Welcome Message

----------------------------------------------------

<Dining&Flower Producer 加東亜希子 公式ブログ>

ライフスタイルインフルエンサー&食空間プロデューサー

加東亜希子の「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------

加東亜希子の公式ブログへようこそ

プロフィールは < MY PROFILE >
おもな仕事は < MY WORKS > 
よりご覧いただけます

|

2019/03/18

CHANEL NEXUS HALL : Pierre Sernet&SHUNGA

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



銀座 シャネル
ネクサスホールにて開催中の
「ピエール セルネ&春画」展に
伺いました。

この展覧会は
フランスの
パフォーマンス アーティストである
ピエール セルネ氏の
写真シリーズ Synonyms(同意語)と、
近年、世界的に注目を集めている
日本の春画との
コラボレーションを図った
展示となっています。

日本の春画は
葛飾北斎、喜多川歌麿を始め
鳥居清長、鳥文斎栄之、鈴木春信の
作品が並びます。

幻想的なライティングの中
並ぶ春画たちは
それとない濃厚さを
醸し出しています。

その一方で
フォーカスを極めたかのような
セルネの作品が
一種の潔さを表すかのように
象徴的存在として
展示されているように
思えました。

これまでにない
ユニークなコラボレーションが
実現したこの展覧会
前期の展示は27日まで
行われています。


#CHANELNEXUSHALL
#pierresernet
#shunga
#ピエールセルネ
#春画
#アート
#写真
#葛飾北斎
#喜多川歌麿






|

2019/03/17

映画「リヴァプール、最後の恋」試写

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



3月30日公開の
映画「リヴァプール、最後の恋」
を観ました。

オスカーを受賞した
往年の大女優 グロリア・グレアムと
駆け出しの若手舞台俳優
ピーター・ターナーの
年の差もキャリアも超えた
ロマンスを描いた
切ない実話のラブストーリー。

1981年に亡くなった
この映画のモデルとなった
グロリア・グレアムは
映画「素晴らしき哉、人生!」で
華やかななデビューを飾り
その後も
アカデミー賞助演女優賞を受賞するなど
ハリウッド映画で活躍した大女優。
一方、プライベートでは
4度の結婚をするなど
恋多き女性と知られていた。

グロリアと若い頃恋仲だった
ピーターが
彼女との晩年を共に過ごし、
その後回顧録を出版。

彼女の死後30年以上の
月日を経てついに映画化となりました。

グロリアの役を
20年以上前から温めてきた
アネットベニング。
オファー当時はまだ自分が若すぎるため
直ぐには受けられなかったのだとか。
しかし、年を追うごとに
役への理解と情熱が増し
遂に実現したのです。

ある日、グロリアから突然の連絡を受けた
ピーター。
彼女はひた隠しにしていたが
不審に思った彼は主治医に連絡し
重い病気と知ってしまう。

ピーターの家族の元で療養させるが
家族にも隠しきれなくなり、
不和になってしまう。

ついに彼女は辛い思い出の残る
ニューヨークへ戻る
決心をするのだった。

そして別れの時が近づいた時
ピーターは
思い出のリヴァプール劇場に
グロリアを連れて行く…


一生大女優でい続けたかったグロリアと
彼女良き理解者だったピーター。
二人の深い絆と愛情の深さは
時を追うごとに
切なさを増すばかり。

そしていよいよ
結末を迎えるとき、とうとう
涙腺崩壊しました〜!
久しぶりにみた
‘泣ける’ラブストーリー映画。
是非スクリーンにてご覧ください。


#リヴァプール最後の恋
#filmstarsdontdieinliverpool
#アネットベニング

#恵比寿ガーデンシネマ






|

2019/03/16

映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」試写

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------



4月19日公開の
映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」
を観ました。

ミステリーの女王
アガサ・クリスティー自らが
自身の最高傑作と呼び、
出版社からは
そのショッキングな結末の
変更を求めたという作品です。

わずか一代で
巨万の富を持った
謎多き大富豪 レオニデスが死去。

その犯人探しを
レオニデスの孫娘である元恋人から
依頼された
探偵 チャールズ。

大豪邸に赴くと
ひとくせもふたくせもある
家族たちが出迎える。

依頼主のソフィアと兄弟、
両親とその弟夫婦、
なき前妻の姉と
若い後妻とその恋人である孫の家庭教師、
長年一族に仕える乳母。

それぞれに殺害動機を持ち、
全員が怪しい。
次第に、依頼主や探偵チャールズまで
怪しく見えてしまう始末…

アガサ・クリスティー自身が
1949年に発表して以来
もっとも満足している作品として
名を挙げたのが今作品。
しかし、登場人物全員が
重要人物であるため
映画化は
これまで不可能とされてきました。

来年には名作
「オリエント急行殺人事件」
の続編
「ナイルに死す」が全米公開の予定と
話題が尽きない
アガサ・クリスティー作品。

あっと驚く結末を見ると
また最初から見たくなる
中毒的作品です。
是非ご覧くださいませ!

#アガサクリスティー
#ねじれた家
#agathachristic
#crookedhouse

|

2019/03/15

華ひらく皇室文化 -明治宮廷を彩る技と美-」展 内覧会

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------




六本木一丁目駅すぐの
泉屋博古館分館にて
開催されます
「華ひらく皇室文化
-明治宮廷を彩る技と美-」展
内覧会にお招きいただきました。

天皇即位30周年記念と併せ
新天皇が御即位されることもあり
今年は特に
天皇家に注目が集まっています。

今展覧会では
明治150年記念として
明治宮廷を彩った
皇室ゆかりの
美術工芸品の数々を一堂に展示している
貴重な機会です。

特筆すべきは
ボンボニエールのコレクション。

皇室でのお祝いごとに欠かせない
ボンボニエール。(金平糖入れ)

現在は陶器で作られていることが
多いのですが
日本初のボンボニエールは
銀製の鶴と亀をあしらったもの。

他にも漆器で出来た
小さな玉手箱のようなものもあり
当時のデザイン力と
工芸技術の高さには
目を見張ります。

食空間プロデューサーという
仕事柄見逃せないのは
皇室のテーブルセッティング。

銀器はクリストフル、
グラスはバカラ…
正統派の美しさが
ここにはありました。
このスタイルは是非
後世まで引き継ぎたいですね。

そして、
外国人をゲストにお招きするときに
大切になってくるのが
国際マナー プロトコル。
テーブルセッティングにも
正しいプロトコルに則った
方式があるのをご存知でしたか?

3/20〜は同時に
学習院大学内にて
同名の展覧会が入場無料で
開催されます。
こちらには泉屋博古館とは
違う美術品が公開されています。

#華ひらく皇室文化
#明治宮廷を彩る技と美
#泉屋博古館
#学習院大学
#明治150年
#皇室
#ボンボニエール
#バカラ
#クリストフル
#テーブルセッティング

|

2019/03/14

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」

----------------------------------------------------


<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>


食空間プロデューサー 加東亜希子の


「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------




2016年公開の映画
「メットガラ ドレスをまとった美術館」
を観ました。

世界のファッション好きが
憧れる舞台 メットガラ。
アメリカ ニューヨークにある
メトロポリタン美術館で
年に一回行われる
ファッションの展覧会。

あまり知られていないが
メトロポリタン美術館の
服飾部門は世界最大の規模を誇っており
このメットガラは
その費用を調達するための
チャリティとして始まったもの。

その歴史は意外に古く
1948年から
毎年5月第1月曜日に開催。

ここ20年間は
ファッションデザイナーが
最高のファッションを身に付けた
セレブと共に参加することで
華やかな雰囲気が加わり
ファッションのお祭りと
言われるほどなのです。

映画「プラダを着た悪魔」では
メリル・ストリープが演じた
編集長役が
このメットガラを牛耳る仕掛け人である
ヴォーグのアナ・ウィンターを
モデルにしたものと言われております。

また、
映画「オーシャンズ8」では
メットガラの最中に
華麗な宝石泥棒を仕掛けるのです。

この映画では
2015年に行われたメットガラの
舞台裏を追っています。

毎年変わるテーマも
当日のファッションに大きな影響を与えます。
2015年は「鏡の中の中国」

ちなみに、次回
2019年5月6日メットガラの
テーマは「キャンプ」。
一見悪趣味と思えるものに
ある種の美学が存在することを
意味します。
既に
レディーガガやセリーナ・ウィリアムズ、
GUCCIのデザイナー
アレッサンドロ・ミケーレ氏などが
ホストに任命されたと発表。
当日は美術館に
彼らの考える「キャンプ」な世界が
展開されます。

ゲストの衣装も
ポップでカラフル、にぎやかな雰囲気に
なりそうです。

古きものを守るために、
今の時代が出来ること。
古きを知り、今に伝える事を
絶やさない事と教えてくれる
美術館への敬意を改めて感じます。

#映画
#メットガラ
#2015
#鏡の中の中国
#ドレスをまとった美術館
#メトロポリタン美術館
#ヴォーグ #ファッション #セレブ #リアーナ #カールラガーフェルド
#thefirstmandayinmay
#vogue
#metgala
#camp
#mirrorinchina








|

2019/03/13

映画「365日のシンプルライフ」

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

----------------------------------------------------

365日のシンプルライフ [DVD]

2013年に北欧フィンランドで公開されるや否や

実験的に試してみる人が続出し

社会現象ともいわれた

映画「365日のシンプルライフ」。

ヘルシンキ在住、26歳の男性、ペトリは

恋人と別れ

失意のうちにカードで爆買いをしてしまう。

しかし、そこから一念発起して

ある事を実行に移してみる。

それは・・・

部屋の中を空っぽにし、所有物をゼロにする。

倉庫に預けた全荷物のうちから、

1日1個だけ荷物を取り出すことが出来る。

365日何も買わない、これを365日続ける。

という至ってシンプルなルールで

1年間を過ごすというもの。

最初はまさに丸裸からスタート!

1日1個と決めているので

まずは真冬の北欧の寒さをしのぐ

ブランケットを取りに行く。

最初の10日は毎日。

しかも、深夜0時に倉庫へ行き

まとめて2日分取り出すというアイデアまで披露。

10日ほど経って

最低限仕事へ行くことの出来る服装を確保。

(しかし、靴下と肌着は身に着けていない)

・・・という365日を追ったドキュメンタリー。

最初は笑ってばかりだったけれども

次第に様々な問題が発生したり、

環境や心境の変化が訪れたり。

たしかに「自分だったらどうするか?」を

考えたくなるのもうなづけます。

そして、おばあちゃんが言っていた

「女性は男性よりも物が多く必要なのよ」

という言葉にも納得。

彼の場合、365日毎日

荷物を取りに行くということにはなりませんでしたが

「自分だったら何日くらいで満足するのかな?」

とか、

「最初の10日間に取りに行くのはどんなものだろうな?」

と自然と自分に置き換えてみるようになってきます。

そして映画を見た方全員が

違う結末になると思うのですが

試した方々からそれを聞いてみたくもなります。

この映画について語り合いたい!と。

そして、全編の音楽を手掛けた

北欧ジャズを代表する

サックス・プレーヤー

ティモ・ラッシーの音楽もカッコいい!

サウンドトラックは現在日本では販売されておりませんが

映画の中の音楽にも耳を澄ましてみてください。

唯一残念なのが、

エンドロールに流れる

彼の365個のリスト。

日本語訳されているのが最初の10個だけで

あとは全然読めません・・・涙

新しい環境の準備として

片付けや断捨離をする方も多いと思いますが

まずその前にこの映画を見ることをおすすめします!

#365日のシンプルライフ

http://www.365simple.net/

|

2019/03/12

三斎流茶道お稽古覚書 弥生

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------





今月のお稽古は
お雛様。
京都では
お雛祭りを旧暦に行うそうで
今年は3月31日です。




主菓子は
ひちきり 引千切
菱餅のお下がりを
引きちぎって食べた事に由来している
雛祭りのお菓子です。
桃色と緑色のお餅に餡が入っています。
引きちぎったように
なっているのが特徴です。

お菓子の御銘は指定で
そのまま
ひきちりと言います。




色紙もお雛様。
椿は白玉。枝はキフジです。
まさに黄色い藤の花のよう。




お干菓子は
ばいこう堂と
三斎流の紋が入った
加勢以多 かせいたです。



春気分いっぱいのお稽古。
御銘には朧月を使わせていただきました。

|

2019/03/11

[Le coup des coups!] 季節のおもてなしのレシピ :ほたるいかとふきのとうのパスタ

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------




春野菜が
美味しい季節になってまいりました。

ふきのとうの新緑色に
旬のほたるいかを合わせた
パスタ。

旬の短いほたるいかを
ほろ苦いふきのとうと
楽しむレシピです。




使用したパスタは
バリラの
おいしい五穀のパスタ。
食物繊維が豊富で
糖質の吸収を抑える
ヘルシーなパスタです。

ほたるいかは口と目と
背骨の軟骨を取り外し
白ワインを振っておきます。

オリーブオイルと
みじん切りのニンニク、唐辛子を入れた
フライパンを点火。
香りが立ってきたら
ほたるいかと
ざく切りにしたふきのとうをさっと炒め
茹でたパスタを入れ混ぜ合わせ
塩胡椒で調味して完成!



このほろ苦さが癖になります。

是非おためしあれ♪

#バリラ #パスタ
#おうちごはん
#旬野菜 #春野菜 #ふきのとう #ほたるいか

|

2019/03/10

[掲載情報] 集英社 éclat 4月号

----------------------------------------------------

<Flower&Dining Producer 加東亜希子 公式ブログ>

食空間プロデューサー 加東亜希子の

「華のある暮らし」の日々をお伝えしています。

---------------------------------------------------

現在発売中の
集英社 éclat エクラ 4月号にて
カバーマーク社様のPRページに
コメントを掲載していただきました。

どうぞご覧くださいませ。

|

«SIXPAD STATION daikanyama