(←懐かしすぎ???)のカッコイイ方が声を掛けてくれ、

メニューを差し出してくれました。

10程のお店のメニューが同じテーブル上で頂けるというのは、

ゼイタクなことですが、メニューも一冊でゼイタク!サービスも丁寧です。

色々迷った結果、銀座のシャンパンバー「ヴィオニス」のグラスシャンパン「LANSON」060910cと共に、京都「イル・ギオットーネ」の鮎と胡瓜のパスタと

六本木吉祥の「シンガポールチキンライス」の3品を頂くことにしました。

(夕食の予約をとっていたので、少々少なめ・・)

このシンガポールチキンライスは、いわゆる「ケチャップ御飯」のそれではなく

タイライスの上に、茹でた(蒸した?)チキンをのせ、スイートチリソースをかけたもの。

西荻窪で同じようなチキンライスが食べられるとお店があると聞いていたので、

以前から興味津々だったのですが、なるほど、さっぱりとしていて美味。

060910b_1 イル・ギオットーネは丸の内にもオープンしましたが、

予約の取れないお店として非常に人気です。

この日オーダーしたパスタも、きっちりアルデンテの状態でテーブルに運ばれてきました。全く臭みのない鮎と塩もみした胡瓜とが合わさってサッパリ。

その他にも、真っ白いラーメンや、真っ黒いカレー、

別のブースでは、マスターが薫り高いコーヒーをじっくりと注いでいました。

観光地の食に関しては非常に難しいのですが、

こちらでは、「ハズレ」を引くことがありません。

10/1まで開催しています。

軽井沢にお越しの際は、是非お立ち寄りくださいませ!

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Cu-Cal@軽井沢

Cucal2thumbnail2 いま、軽井沢でCu-Calという食のイベントをやっているようです。

ちょっと、今から行ってきます☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/07

有楽町西武 プレ・オープニング・パーティにて アントニオ・ベラルディとクリスチャン・トルチュ

最近何かと話題(になりそうな)有楽町~銀座界隈。

有楽町駅前の丸井をはじめ、今まさに建設ラッシュ!

そんな中、9月9日にリニューアルオープンするという

有楽町西武のプレ・オープニングパーティ(内覧会)にご招待頂き、行ってきました。

受付から店内までレッド・カーペットならぬ「ピンク・カーペット」が敷かれており、

まさに女性のための空間という感じです。

主に、アクセサリー・雑貨を扱っているファッション館(元A館)の1Fフロアから激変!

レイアウトがそれまでのデパートっぽくなくて、ひとことであらわすと、

「銀座のバーニーズ」に似た感じです(^^;)

シャンパンサービス(MOET♪)を頂き、グラスを片手にアクセサリーをチェック。

中でも、日本のデザイナーe.mが気になりました。

・・・とそのとき、隣に同じショーケースを覗いているラテン系の男性に気付きました。

なななんと、ファッションデザイナーのアントニオ・ベラルディさんではありませんか!

060907aジョン・ガリアーノなどを経て、今では、パリコレクションで注目のイケメンデザイナーです。

(腰に手が・・・さすがラテン系(--;)

1F入口近くには、フラワーショップ「クリスチャン・トルチュ」もオープン。

こちらの特徴でもあるホワイト&グリーンのアレンジメントはいつ見ても心が和みます。

専属デザイナー アレッサンドロ・カンビ氏によるデモが行われていました。

ショップオリジナルのガラスベースにコチョウランやアンセリューム、アマランサスなどを

あしらったデザイン。15分足らずで完成してしまいました。060907b_2

写真はNGだったので、作品をお見せできないのが残念ですが、非常にボリューム感のあるアレンジでした。

  コムデギャルソンのTシャツを着ていたカンビ氏と。

それ以外にもこの日は、店内の至るところにフィンガーフードやワインサービスがあり、

とてもくつろぎのある、楽しい空間でした。

いつもこういう感じでゆっくりお買い物できたらいいな、と思うのですが、それは無理かしら??

特に、TOMORROWLANDでは、パルミジャーノ・レッジャーノ(いわゆるパルメザンチーズ)

を豪快に砕いたものがおつまみとしていただけたり、

UNITEDARROWSで頂いたのSABOの和のフィンガーフードも新鮮でした。

それぞれのお店については、またの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

CLUB NYXと黒木瞳の夜

Mlm4_005s 黒木瞳さんの舞台「MAMA LOVES MANBOⅣ」へいってきました。

恋多きミュージカル女優を演じる黒木瞳さんと

その娘役の元モーニング娘。の保田圭ちゃんが繰り広げるラブコメディーです。

恋のお相手は、 オトナの魅力をかもし出す 河相我聞さん、

赤いバラを片手に登場の城咲仁さん、竹之内豊さんと激似の小井田涼平さん、志村けんからジュリーまで幅広い岩本恭生さん の4人。いずれもひとクセある恋人たち。

いったいどのお相手と結ばれるのか、もしくは・・・?というドキドキハラハラのラブコメディー。

恭生さんのいろんなモノマネや仁さんのホストコールが聞けたりして面白いし、

最後の黒木さんのフラダンスは、すっごく上手で驚きました。

それにしても、黒木瞳さんは細かったーーー!

そして、保田圭ちゃんは元気ハツラツぅ!

前から7列目に座っていたのですが、マイクを通さなくても、

生の声が聞こえてくるほどでした!

Clubnyx3_02 興奮冷めやらぬままのその足で

一緒に行った友人のススメで立ち寄ったのがCLUB NYX

シアターのすぐ近くなので、シャンパンを飲みに立ち寄りました。

ルイ・ロデレールを飲みながら、話し上手なマネージャーとワイン談義。

偶然にもこの日、週に一回ほどしか立ち寄らないという

先週放送の「世界バリバリ☆バリュー」にも出演したばかりの

オーナー夫妻ともお会いすることができました。

(ホントに素敵でカワイイ!オーラがキラキラ☆輝いてました!!)

壁のタイルやリネンなど、お店のインテリアは1800年代の

フランスのアンティークでまとめられていて、とても素敵!

古き良きパリの雰囲気でいっぱいです。

メニューも豊富ですが、やはりこちらではクレープをオススメしたいです。

お食事のデザートでも頂ける本場の味。

ぜひ、おためしあれ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »